ルビーレーザーとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ルビーレーザー

印刷あとで読む
読み:るびーれーざー|英語名:Ruby laser
カテゴリ:美容皮膚科

ルビーレーザーは、医療用レーザー機器の一種。694ナノメートルの単一波長を持ち、黒色・茶色の色素のみに反応する特性があり、それを活かしてシミやアザなどの治療に用いられています。

ルビーレーザーを治療したいシミやアザに照射すると、メラニン色素に反応・吸収されて熱エネルギーとなり、メラニンを破壊します。ターゲットとなる色素にのみ反応するので、まわりの正常な皮膚を破壊することがなく、またヘモグロビンへの吸収も低いので、血管にダメージを与えることもありません。

Qスイッチモードのついた機種が使われることが多く、照射時間を短くすることでレーザー光のピークパワーを高め、皮膚にダメージを残さず深在性色素疾患の治療も可能となります。老人性色素斑や太田母斑、ソバカスや外傷性色素沈着、あるいは刺青の除去など広範囲に利用されますが、肝斑の治療には適していません。なお、施術後1週間は肌を保護するためテープを貼る必要があります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る