閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

札幌院院長

前多 一彦

Kazuhiko Maeda M.D.,Ph.D

「自分を美しく魅せたい。」これは老若男女を問わず、共通の願いだと思います。その願いをかなえるために、少しでもお役に立てればと思っています。つねに患者様の立場に立った診療を心がけています。どんなに小さなことでも遠慮せずに御相談ください。

ブログ Instagram

  • 経歴

    北海道出身

    1992年
    国立旭川医科大学卒業北海道大学医学部附属病院 形成外科入局
    1999年
    医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター形成・美容外科部長を歴任
    2001年
    医業と両立しながら北海道大学大学院医学研究科にて研究に従事
    2005年
    大手美容外科に勤務、理事長・札幌院院長・診療部長を歴任
    2008年
    聖心美容外科入職東京院を経て札幌院院長に就任
  • 資格・所属
    • 医学博士
    • IMCAS ASIA 2015 Faculty
    • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
    • 日本美容外科学会(JSAS)会員
    • 日本美容外科医師会会員
    • 日本形成外科学会専門医
    • 日本形成外科学会会員
    • 国際形成外科学会(IPRAS)会員
    • レスチレン認定医
    • ミラドライ認定医
  • 前多 一彦 医師の診療方針

    患者様の悩みやコンプレックスを理解し、分かりやすいカウンセリングを心がけています。 その際に、お勧めできる事と、お勧めできない事を正直にお話しするようにしています。
    また、どんなに小さな処置や手術であっても、こだわりを持って最善を尽くすことを心がけています。
    患者様に笑顔になって頂けるよう、お手伝いしていきたいと思っています。

  • 論文・執筆
    • 美容皮膚医学BEAUTY#20

      2020年7月6日ハムラ法+α・経結膜下脱脂術・P-PRP

      「私が行うクマの治療」について執筆

      【医学誌】「美容皮膚医学BEAUTY 第20巻第7号」

    • PEPARS No.160

      2020年5月12日眼瞼下垂手術

      「皮膚を切らない眼瞼下垂手術」について執筆

      【医学誌】「PEPARS No.160」

    • PEPARS No.153

      2019年9月26日鼻の美容外科

      「鼻の美容外科(整鼻術)―鼻尖縮小術・小鼻縮小術・糸による隆鼻術 私の工夫―」について執筆

      【医学誌】「PEPARS No.153」

    • 美容皮膚医学BEAUTY#20

      2019年5月15日PRPとフィラー注入

      「PRPとフィラー注入」について執筆

      【医学書】「実践・フィラー注入テクニック」

    • PEPARS No.105

      2015年9月9日鼻尖縮小術+α法

      「鼻の美容外科」についての論文

      【論文/医学誌】「PEPARS No.105」

    • 形成外科第57巻第9号

      2014年9月10日豊胸術

      コンポジット豊胸術やバックプロテーゼ挿入法についての施術手技に関する論文

      【医学誌】「形成外科 第57巻第9号」

  • 学会活動
    2019年4月
    第107回日本美容外科学会(JSAS)
    場所:東京

    「ハムラ法などの手術とPRPの複合治療による下眼瞼形成」について発表を行いました。

    2017年9月
    第40回日本美容外科学会(JSAPS)総会
    場所:札幌

    「鼻中隔延長術 なぜ今の方法になったのか」について講演を行いました。

    2017年5月
    第105回日本美容外科学会(JSAS)
    場所:東京

    鼻尖縮小術+α法、切らない部分痩身「リポセル」について講演を行いました。

    2016年5月
    第104回日本美容外科学会(JSAS)
    場所:東京

    「鼻翼縮小術+α法」「b-FGF添加PRPによる革新的な若返り治療」について発表を行いました。

    2015年9月
    第38回日本美容外科学会(JSAPS)
    場所:神奈川

    耳介軟骨を必要としない「鼻尖縮小術+α法」、自然な鼻孔形態と同時に鼻翼挙上の効果「小鼻縮小術+α法」について発表を行いました。

    2015年8月
    IMCAS Asia
    場所:バリ(インドネシア)

    日本美容外科学会を代表して、b-FGF添加型PRPを用いた若返り治療について講演を行いました。

    2015年7月
    JAASアカデミー
    場所:東京

    「第4回 鼻・鼻口唇形成術LiveSurgery」にて講演を行いました。

前多 一彦 医師に5つの質問

美容医療を志したきっかけを教えてください
医学部に入学した当初から美容外科に興味がありました。卒業後は、その基礎を固めるために形成外科に入局しました。どうしても他の診療科と比較して軽く思われがちですが、肩書きよりも技術とセンスがものをいう、とても奥深い世界だと思います。今は、この道に入ったことを誇りに思っています。
美容外科医にとって必要な素質とは何だと思いますか?
「美的センス」と「結果へのこだわり」。そして、それを実現するための「手先の器用さ」だと思います。 また、物事に対し「謙虚な姿勢」を忘れず、「繊細さと大胆さ」をバランス良く持ち合わせていることも大切だと思います。
先生にとって「美しさ」とは何ですか?
当然、「外見の美しさ」は重要だと思います。それを保つために努力を怠らない人も素敵だと思います。ただ、本当に美しい人となると、知性、優しさ、上品さ といった「内面の美しさ」を合わせ持った人だと思います。しかし、自分の外見にコンプレックスを抱くあまり、せっかくの「内面の美しさ」をアピールできない人が多いのも事実です。 そのような人のコンプレックスを、少しでも解消するお手伝いができればと思っています。
今後の美容医療に求められるものは何だと思いますか?
リスクやダウンタイムは最小限で、得られる効果は最大限の治療法が、つねに求められていると思います。そのために、あらゆる分野からの応用も必要だと思います。当院で行っている、再生医療を応用した治療法は、今後の美容医療において重要な位置を占めると考えています。
これから美容医療を受けようと考えている方にメッセージをお願いします
現在でも、日本では美容外科を受診することに罪悪感を抱く方が多いようです。 例えば、ファッションやメイク、ヘアースタイルで、その人の印象は大きく変わります。しかし、そこに罪悪感を抱く人はいないはずです。「自分を美しく魅せたい。」これは老若男女を問わず、共通の願いだと思います。ブティックやヘアーサロンと同じように、色々なクリニックを品定めしてみて下さい。 どうしても、足を運ぶことに抵抗のある方には、メール相談を利用することをお勧めします。

スタッフボイス前多 一彦 医師はこんな先生です

  • 札幌院 看護師

    前多院長は、とても優しく気さくなドクターです。患者様のお話にしっかりと耳を傾け、一緒になって綺麗になる方法を思案してくれます。また、医学博士という事もあり、その知識の豊富さや技術力の高さは、患者様のご指名の多さからも立証されていると思いますし、私達スタッフも見習いたいです。
    数多くの患者様を担当している前多院長ですが、どの患者様のこともしっかり把握され、一人一人に合わせ対応されています。世の中には数多くのドクターが存在しますが、前多院長ほど尊敬できるドクターはいません。安心して一度カウンセリングにお越し頂ければと思います。

  • 札幌院 受付

    患者様の処置後の経過をしっかり把握している前多院長は、患者様は勿論のことスタッフからの信頼も厚く、とても優しいドクターです。形成外科出身の院長の手先の器用さ、丁寧な処置はリピーターの多さが物語っています。処置後、綺麗になり満足の笑顔でお帰りになる患者様を見て、院長に処置をお願いするスタッフも多くいます。「すごくわかりやすかったです!」「とても詳しく説明してくれました!」といったお言葉を多く頂く前多院長のカウンセリングを、ぜひお受け頂きたく思います。

札幌院のドクターを見る

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ