このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

小顔に整形

どうすれば小顔になれる?小顔矯正と小顔整形の違い

「小顔になりたいけど整形するのは怖い…」という方にとって、とても魅力的に聞こえる“小顔矯正”とはどのような施術なのでしょうか。
人の顔や頭はたくさんの骨が合わさって作られています。小顔矯正は、その骨と骨の間にできた隙間やゆがみを矯正し、小顔にするという施術で小顔矯正サロンや整体院などで行われています。骨を矯正することによって顔を小さくすると言われていますが、科学的な根拠が乏しかったり、効果が一時的であるという問題点があります。
一方、小顔整形は医療行為ですので、確実な効果が得られ、持続期間も長いという特長があります。

小顔整形の特徴

フェイスラインを整えることで小顔になることができます。最近では手術だけでなく、ダウンタイム(日常生活に支障が出る期間)がほとんどないマシン施術や注入法などの施術も増えています。

タイプ別小顔講座 小顔整形の落とし穴 仕上がりを左右するのは、医師とあなたの意思疎通

小顔にしたい部位別に検索

エラ張りをすっきりさせて小顔に

  • エラ張りの原因、咬筋の発達に作用します。
  • 効果は3~6ヶ月程度持続。2~3回行うことで長期的な効果も。
  • 注入時の痛みを大幅に軽減する特殊な注射針を使用
  • あごのしわにも効果的

ここまで変わった!

Before

ボトックス注入でエラ張りを解消する前

After

ボトックス注入でエラ張りを解消した後

※個人差あり

頬・あご周りの脂肪をすっきりさせて小顔に

NEW注入 輪郭注射
  • 植物由来のやさしい成分
  • ダウンタイムが(非常に)少ない
  • 3回で効果を実感 ※個人差があります
  • リポファーム(オプション)の同時注射で、小顔効果がさらにアップ
  • 脂肪細胞そのものを除去
  • リバウンドが少なく半永久的な顔やせ効果
  • 脂肪細胞の除去後はハリのある肌に
NEWマシン サーミRF
  • 顔やボディのあらゆるたるみを引き締める最新マシン治療
  • 高周波を皮下組織に照射し、熱で皮膚を強力に引き締めます
  • 東京
マシン エクセル
  • 1回の施術効果が大きい最新の痩身マシン。
  • 施術時の痛みや腫れもなく、ダウンタイムがない。
  • 東京
  • えら張りなどではなく、頬やあご下周りに脂肪がついてしまった場合に
  • 脂肪吸引は極細のカニューレを使用し、耳の裏側やあご下から吸引を行うため、痛みも少なく傷跡の心配もなし。

頬・あご周りのたるみをすっきりさせて小顔に

  • 超音波を用いた「たるみ・小顔治療」マシン。
  • 筋膜と皮膚を強力にリフトアップ
  • クーリングマシン併用で痛みを大幅に軽減
  • ディメンショナルリフトの進化版
  • 特殊形状の糸で、引き上げ力・持続力アップ
  • たるみやしわに効果的。小顔効果も
  • 軟性・伸縮性が高い糸で、仕上がりがとても自然
  • 丸みを帯びたコグが皮膚を傷つけず、しっかり引き上げ
  • 少ないダウンタイムで自然なリフトアップができる溶ける糸を使った施術
  • コラーゲン増殖により、肌のハリ感アップ
  • たるみの根本原因“SMAS筋膜”も引き上げて小顔に
  • 同時に若返り効果も期待できる
  • 手術ならではの高いリフトアップ効果

丸い・小さいあごを整えることで小顔にみせる

  • 歯や骨を形成する成分「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分。
  • 皮膚への馴染みが良く、持続期間が、約12~18ヶ月と長い。
  • 注入時の痛みを和らげる成分(リドカイン)配合
  • 従来のヒアルロン酸より持続効果が長く、約6~12ヶ月持続
  • 人間の軟骨に非常に近いシリコン性素材を使用
  • ご希望の高さに合わせ、加工するオーダーメイド式のため、微妙な高さの調整も可能です。
  • 傷跡の心配もなし。

小顔整形の施術種類別

小顔整形の一部症例紹介

Before

小顔整形前1

After

小顔整形後1

Before

小顔整形前2

After

小顔整形後2

Before

小顔整形前3

After

小顔整形後3

Before

小顔整形前4

After

小顔整形後4

Before

小顔整形前5

After

小顔整形後5
前へ 次へ

『小顔』に関する豆知識


小顔矯正と小顔マッサージの違い

小顔矯正と小顔マッサージは、いずれも顔を小さくすることを目的に行われます。
小顔矯正は、頭蓋骨を外側から圧迫することで骨格を整え、顔のゆがみやむくみの改善をはかる施術です。小顔矯正サロンや整体院で受けることができます。
一方、小顔マッサージは、顔や首などのリンパの流れをよくすることで、溜まった老廃物を流し、顔のむくみを取る方法です。エステで受けられる他、自身の手や小顔ローラーなどを使い、自宅でも行うことができます。


小顔矯正施術の方法

一般的には、頭蓋骨を押して骨に圧力を加える・顔の筋肉をほぐす・リンパを流すなどの方法が取られます。
小顔矯正は、複数の骨が複雑に組み合わさってできている頭蓋骨を、正しい位置へ矯正することで、顔の左右のバランスが整い、顔のむくみが改善する効果があると言われています。しかし、頭蓋骨を外側から動かして矯正するという点は、医学的に見ると根拠が不十分です。
また、小顔矯正施術は、小顔矯正サロンや整体院で行われることが多く、医師免許やあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師などの国家資格を持たない人でも、施術を行うことができます。
小顔矯正施術を受けた方の中には、1回で効果を実感したという方もいるようですが、むくみの改善による一時的な効果である可能性が高いです。

【聖心美容クリニックの小顔整形に対する考え方】
すっきりとした小さな顔はとても魅力的なものですが、顔の大きさそのものは元々の骨格の影響もあり、残念ながら簡単に変えることはできません。小顔というと顔の面積を小さく見せることに意識が向いてしまいがちですが、実は面積よりも視覚的効果を意識すると小顔の印象が強まることをご存知でしょうか。
小顔に見せるポイントは逆三角形+センターパーツの高さが重要です。逆三角形のフォルムを意識してフェイスラインをデザインすることで顔を小さく見せることができます。また、顔のセンターに高さがあると視線が中心に集まり、顔の横幅を狭く見せることができます。頬からあごのラインが直線的なほど顔は小さく、若々しく見えますし、目の下に高さ(ボリューム)があることで目線を上にもってくるなどの手法があります。
このように当院では様々な手法を用いることで、患者様のご希望に沿った小顔整形を叶えるためのご提案をしています。
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る