土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

広島・福岡院副院長

西田 真

Makoto Nishida M.D.

初めて会う医師、初めて訪れるクリニック、初めての美容医療・・・もし不安でいっぱいだとしたら、一緒によく話し合うことから解決の糸口が見つかります。クヨクヨを手放してウキウキを手に入れるために、私が全力で応援します。

  • 経歴

    熊本県出身

    2000年
    宮崎医科大学医学部医学科卒業後、同大学附属病院に入局耳鼻科・麻酔科・内科・病理全般を習得
    2003年
    久留米大学医学部形成外科助手福岡県済生会福岡総合病院に出向し、脳外科・救命センター・外科にて多数の症例を積む
    2005年
    宗像水光会総合病院 形成外科医長就任
    2007年
    久留米大学医学部形成外科 助教その後、大手美容外科勤務
    2010年
    聖心美容外科札幌院、東京院、福岡院勤務
    2011年
    聖心美容外科東京院、名古屋院、広島院、福岡院勤務
    2013年
    聖心美容外科広島院、福岡院勤務
    2014年
    聖心美容外科広島院、福岡院副院長に就任
  • 資格・所属
    • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
    • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
    • 日本美容外科学会(JSAS)会員
    • 日本美容外科医師会会員
    • 日本形成外科学会会員
    • 日本中医学会
    • ミラドライ認定医
  • 西田 真 医師の診療方針

    自分がして欲しいように。大事な家族に対するように。
    この10年間、そうしてきました。これからも、医療サービスを提供する者の誇りにかけて、そこがブレることはありません。手術の前に、またその後も、例えば旧くからの友人のように信頼し合える関係を築けたらいいですね。
    「外見のことを気にせずにいれる人生」さらには「ウキウキな人生」を実現するために、私どもでできる全てのことを用意したいと思います。

  • 学会活動
    2016年5月

    第104回日本美容外科学会(JSAS)総会

    場所:東京

    教育講演「美容医療と東洋医学」「漢方は美容医療の質を高める 〜日本から世界へ〜」について講演しました。

    2012年10月
    Beauty World JAPAN 2012 Osaka
    場所:インテックス大阪

     

西田 真 医師に5つの質問

美容医療を志したきっかけを教えてください
自分が大事にしたいことを生業にできるなら、こんな幸せなことはない、という思いです。お釈迦様は、人間には「生老病死」の四苦がある、とおっしゃったそうですが、『お釈迦様がもし女性であられたなら、それに「醜」という苦しみを追加されたのではないか』という考えに膝を打ちました。この5つの苦しみに、僕なりのかたちでなんとかお役に立てれば、医師になってよかったなあと思えるに違いない。そんなことを思いました。
美容外科医にとって必要な素質とは何だと思いますか?
まず、「腕」を大前提とします。その上でのことですが、「見た目のコンプレックス」を自覚したことがあること、ではないでしょうか。コンプレックスって、他人からすれば「は?そんなことで悩んでるの?」と言われるような些細なことでありながら、本人にとっては重大なことであったりします。その思いを理解し、寄り添うために、美容外科医自身の人生経験は無駄ではないはずです。それと、ことばを大事にするということ。美容医療は、「年単位の幸せ」をデザインし、実行する手段です。幸せの精度を上げるにあたり、お互いのことばのやりとりほど、大事なモノはありません。
先生にとって「女性の美しさ」とは何ですか?
容姿はひとそれぞれ。「鈴と小鳥と それからわたし みんな違ってみんないい」なわけですが、いろんな悩みから解放され、颯爽・溌溂として慈愛に満ちた女性は、ほんとうに美しいとほれぼれします。ただ、もしも貴女に容姿のなやみがあって滅入っているようでしたら、それを解決するお手伝いができれば幸せです。
今後の美容医療に求められるものは何だと思いますか?
最小のリスクで、最大の効果を出す。美容医療の進化が、そういう方向に進むことは間違いありません。特に、若々しさと清潔感を演出するための技術が拡大するでしょう。しかも、自分の潜在能力を引き出すような方法が求められることになりますが、そのために再生医療がますます重要になってくると思います。
これから美容医療を受けようと考えている方にメッセージをお願いします
まずは、その一歩を踏み出してみることです。そして、気の合う正直な美容外科医を見つけることができれば安心ですね。彼は必要な時に、全力で貴方の人生を応援することでしょう。縁のはじまりは、メールから可能です。

他のドクターを見る

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける