このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

豊胸術

聖心美容クリニックから「豊胸術充填剤報道についての見解」に関するお知らせ

聖心美容クリニックの低ダメージ(低侵襲)豊胸術

手術にともなって組織が受けるダメージのことを「侵襲」といいます。侵襲の度合いが大きいと体への負担も大きく、ダウンタイムも長引きます。聖心美容クリニックの豊胸術では、患者さまの体の負担や傷口の大きさなど「低侵襲」にこだわります。

こだわり①
丁寧な脂肪吸引法で
体の負担を軽減

脂肪注入法では吸引圧を弱めて丁寧な脂肪吸引を心がけています。高圧での吸引に比べ

て、時間はかかりますが内部組織のダメージを少なくし、吸引後の体への負担を軽減します。
丁寧な吸引技術によって活性度が高い良質な脂肪を吸引することは、ドクターの経験と高い技術が必要になります。

こだわり②
傷口を最小限に抑える
バッグ挿入法

バッグプロテーゼ挿入法では、ファンネル状(漏斗状)の器具「スリーブ」を使用してバッグを挿入しています。すべりがよくスムーズに短時間で挿入できることから、傷口を最小限に抑えることができます。また、切開口

の両端を縫い合わせることで傷口が広がることを防ぐ工夫もしています。

こだわりから探す

聖心美容クリニックの豊胸術は、患者様の「こだわり」に寄り添います。 大きく形のいいバスト、柔らかなさわり心地など、カウンセリングでしっかり話し合って豊胸プランを立てます。

施術内容から探す

ご自分の脂肪を注入

豊胸術の最高峰。幹細胞を活性化させてから注入する豊胸術です(ピュアグラフト併用)。

ピュアグラフト豊胸術

脂肪から不純物を取り除き、濃縮(コンデンス)して注入する豊胸術です。

吸引した脂肪をそのまま注入する従来の方法です。不純物が多いため、シコリ化などのリスクがあります。

バッグプロテーゼ挿入+脂肪注入

バッグプロテーゼ挿入+脂肪注入

バッグプロテーゼのボリュームと、脂肪の柔らかさを兼ね備えた豊胸術。当院ではピュアグラフトと幹細胞を併用しています。

バッグプロテーゼを挿入

バッグを挿入して半永久的にバストアップ。バッグの種類によって柔らかさなどが異なります。

ヒアルロン酸を注射

最も手軽な豊胸術です。注入位置を調整することでバストラインを自由に形成できます。

その他の施術

乳頭・乳輪の大きさ・形・色、バストの下垂や縮小、FTM、女性化乳房などはこちらから。

カプセル拘縮、バッグの取り出し・入れ替え、しこり、左右差の改善など、他院で手術された方の修正相談もお受けしています。

乳房温存手術後の欠損に、ご自身の脂肪から抽出した幹細胞を注入する、再生医療による 乳房再建術(部分再建)です。

一部症例紹介

Before

Before

After

After

Before

Before

After

Before

Before

Before

After

Before

Before

Before

After

Before

Before

Before

After

Before
前へ 次へ
【聖心美容クリニックの豊胸術に対する考え方】
豊胸術は一生のうちに何度も行う施術ではないからこそ、大きさや形はもちろん、柔らかなさわり心地・異物を入れないなど、患者様の理想についてしっかりお伺いし、豊胸プランを立てるべきだと考えています。そのため豊胸術のカウンセリングやシミュレーションは何度でも無料で行っておりますし、カウンセリング当日に手術を強要するようなことは一切せず、ご自宅でゆっくりご検討いただけるよう豊胸の資料をお渡ししております。
また、最先端の「幹細胞豊胸」、実績のある「バッグプロテーゼによる豊胸」、手軽な「ヒアルロン注射による豊胸」など、選択肢も豊富にそろえております。各豊胸術の方法や安全性・リスク・ダウンタイムなどは、ドクターがなるべく分かりやすく且つしっかりとご説明いたしますので安心してご来院ください。術後のアフターケア充実など、カウンセリングから施術終了後まで安心して豊胸術を受けていただける環境を整えております。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る