0120-911-935

[ 09:30-20:00 ]
0120-773-566
[ 20:00-23:00 ※新規予約のみ ]
[ 23:00-09:30 ※自動音声対応 ]
En/Ch
閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

menu

聖心美容クリニック 形成外科 美容内科 美容皮膚科 皮膚科

contact

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

従来の豊胸の概念を変える
「Mia® Femtech(ミア フェムテック)」


  • 1~2カップUP
    1~2カップUP
  • 術後その日のうちに
    日常に戻れる
    術後その日のうちに日常に戻れる
  • 特許取得の
    低浸襲性ハイテク専門技術
    特許取得の低浸襲性ハイテク専門技術
  • 局所麻酔でOK
    施術時間わずか15分
    局所麻酔でOK施術時間わずか15分
  • ダウンタイム・痛みが少ない
    (乳房組織を傷つけない)
    ダウンタイム・痛みが少ない(乳房組織を傷つけない)

Mia® Femtech(ミアフェムテック)とは、従来の豊胸概念を変える全く新しい注入型インプラント豊胸術です。
全身麻酔ではなく局所麻酔を使用して、脇に2㎝ほど切開したところからダイヤモンドインプラントと呼ばれるシリコンバッグを挿入します。

両脇へのダイヤモンドインプラント(シリコンバッグ)注入が最短15分で終了。痛みも極めて少なく術後のバストアップ効果が長期持続します。1~2カップUPが出来るMia® Femtech(ミアフェムテック)は、あと少しのバストアップで"あなたの理想スタイル"を実現します。

当院でMia® Femtech(ミア フェムテック)を
受けられた方のご紹介

ギャラリー -Gallery-

  • ギャラリー_01
  • ギャラリー_02
  • ギャラリー_03
  • ギャラリー_04
  • ギャラリー_05
  • ギャラリー_06
  • ギャラリー_07
  • ギャラリー_08

インタビュー -Interview-

当院でMia Femtech™を受けられた患者様へのインタビューです。
自信に満ち溢れる日常を手に入れた心境の変化をお届けします。

症例写真

【30代・女性】

Before(正面)

After(正面)

Before(斜め)

After(斜め)

【40代・女性】

Before(正面)

After(正面)

Before(斜め)

After(斜め)

<Mia® Femtech>

【施術内容】バストにマーキング後、局所麻酔脇を行いカニューレ(細い金属のストロー)を通します。小さく脇を切開しバルーン器具を挿入しインプラントを注入する空間を作りインプラントを注入、切開部分を縫合します。

【リスクや副作用】痛み、内出血、腫れ、血腫、被膜拘縮、左右差、感染、アレルギー反応。

【費用】1,500,000円(税込 1,650,000円)
※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

こんな方に受けてほしい

こんな方に受けてほしい
  • あと少しバストを大きくしたい
  • ブラパッドなどつけて少しだけ変化を付けている
  • バストにもう少しハリを持たせたい
  • 理想のボディスタイルになりたい
  • 周囲に知られず1~2カップバストアップしたい
  • 豊胸術に興味はあったけど大がかりな手術はしたくなくて受けられなかった
  • 時間が無くて豊胸術を受けられなかった

最短15分で終了!ダウンタイム・痛みが極めて少ない

注入施術
局所麻酔でOK
傷跡が目立たない

注入施術による大きな切開なし

注入施術による大きな切開なし

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は、従来のシリコンバッグを使用した豊胸術とは違い、特許取得の注入機器を使用してインプラント(シリコンバッグ)をバストに注入するため最短15分で施術が終了します。
"ダウンタイムが短く"・"痛みも極めて少ない"ため術後数日で回復が期待できます。

局所麻酔でOK

局所麻酔でOK

従来の豊胸術は、全身麻酔(静脈麻酔)が必要でしたが、Mia® Femtech(ミアフェムテック)はインプラント(シリコンバッグ)を注入するだけなので、局所麻酔のみでよくなりました。
局所麻酔は、目が覚めるまでリカバリールームでお休みいただく必要がないので、術後すぐにお帰りいただけます。
また、麻酔による身体への負担も少なくなります。

傷跡が小さく隠れて目立たない

傷跡が小さく隠れて目立たない

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は、特許取得の注入機器を使用してインプラント(シリコンバッグ)をバストに注入するため、脇に2センチほどの小さな切開だけで済みます。
傷口は小さく隠れて、ほとんど分かりません

My Breast Harmony -あなたの理想スタイルに-

1~2カップUP
自然な見た目・触り心地が長期持続
ボディメイククリニック

1~2カップUP

1~2カップUP

「あとちょっどだけ大きなバストだったら・・・」「2~3カップのバストアップをしてしまうと周りに知られてしまうのでは!?・・・」と考えブラパッドや盛れる下着を着用している方も多いと思います。
また、小柄な体系でバストだけ大きくなってしまうと全身のバランスが崩れてしまいます。
Mia® Femtech(ミアフェムテック)による豊胸術は、胸元をものすごく大きくするのではなく、1~2カップのバストアップで、理想のスタイルを手に入れることができます。

従来より突出するインプラント
従来より突出するインプラント

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は、「Ergonomix2(エルゴノミックス)ダイヤモンドインプラント」という新しいシリコンバッグを使用した注入型インプラント豊胸術です。
従来のシリコンバッグとは形状が異なり、容量は変わらずに前方へ高く突出するようになりました。

自然な見た目・触り心地が長期持続

自然な見た目・触り心地が長期持続

急激なバストアップではなく、1~2カップの自然なバストアップを目的とした施術です。
注入型インプラント(シリコンバッグ)だから、見た目も触り心地も自然で周囲にはバレずに理想のバストアップ効果を長期的に持続することができます。

ボディメイククリニックだから実現できる

ボディメイククリニックだから実現できる

当院では、2001年にボディデザインの専門技術に対する実績を踏まえ「ボディデザインクリニック」という商標を取得しています。今では日本有数の症例数をもつリーディングクリニックのひとつとして数えられるようになりました。
バストを大きくするだけでなく、全身のトータルバランスを考えた”理想のボディライン"を手に入れることができます。

安全性の高いプレミアムバストアップ

MIA専門形成外科医
ダイヤモンドインプラント
特許取得の注入機器

MIA専門形成外科医だけが許された施術

MIA専門形成外科医だけが許された施術(世界初)

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は、『MIA専門形成外科医』の資格を取得した医師のみ施術可能な豊胸術です。
当院の医師は2023年2月にコスタリカで開催された『Mia臨床研修プログラム』に参加し"MIA専門形成外科医"の資格を取得しておりますので、安心して施術をお受けいただけます。
当院は世界初の認定施設です。

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は、組織を温存しながらそれに包まれるようにスペースを作るため、乳房を形成している構造を温存するから安全に理想の形が叶えられます。

【Mia Femtech】 臨床研修プログラムMovie
~世界初の認定施設 /聖心美容クリニック~

ダイヤモンドインプラントを使用

ダイヤモンドインプラントを使用

MIAのために特別に低侵襲設計されたダイヤモンドインプラントを使用します。
ダイヤモンドインプラント(シリコンバッグ)の中にマイクロチップが内臓されており、極小さなチップに手術やクリニック情報が記録され術後に体外からその情報を得られるため、入替えや抜去の際に安全で最適な対応が可能です。

ダイヤモンドインプラントの種類

ダイヤモンドインプラントは4種類のシリコンバッグがあります。患者様一人ひとりのお悩みに合わせて適切なタイプを医師が提案します。

ダイヤモンドインプラントの種類

特許取得の注入機器

特許取得の注入機器

Mia® Femtech(ミアフェムテック)は特許を取得している特別な注入機器を使用する「注入型インプラント豊胸術」です。
この新しい技術により、従来の豊胸術では難しかった施術時間の大幅カットに成功しました。
安全・安心に美しい形・大きさのバストを手に入れることができます。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング
STEP1

患者様のご要望を伺い、シミュレーションシステムを使ったイメージシミュレーションを行います。医師がカウンセリングを行います。施術のメリットやデメリット、合わせてリスク等のご説明を行います。

※六本木院には日本の美容外科で唯一"全身の3Dシミュレーション"も導入しています。(2013年10月現在)

3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

STEP2ダイヤモンドインプラント(シリコンバッグ)の選択
STEP2

ご希望を伺った上で、体型やバランスを考慮し、最適なバッグを選択します。

実物をさわることができます。
柔らかさや、形の変化等を実際に手に取ってご確認いただけます。近年の技術革新で、新しい素材、新しい技術のシリコンバッグがありますので、まずは触って、あなたの目で確かめてみてください。

STEP3問診・血液検査
STEP3

術後の順調な回復を完璧に行うためのチェックです。血液検査は最近3カ月以内の検査結果(ヘモグロビン、血小板数、肝、腎機能)をお持ちでしたら、そのコピーでも結構です。過去にバッグプロテーゼや脂肪注入による豊胸術を受けた事のある方で、拘縮やシコリが気になる方は、エコー検査も可能です。

STEP4
STEP4

Motiva®マーキングツールを使用してバストにマーキングを行います。

STEP5
STEP5

局所麻酔をします。

STEP6
STEP6

脇からカニューレ(細い金属のストロー)を通します。

STEP7
STEP7

脇から2センチほどの小さな切開を行います。

STEP8
STEP8

脇からMotiva®チャンネルディセクターを入れ、バルーンを入れるラインを作ります。

STEP9
STEP9

Motiva®膨脹式バルーンを使用してErgonomix2®Diamond®インプラントを注入する空間を作ります。

STEP10
STEP10

Motiva®インジェクターを使用してErgonomix2®Diamond®インプラントを注入します。

STEP11
STEP11

切開した部分を縫合して終了です。

この記事を監修したドクター

銀座院院長 日本形成外科学会認定指導医 牧野 陽二郎
銀座院院長 日本形成外科学会認定指導医
牧野 陽二郎
経歴

東京都出身

2004年
東京慈恵会医科大学医学部卒業 東京慈恵会医科大学附属第三病院研修医として勤務
2006年
東京慈恵会医科大学附属病院 形成外科学講座へ入局 同病院で勤務
2017年
東京慈恵会医科大学附属柏病院 形成外科診療部長に就任
2019年
聖心美容クリニック六本木院勤務
2020年
聖心美容クリニック六本木・福岡院勤務
2021年
聖心美容クリニック六本木院副院長に就任
2023年
聖心美容クリニック銀座院院長に就任
資格/所属
  • 日本形成外科学会 認定専門医
  • 日本形成外科学会 認定指導医
  • 日本形成外科学会 小児形成外科分野指導医
  • 日本形成外科学会 再建・マイクロサージャリー分野指導医
  • 日本形成外科学会認定施設教育関連 責任者
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間

最短15分

日常生活

  • シャワー:3日後から可能
  • 入浴:抜糸後(約1週間後)から可能
  • 術後:MIA専用ブラを少なくとも1ヵ月間ご使用ください。
    また、(医師が推奨する場合)術後2~15日間は、施術後のブラバンドを着用してください。
  • エクササイズ:約1か月間は控えて下さい。(ごく軽い運動は可能です。医師にご相談下さい。)
  • レーザー脱毛:約1ヶ月間は控えて下さい。
  • 脇の剃毛:2週間は控えて下さい。
  • 制汗剤(デオドラント)スプレー:使用可能ですがアルコールが含まれていない製品をご使用下さい。デオドラントバーは使用しないて下さい。
  • うつぶせ寝は避けてください。
  • ※術後、最初の診察までは重いものを持ったり腕を頭の高さ以上に持ち上げたりしないでください。

    腫れ・赤み

    手術後の内出血や腫れについては、数日間で治まります。手術後の痛みには個人差がありますが、痛み止めを処方しますのでご安心ください。

    効果

    1~2カップのバストアップで、理想のスタイルを手に入れることができます。

    施術内容

    バストにマーキング後、局所麻酔脇を行いカニューレ(細い金属のストロー)を通します。小さく脇を切開しバルーン器具を挿入しインプラントを注入する空間を作りインプラントを注入、切開部分を縫合します。

    リスク・副作用情報

    痛み、内出血、腫れ、血腫、被膜拘縮、左右差、感染、アレルギー反応。

    施術を受けられない方

  • 現在妊娠中または授乳中、または臨床試験にエントリー後6ヶ月以内に妊娠した方または授乳を終えた方
  • 血液凝固阻害薬、または高リスクおよび/または重大な術後合併症を引き起こす可能性のある薬剤を服用中の方
  • 副腎皮質ホルモン(ステロイド)療法や血液凝固薬(ワルファリン)など合併症のリスク増加や創傷治癒を阻害する可能性がある薬剤を使用中の方
  • 現在、既に乳房インプラントを挿入している方
  • 乳房下垂や皮膚の質が悪い方
  • 皮膚組織の質が悪い方(放射線障害、潰瘍、脈管形成不全、創傷治癒不全の既往など)
  • 乳房部に膿瘍や感染症の既往がある方
  • シリコーンに対する過敏症の既往歴がある方
  • ※低体重または肥満、糖尿病、自己免疫疾患、重度の慢性肺疾患、心血管疾患などがある方は医師にご相談ください。

    未承認機器・医薬品の掲載に関して

    未承認医薬品等である事の明示 Ergonomix2 Diamondバッグは未承認機器・医薬品です。
    入手経路等の明示 Establishment LABS社
    国内の承認医薬品等の有無の明示 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
    諸外国における安全性等に係る情報の明示 以下の認証を取得しております。
    CEマーク承認申請中
    警告)BIA-ALCLの発症報告(特定のシリコンブレストインプラント)
    禁忌)活動性の感染のある患者様、悪性新生物及び前癌状態があり治療を受けていない患者様、局所再発の癌およびその疑いのある患者様、妊娠中又は授乳中の女性
    有害事象)被膜拘縮、インプラント露出・交換・摘出、インプラント位置異常、組織壊死/皮膚壊死、血種、漿液種、体液貯留、疼痛(乳房)、疼痛(その他)、炎症、感染、乳房皮膚知覚異常、肥厚性瘢痕、しわ・凹み
    未承認医薬品等である事の明示 Motiva® ChannelDissector/InflatableBalloon/Injectorは未承認機器・医薬品です。
    入手経路等の明示 Establishment LABS社
    国内の承認医薬品等の有無の明示 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
    諸外国における安全性等に係る情報の明示 CEマーク承認申請中

    こんな施術もおすすめ

    聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

    当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

    聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

    また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらご覧ください。

    VIEW MORE

    本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

    聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。
    2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

    Contact

    お電話でのご予約、
    ご相談はこちらから

    土日祝も受付

    ※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

    ※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

    来院予約 ご相談・お問合せ