閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術とは

このようなお悩みに

  • 見た目も感触も自然にバストアップしたい
  • 痩身とバストアップを同時に叶えたい
  • 胸に注入した脂肪を長持ちさせたい

脂肪注入豊胸術とは

脂肪注入法による豊胸術は、ご自分の身体(腹部・臀部/お尻)または大腿部/太もも)から余分な脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入することでバストアップをはかる施術です。
脂肪を使うことで、本物のバストにきわめて近い自然な感触に仕上がり、異物をつかわないためアレルギーの心配もないことから、人気の豊胸施術です。

「LipoLife(ライポライフ)」とは

これまでの脂肪吸引器は痩身を目的に開発されておりましたが、「LipoLife(ライポライフ)」は脂肪移植(脂肪注入)を目的に開発されました。「LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術」では、脂肪細胞の生存率95%の良質な脂肪を採取できるレーザー脂肪吸引器「LipoLife(ライポライフ)」を使用することにより、良質な脂肪をバストに注入することで、注入後の脂肪の高い生着率が期待できます。

LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術の特長 Featurse

細胞生存率95%の良質な脂肪を注入できるので、バスト注入後の脂肪生着率が向上

「生着率」とは、注入した脂肪が最終的にバストに残る割合のことです。
脂肪細胞の生存率が高い良質な脂肪を注入した場合には、生着率は高くなります。
逆に質の低い脂肪を注入した場合には生着率は低くなります。生着しなかった脂肪は体内に自然に吸収されてしまうので、結果的に注入直後よりも時間経過とともにバストのボリュームはダウンしてしまいます。さらに脂肪に不純物が含まれている場合、しこりが生じるリスクも高くなります。

マンゴーファット

「LipoLife(ライポライフ)」による脂肪吸引では脂肪細胞の生存率95%という、非常に良質な脂肪が採取できます。細胞生存率の高い良質な脂肪は注入しても体内に吸収されることが少なく、生着率が高くなります。良質な脂肪であれば色は黄色で、マンゴーのような色味となり、このような脂肪は通称「マンゴーファット」と呼ばれます。画像にあるように「LipoLife(ライポライフ)」で採取された脂肪は純度が高く、良質であるため「マンゴーファット」の状態であることがわかります。
また、生存率が高い脂肪を採取できるということは、必要な注入量に対して過剰に脂肪を採取する必要が無いということなので、脂肪が少ない方にとっては効率的な施術とも言えます。

「LipoLife(ライポライフ)」による脂肪吸引では、純度の高い状態で脂肪を採取できるため、不純物を取り除くための浄化作業も不要です。その結果、脂肪を外の空気に触れさせること無く、吸引後即時にバストへ注入できることも、脂肪生着率の向上につながっています。

脂肪採取に適した1470nmのダイオードレーザーにより優しく脂肪を吸引

脂肪細胞は、結合組織によってひとまとまりにされています。
ライポライフは、1470nm(ナノメートル)の波長のレーザーを照射しますが、1470nm(ナノメートル)の波長のレーザーは、脂肪細胞への影響が最小限であり、水(麻酔液)にだけ反応させることができるので、優しく脂肪細胞を結合組織から分離させることができるのです。

ダイオードレーザー1470nmを使用
1470nmのダイオードレーザー

レーザー光を分散させ、火傷のリスクもより低く

レーザー光を分散

レーザー照射技術に、特許取得のAngel™ Emitting Fiber テクノロジーを採用。
360度発光の発光ファイバーが、照射するレーザー光を分散させるため体内温度が42度~45度に抑えられ、火傷のリスクもより低く抑えられます。

スキンタイトニング効果

照射されたレーザーの蓄熱エネルギーにより、既存のコラーゲンとエラスチン線維の温存と新たなコラーゲンの生成が促進され、吸引部の肌の引き締まり効果が期待できます。
※効果には個人差があります

もっと知りたい「LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術」

アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を取得

「LipoLife(ライポライフ)」は脂肪吸引の医療機器として、日本の厚生労働省に該当する政府機関であるアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration 略称:FDA)の認可を取得しています。

さらに脂肪移植のための脂肪吸引器としても「Beautifill™(ビューティフィル )」という名称で、アメリカ食品医薬品局の認可を取得しています。

BBeautifill™(ビューティフィル )

さらに生着率を上げたい方には「プレミアム LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術」がおすすめ

「プレミアム LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術」とは、注入脂肪に成長因子(FGF)を加えることで、さらに脂肪の生着率を高める施術です。「FGF」の働きにより、脂肪細胞の増殖と血管新生(脂肪細胞の中で新しい血管を形成)が促され、血管を通じて栄養が脂肪へ運ばれるようになります。注入した脂肪に栄養がいきわたるため、脂肪の生着率(定着する割合)が向上します。

プレミアム LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術

当院の脂肪注入法の特長

ドクター全員が豊胸術のプロフェッショナルしかも専任制

カウンセリング・手術・術後診察は同じドクターが担当する専任制

クリニックによっては、カウンセリングと手術を別の医師が行うところがあるようですが、当院では、カウンセリング・手術・術後診察は、すべて同じドクターが担当する専任制です。カウンセリングでのシミュレーションも手術にそのまま反映することが可能です。
ドクターは日々進化する技術に対して、定期的に勉強会やトレーニングを実施。常に知識や技術を磨いている豊胸術のプロフェッショナルが、患者様のご希望に責任を持って対応します。

マルチプルインジェクションで『しこりのリスクを最小限』に

マルチプルインジェクションとは注入する際に、直径3mm以下という球状の粒を作りながら、均一に細かく注入する方法です。
一ヶ所に大量に注入してしまうと「しこり(石灰化)」のリスクが生じてしまうため、当院ではマルチプルインジェクションという最先端の医療技術を用いて、しこりが生じるリスクを極限まで防いでいます。

従来の脂肪注入
従来の脂肪注入

乳房を下側の影になる部分から、乳腺と筋肉の間へ、脂肪をある程度の厚みで「溜める」ように注入します。1箇所に溜める量が多すぎるとシコリになりやすく、ボリュームをアップさせるために入れすぎると危険です。

マルチプルインジェクション
マルチプルインジェクション

乳輪と乳房のわきから放射状にまんべんなく脂肪を注入します。脂肪細胞を薄いドーム状に注入していきます。脂肪の「溜まり」が殆どできないので、シコリのリスクも著しく低く、生着率も格段に上がります。

シミュレーションで注入量と胸の大きさを簡単イメージ

胸の大きさをイメージ

谷間を作りたい場合は、内側を多めに注入。
全体的にボリュームアップしたい場合はまんべんなく注入。
など細かな対応を行えるため、カウンセリングでご希望を医師にお伝えください。
パソコンの画面でシミュレーションし、理想の仕上がりや大きさを医師と確認します。

さらに、東京院には3Dシミュレーションシステム「ベクトラ」を完備。 3D(立体)画像でのシミュレーションが可能です。
縦横斜め、下から上から、すべての方向からバストの形や大きさを確認することができます。

ベクトラの詳細はこちら

当院では今までの症例やシミュレーションデータ、効果分析などの蓄積したデータを元に、あなたに最適な施術プランをご提案します。

“幹細胞豊胸術”でさらに生着率アップ!

当院では、LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術にプラスして “幹細胞”を多量に注入する最先端の再生医療「幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)」もご用意しています。

幹細胞を注入することで、生着量が大幅にアップ!

幹細胞を脂肪と混ぜて注入した場合、バスト内に血液(栄養)が行き渡り、脂肪が元気に生き続けることができます。そして、新しい脂肪が繰り返し生み出されます。その結果、しこりが出来にくく、バストアップ効果が長期間続きます。

幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)の詳細をみる

施術の流れ Flow

手術前

STEP1カウンセリング
カウンセリング

患者様のご要望を伺い、シミュレーションシステムを使ったイメージシミュレーションを行います。
医師がカウンセリングを行います。
施術のメリットやデメリット、合わせてリスク等のご説明を行います。

※東京院限定
3Dシミュレーションシステムで全身の測定が可能です。

3Dシミュレーションシステムの詳細を見る
STEP2問診・血液検査
問診・血液検査

術後の順調な回復を完璧に行うためのチェックです。
血液検査は最近3カ月以内の検査結果(ヘモグロビン、血小板数、肝、腎機能)をお持ちでしたら、そのコピーでも結構です。過去にバッグプロテーゼや脂肪注入による豊胸術を受けた事のある方で、拘縮やシコリが気になる方は、エコー検査も可能です。

手術当日

STEP1マーキング
マーキング

お腹や太ももなど、脂肪を吸引する部位にマーキングします。

STEP2脂肪吸引部の保護
脂肪吸引部の保護

脂肪吸引時、負担がかかりやすいカニューレ挿入部分の皮膚をスキンプロテクターで保護し、負担を最小限に抑えます。
これにより術後は傷跡がほとんど目立たない状態にまで回復します。

STEP3麻酔

局所麻酔のほかに静脈麻酔を併用し、痛みをほとんど感じることがなく、うとうとした状態で手術を受けることができます。
全身状態を正確にモニターリングしながら、お身体に負担の少ない方法で麻酔をおこなっています。

STEP4脂肪吸引

脂肪注入専用のレーザー脂肪吸引器「LipoLife(ライポライフ)」にて、脂肪注入に適した良質な脂肪を丁寧に吸引。

STEP5脂肪注入
脂肪注入

マルチプルインジェクションテクニックを用いて、ごく少量ずつ、まんべんなく脂肪を注入していきます。

STEP6

麻酔は最小限度の深度です。手術後は1時間程度お休みいただき、入院することなく、そのままお帰りいただけます。

術後(アフターケア)

手術当日 吸引部を圧迫固定・痛み止め薬等を処方

脂肪吸引部の浮腫みを最小限にするため、吸引部を圧迫固定します。
術後の痛みを緩和する痛み止め(内服・坐薬)や、拘縮予防薬を処方します。
また、「24時間緊急サポート」として、その日手術をされた患者様の万一の緊急連絡にお応えできるよう体制を整えていますのでご安心下さい。

処方薬について24時間緊急サポートについて

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方
漢方薬

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

3日後 術後診察・圧迫固定の解除

脂肪吸引部や注入部位の状態を医師が診察します。
脂肪吸引部の圧迫固定を外します。

1週間後 術後トリートメント

当院では脂肪注入による豊胸術後のアフターケアとして、
インディバCET(高周波温熱トリートメント)を1回(10分)無料で行っています。

1ヶ月後

経過観察

3ヶ月後

経過観察

術後の状態や日常生活における注意点のご案内

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 2時間~3時間程度
日常生活 シャワーは3日後から可能です。入浴は抜糸後(約1週間後)から可能です。
手術後3か月間は、ワイヤー入りのブラジャーや補正下着などで胸を締めつけないようにしてください(脂肪組織の生着に影響を与えるため)。
腫れ・赤み 【脂肪注入部】
手術後、胸の張り感はありますが、時間の経過と共に治まります。
【脂肪吸引部】
手術後2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過です。ご自身でのマッサージや、アフターケア(インディバCET、エンダモロジー)をお受けいただくことで、回復を早めることができます。また、内出血や痛み、腫れは、時間の経過と共に治まります。多少の個人差はありますが、2週間程度です。
効果 LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術は、レーザー脂肪吸引器でご自身の身体から採取した脂肪をバストへ注入する豊胸術です。「LipoLife(ライポライフ)」で吸引した脂肪は細胞生存率95%と良質なため、バストへ注入した脂肪の生着率が高められます。また、しこりなどのリスクも軽減されます。
副作用情報 出血、感染、瘢痕、皮膚の不規則性、非対称性、外科的ショック、肺の合併症、皮膚の喪失、漿液腫、アレルギー反応および麻酔関連の合併症などを起こすリスクがあります。
また稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。当院のLipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術では、しこりが生じにくい注入法(マルチプルインジェクション)を行っておりますが、万一術後のしこりが気になる場合は、医師にご相談ください。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

LipoLife(ライポライフ)脂肪注入豊胸術についてよくあるご質問

長い休みが取れず、痛みも心配です。施術翌日から仕事は可能でしょうか?
ダウンタイムは脂肪吸引部の痛みがメインになります。
筋肉痛のような痛みですが、1週間程度で7~8割程度に落ち着きます。注入部(胸)はほとんど痛くありません。
動く事の多い仕事であれば1週間ぐらいはお休みされた方が良いでしょうね。
デスクワークであれば、場合にもよりますが、 次の日から出勤することもできると思います。
身体のどこから脂肪吸引しますか?お腹からできますか?
もちろんお腹からも可能です。
どのくらいのサイズアップをご希望しているかによって脂肪吸引の部位や量もかわってきますが、大腿、臀部からの脂肪採取が多いです。
皮下脂肪の状態なども含め、カウンセリングにて確認させていただきます。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ