土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

ヒアルロン酸注入の特長 Features

ヒアルロン酸注入による豊胸とは?

ヒアルロン酸をボリュームを出したい箇所に注入して、バストの形や大きさを整えるプチ整形による豊胸術です。
ダウンタイムが短く、身体への負担がとても軽いため、豊胸術の中で最も手軽なバストアップ法です。
「初めて豊胸をする方」「仕事をなかなか休めない方」「バストのハリを出したい方」「豊胸手術を受ける前にお試しで受けてみたい方」などにおすすめです。

安全で長持ち!
バストアップ用に開発されたヒアルロン酸を使用

当院の豊胸術では、バストアップ注入用に開発された高品質なヒアルロン酸「ハイアコープ MLF2」を使用しています。

ハイアコープ MLF2とは?

もともと体内にも含まれるヒアルロン酸の一種です。安全性が高く、アレルギーの心配がありません。

顔のプチ整形で使用されるヒアルロン酸成分と基本的には同じですが、粒子を10倍に大きくすることで、体内に吸収されるまでの持続期間を通常の約2倍にすることが可能になりました。

(通常の持続期間:約半年~1年間、ハイアコープ MLF2の持続期間:約1~2年間)

当院ではより美しく・より長くバストアップ効果を持続させるため、安全性が高く、持続期間の長いヒアルロン酸を使用しています。

どこでも受けられる施術だからこそ、こだわっています
聖心美容クリニック流「ワンランク上のヒアルロン酸豊胸術」

ヒアルロン酸注入による豊胸術は、手軽に受けられるため「どこで受けても仕上がりは同じ」と思われがちですが、受けるクリニックによって仕上がりが異なります。 なぜなら、バストラインには様々なバリエーションがあるため、患者様のご希望を確認しながらバストラインを緻密にデザインし、注入する量や注入箇所の調整をしていく必要があるからです。
そのため、「ワンランク上の仕上がり」を実現するためには、実は施術を行う医師の技術力と美的センスがとても重要になるのです。 当院では、経験豊富な医師があらゆる場面にてこだわりを持ち、施術を行っています。

当院のヒアルロン酸注入の特長

しこりの原因を防ぐ注入法を採用

ヒアルロン酸注入を行う際、最も重要なテクニックがマルチプルインジェクションと呼ばれる注入法です。これは、ヒアルロン酸を少量ずつ、まんべんなく注入する繊細な技術です。
この技術を用いない場合、ヒアルロン酸が塊状に注入されてしまうため、シコリの原因となる場合があります。

自然なバストにするための注入部位

「バスト内のどの層にヒアルロン酸を注入するか」によって、バストの仕上がりが変わります。
当院では、乳腺の下の深い部位に注入することで、「仕上がり・触感」ともに自然なバストを実現しています。

希望のサイズにあわせたオーダーメイドの注入量

当院ではカウンセリング時にシミュレーションシステムを使用しながら、患者様のご希望サイズとご予算などに合わせ、注入量を決めていきます。

はい、予算や仕上がりの希望に合わせてヒアルロン酸を数回に分けて注入し、維持期間を長くするという方法も可能です。ヒアルロン酸注入は術後のダウンタイムが少ない施術ですので、身体の負担をほとんど心配する必要もなく、安心です。

例えば下記のようなスケジュールで追加していくことが可能です。

  • ・初回:50㏄ずつ注入
  • ・2~3ヶ月後:30ccずつ注入
  • ・さらに2~3ヶ月後:30ccずつ注入
  • ・その後1年~1.5年おき:30~50㏄ずつ注入

※ 約1カップのサイズアップ=左右100ccずつの注入が目安(日本人の標準体型の場合)

ご希望のバストサイズに必要な注入量は、カウンセリングにお越しいただければ御見積もりをお出しすることが可能です。
ご予約の上、無料カウンセリングにお越しください。

事前にバストの形をイメージ出来る、シミュレーションシステム導入

初めに患者様おひとりお一人のご希望のバストラインをシミュレーションシステムで入念に確認してから、注入量や注入ポイントを決定。
自分の胸がどんな風に変化するのか、どんな胸になりたいのか、のイメージを目で確認することが出来ます。

日本初の3Dシミュレーションシステム導入(東京院限定)

当院ではより完成度の高い施術を可能にし、患者様の満足度を高めるため、3Dシミュレーションシステム「ベクトラ」を日本で初めて導入しました。
バストの向きや谷間など、微妙なラインも3Dでリアルに再現。どのくらい注入したらどのようなバストラインになるか、1cc単位でシミュレーション出来ます。

※ ベクトラでは精密なデータ取得・保存が可能。医学学会に提出する論文への採用も認められています。

ベクトラの詳細はこちら

医師の美的センスが必要な理由
注入量・注入場所で変わるバストの形

注入する量や箇所を調整することで、自由にバストの形を形成することが可能です。ご希望のバストの形と現在のバストの形・体型などを考慮して、バランスを見ながら注入していくことで理想の胸の形を実現します。

全体的にバストアップしたい場合

バスト全体にまんべんなくヒアルロン酸を注入することで、全体的にバストアップ。

胸の谷間をつくりたい場合

バスト内側へ多めに注入することで、胸の谷間を形成。

デコルテにハリがほしい場合

バスト上部に多めに注入することで、ハリのある美しいデコルテラインに。

左右差を調節したい場合

バストの左右で大きさ・形に違いがある場合も、小さい方へ多めに注入することでバランス調整が可能。

上向きのバストにしたい場合

バストの下側に多めに注入することでツンと上向きのバストに。

ボリュームを出したい場合

バスト上部に多めに注入することで、ハリのある美しいデコルテラインに。

CASE1

授乳後に左右がアンバランスに、デコルテもしぼんでしまった、という場合には、バストの小さい方とデコルテに多めにヒアルロン酸を注入します。

CASE2

矯正下着に頼らずに、ツンと上向きのグラマラスなバストにしたい、という場合には、バストの下側と外側に多めにヒアルロン酸を注入します。

痛みを感じさせないための工夫

痛み・内出血を軽減!先端が丸いカニューレ(注射針)を使用

一般的に使用しているカニューレ(注入針)は、先端が尖っているため、毛細血管や神経を傷つけてしまい、痛みや腫れ・内出血を引き起こしやすく、施術後のダウンタイムが長引く要因となっていました。
当院では“先端が丸い”カニューレを使用し、注入時の痛みだけでなく、注入後の腫れや内出血までも軽減することができます。そのため、通常のヒアルロン酸注入による豊胸術よりも、ダウンタイムが短くてすみます。

2種類の麻酔を使用

他院では静脈麻酔のみで施術を行う院もありますが、当院では痛みを感じさせないための方法として局所麻酔と静脈麻酔の2種類の麻酔を使用します。
静脈麻酔で眠った状態で局所麻酔を行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。

  • 女医による施術も可能
    女医による施術も可能

    女医希望の場合、カウンセリングから施術まですべて女医が担当することが出来ます。スタッフも全員女性ですので安心してご来院ください。

  • アフターケアの充実
    24時間フォローアップ体制

    当院では、アフターケアをしっかり行うことこそ、最大限の美しい仕上がりとダウンタイムの軽減、安心につながると考えています。

    >アフターケア詳細はこちら

  • 高精度に調べられるエコー検査機器導入
    高精度に調べられるエコー検査機器導入

    ヒアルロン酸注入後のしこりなどをより高精度に検査するため、エコー検査の機器を導入しています(費用別途/東京院)。
    他院でヒアルロン酸を注入してしこりができてしまった方も、お気軽にご相談ください。

  • もしものしこりに対するサポート
    もしものしこりに対するサポート

    当院ではしこりが出来ないための体制を整え、施術に臨んでいますが、万が一しこりが出来てしまった場合はすぐにご連絡ください。当院では、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する酵素を用意。
    もしもの時に備えたサポート体制を整えています。

カウンセリング・手術・アフターケアまで同じ医師が対応

クリニックによっては、カウンセリングと手術を別の医師が行うところもありますが、当院ではカウンセリング・手術・術後診察まですべて同じドクターが担当しますので安心してご要望をお伝えください。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング
患者様の理想の眉ラインに合わせマーキング

医師とのカウンセリングでは、患者様のご要望を伺い、シミュレーションシステムを使ったイメージシミュレーションを行いながら、ドクターから施術に関する十分な説明を行います。

STEP2デザイン

注入部位にマーキングしていきます。

STEP3麻酔

局所麻酔と静脈麻酔を使用します。 静脈麻酔で眠った状態で局所麻酔を行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。

STEP4施術

ワキ付近の目立たない部分を数ミリ切開し、そこから細いカニューレ(注入針)でバストへヒアルロン酸を注入していきます。 当院では、痛み・内出血を軽減し、ダウンタイムを短くする“先端の丸い”カニューレを使用しています。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置期間 30分~40分程度
通院 あり(1週間後抜糸)
日常生活
  • シャワーは当日から可能です。入浴は抜糸後(約1週間後)から可能です。
  • 胸を圧迫するようなうつ伏せ寝、ブラジャーの着用は、1か月間お控えください。
  • 激しいスポーツは手術後2週間経過してから行ってください。
腫れ・赤み 手術後の内出血や腫れについては、2週間程度で治まります。
手術後の痛みには個人差がありますが、痛み止めを処方しますので、ご安心ください。
効果 ヒアルロン酸を注入し、豊胸をはかる手術です。当院の豊胸術では、バストアップ注入用に開発されたヒアルロン酸を採用しています。
副作用情報

極稀に、ヒアルロン酸注入部位の腫れ・赤み・熱感等の症状が見られる場合があります。症状が持続する場合は、感染などの可能性がありますので、早めに当院医師の診察をお受けください。また、ヒアルロン酸注入部位にしこりが生じることがあります。時間の経過とともに解消される場合と極稀にしこりが改善せずに残る場合があります。気になる場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。


※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

ヒアルロン酸注入法についてよくあるご質問

一度に最大何ccまで入れられますか?
通常は、左右の胸ともに一度に最大100ccずつ注入します。無料カウンセリングにお越しいただければ、医師がご希望のバストサイズ等を考慮して注入する量をご提案いたします。
ヒアルロン酸は徐々に吸収されていくのでしょうか?
ヒアルロン酸注入後より吸収は始まっていき、1~2年かけてなくなっていきます。1年経ってからヒアルロン酸が急激に減り始めるというわけではありません。
カウンセリング当日にそのまま注入することは可能ですか?
カウンセリング当日に注入することも可能です。もちろん、カウンセリング後にご自宅でご検討してからご来院される方も多くいらっしゃいます。
アレルギーや乳がんの危険性・女性ホルモンの影響などはありませんか?
ヒアルロン酸はアレルギーの可能性が本当に少ない物質ですので安心してご使用いただけます。体質にアレルギーがあり、テストをご希望であれば胸に注射するヒアルロン酸を腕などに少しだけ注射してしばらく様子を見てから後日胸の処置をする方法も可能です。
ヒアルロン酸は身体になじみやすく、最終的には体内に吸収されてしまいますので、乳がんの可能性が高くなったり、女性ホルモンに影響を与えることもありません。
他院で受けたヒアルロン酸注入による豊胸を元に戻したいです。
ヒアルロン酸を分解する注射を少しずつ何回かに分けて注入することで改善が可能です。アレルギーなどの可能性はゼロではありませんが、大きなデメリットなくお受けいただけますのでご相談ください。
詳細はこちら

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける