土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

特長 Featurse

自身の脂肪で美しいバストラインへ
方法
異物を入れない
生着率
30~50%
感触
自然な感触
  • 豊胸と同時に、痩身も可能
  • 痩せ型でも大丈夫。脂肪を効率よく採取できる機器導入
  • 経験豊富な医師が執刀。美しいバストラインを実現します

脂肪注入法とは

脂肪注入法は、ご自分の身体から脂肪を吸引、胸に注入することでバストアップをはかる施術です。異物をつかわないため、アレルギーの心配がありません。

脂肪を使うことで、本物のバストにきわめて近い自然な感触に仕上がることから、人気の施術です。

バストアップと痩身が、同時に叶う

脂肪は、ご自身が痩身を希望される場所から脂肪吸引します。

サイズダウンされたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することで理想のプロポーションを叶える、一石二鳥の方法です。

より生着率をあげるために

脂肪注入法の生着率は30~50%

「生着率」とは、注入した脂肪がバストに残る率をいいます。生着しなかった脂肪は体内に自然に吸収されてしまいます。

脂肪注入豊胸の場合、脂肪と一緒に不純物が含まれているため、生着率は30~50%と、あまり高くありません。また、しこりのリスクも高くなります。

生着率を上げるために

このことから、近年は単に脂肪を注入するのではなく、不純物をフィルターし濃縮してから注入するピュアグラフト豊胸術や、ピュアな脂肪に、さらに幹細胞を増量・活性化させてから注入する幹細胞豊胸が、脂肪を利用した豊胸の主流になっています。

施術の比較 Comparison

脂肪の状態

脂肪に不純物(血液や老化細胞など)が含まれる状態

不純物を20%以下にまで除去

不純物を除去した脂肪に、さらに活性型幹細胞を追加

生着率

30~50%

脂肪と一緒に不純物が含まれているため、しこりのリスクも高い

50~60%

※プレミアムの場合は60~70%

不純物が少ないため、生着率がアップ

70~80%

※プレミアムの場合は80~90%

活性型幹細胞が追加されることで、さらに生着率アップ

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングでは、患者様のご要望を伺い、シミュレーションシステムを使ったイメージシミュレーションを行いながら、ドクターから施術に関する十分な説明を行います。

※東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。(2017年4月現在)

3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

STEP2メディカルチェック

血液検査など、施術を受けていただくための適応チェックを行います。

STEP3麻酔

局所麻酔のほかに静脈麻酔を併用し、痛みをほとんど感じることがなく、うとうとした状態で手術を受けることができます。全身状態を正確にモニターリングしながら、お身体に負担の少ない方法で麻酔をおこなっています。最小限度の麻酔深度にしますので、1時間程度お休みいただき、入院することなく、そのままお帰りいただけます。

STEP4チューメセント

脂肪吸引施術の前処置として行うのが、チューメセントテクニックと呼ばれる処置です。止血剤などを含んだ麻酔液を相当量注入して局所麻酔を施します。これは吸引部位の麻酔及び止血効果を高め、よりデザイン性に富むラインの実現のために行います。

STEP5脂肪の採取

腹部・臀部(お尻)または大腿部(太もも)より脂肪組織を吸引します。吸引の際には摩擦などの負担をかけないように、スキンプロテクターを用い皮膚部分を保護します。

聖心美容クリニックではこれまでの脂肪吸引の症例実績を生かし、ダメージを最小限に抑えた高度なテクニックで施術を行います。

当院では脂肪吸引の最新型ベイザーリポ2.2を導入しています。

STEP6注入

バストの皮下組織内に吸引した脂肪組織を注入します。脂肪組織を少量ずつまんべんなく注入する「マルチプルインジェクション」と呼ばれるテクニックで、バストの石灰化(シコリ)を防ぎ、より美しい仕上がりを実現します。

STEP7アフターケア

当院では、術後のアフターメニューとして、回復を早めるためのインディバCET(高周波温熱トリートメント)を1回無料で行っています。

術後の経過と処置方法の詳細を見る

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 2時間~3時間程度
日常生活 シャワーは3日目から可能です。入浴は抜糸後(約1週間後)から可能です。
手術後3か月間は、ワイヤー入りのブラジャーや補正下着などで胸を締めつけないようにしてください(脂肪組織の生着に影響を与えるため)。
肌に優しいシリコン製ニップレスもご用意しています。
腫れ・赤み 【脂肪注入部】
手術後、胸の張り感はありますが、時間の経過とともに治まります。腫れは1週間程度で治まります。
【脂肪吸引部】
手術後2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過です。ご自身でのマッサージや、アフターケア(インディバCET)をお受けいただくことで、回復を早めることができます。また、内出血や痛み、腫れは、時間の経過とともに治まります。多少の個人差はありますが、2週間程度です。
効果 脂肪注入法による豊胸術は、脂肪吸引の技術を応用し、自分の脂肪組織を用いてバストアップを図る方法です。脂肪吸引部位は、太ももやお腹が主となりますので、バストアップと同時に気になる部分の痩身効果を得ることもできます。
副作用情報

稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。改善が見られない場合は、当院医師の診察をお受けください。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。


※妊娠の可能性がある場合は、手術をお受けできない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける