このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ライムライト,美肌光治療,薄いシミ,肌質改善

ライムライトとは?

日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消する最新の光治療器です。特に、日本人に多い「薄いシミ」治療に高い効果を発揮します。治療時の痛みも少なく、施術後すぐにメイクも可能です。

520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)など、混在した症状を同時に改善するため、肌の印象が飛躍的に向上します。 さらに真皮層のコラーゲンの産生を促し、ハリのある若々しい肌へと導きます。

日本人の肌のために開発,「薄いシミ」や「そばかす」に高い効果を発揮

ライムライト治療のポイント

「日本人向け」の良さとは?

従来のレーザーや光(IPL)治療器の多くは欧米製で、白人向けに開発されたものが多く、日本人などの黄色人種の肌に対しては、効果が出づらいデメリットがありました。
ライムライトは日本人の肌質、肌色に着目しているため、肌に不要なダメージを与えず、軽負担で優れた効果が得られます。 また、従来の光(IPL)治療器に比べ、照射時の痛みも軽減されています。

肌への不要なダメージや照射時の痛みを軽減
肌を総合的に改善できる理由とは?

ライムライトの光(IPL)治療では、520~1,100nmと幅広い波長の光エネルギーを顔全体に照射します。そのため、シミ・そばかす・くすみ・小ジワ、赤ら顔・毛穴の開き・ニキビ跡の赤みなど、混在した症状を同時に改善できるのです。
また真皮層のコラーゲンの産生を促すため、ハリ感も生まれます。
日常生活に制限はなく、施術当日からメイクも可能です。 ライムライトの波長について

ライムライト

適応症状

  • シミ・そばかす・くすみ(顔全体の治療が可能)
  • 紫外線や老化による肌の色むらや質感の乱れを改善
  • 赤ら顔、ニキビ跡の赤み
  • ハリ感の衰え、ゴワつき、小ジワ、毛穴の開きなど、
    混在した症状も同時に改善

※顔以外にも手・腕・デコルテ・背中のシミ治療も可能です

エステの光治療との違いは?

ライムライトなどの光(IPL)治療器は医療機関のみで使用が許されています。
そのため、エステで使用されている光治療器は、医療機関にあるものより、パワーが低いものが使用されています。価格もお手頃ですが、エステで使用されているものは効果が弱いという違いがあります。

また、安全面でも大きな違いがあります。
シミの症状は人それぞれ異なるため、その方にあった設定・強さ・照射数を決める必要があります。
特に肝斑は光(IPL)治療で悪化する可能性もあり、やりすぎもいけません。
状態を見て、必要な判断ができるの医師のもと、治療を受けることが大切です。

症例写真

30代女性 シミ・そばかす、美白効果(3回照射後)
ライムライト照射写真
20代女性 シミ、肌のハリ感アップ(1回照射後)
ライムライト照射写真
60代女性 シミ、美肌(2回照射後)
ライムライト照射写真

※2回照射をしてから2年半経過後の写真です。時間が経っても効果が継続しています。

40代女性 くすみ、赤み(5回照射後)
ライムライト照射写真

屋外でスポーツをすることが多く、顔の光老化が進み、くすみと赤みが目立っていました。照射後、赤みもくすみも改善し、全体的に透明感が上がり、きれいなツヤのある皮膚になりました。

30代女性  鼻~頬の黒ずんだ毛穴治療[ライムライト+Nトレチノイン+ハイドロキノン](2回照射後)
ライムライト照射写真

毛穴はたるんで張りのない皮膚で目立つことが多く、張りのある透明感のある皮膚づくりを優先するだけでもかなり改善します。この方はライムライトで肌全体にハリと透明感を出し、トレチノインで弾力のある若々しい皮膚作りを行いました。
結果、肌全体につやが出て、毛穴の黒ずみも改善。みずみずしい肌になっています。

30代女性 赤ら顔の改善(4回照射後)
ライムライト照射写真

施術の流れ

カウンセリング

医師によるカウンセリングを行い、患部の状態に適した波長を選択します。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

医師によるカウンセリング
プレケア(オプション)

レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。 防止策として、照射前にご使用いただけるメディカルコスメ各種をご用意しています。

季節や肌状態にあわせ、「センシル(高濃度ビタミンC美容液)」、「ルミキシル(次世代型クリーム)」、「N-トレチノインシリーズ(N-トレチノインカプセル製剤」、「ハイドロキノン」いずれかの使用、または併用が効果的です。

ルミキシル
照射

ライムライトの光(IPL)を照射します。顔全体で約15~20分程度です。照射後すぐにメイクも可能です。 シミを完全に消すためには複数回の治療が必要になる場合もあります。基本的に麻酔は使用しませんが、痛みに敏感な方には、麻酔クリーム(別途費用)もご用意していますのでご安心ください。

ライムライト照射
ふき取り

照射直後に消毒剤で皮膚表面を拭きとり終了となりますが、アフターケアとして美白ローションを併用されることをお勧めしております。照射後は通常通りメイクをしてお帰りいただけます。

アフターケア

レーザーや光(IPL)照射後は、プレケア同様にメラニン生成を抑制する美白剤やアフターケアコスメの使用、サプリメントの内服をお勧めいたします。

N-トレチノインシリーズ
BENEVアフターケアキット
ビューティーエナジー

治療回数・ダウンタイム

治療回数

治療期間(1クール)
症状によりますが、基本的には3~4週間隔で、3~5回の治療を受けるのが効果的です。
以降
患部の状態に応じて判断します。
症状が改善された後はメンテナンスのために3ヶ月に1回程度の治療をお勧めいたします。

ダウンタイム

施術時間
照射時間は約15~20分です。
メイク
照射後すぐにメイクも可能です。
痛み
施術当日は若干ヒリヒリする場合がありますが、すぐに落ち着きます。
肌の状態
シミ治療の場合、3~4日で薄いかさぶたとなり、7~10日かけて洗顔などの際に垢が落ちるように徐々にはがれていきます。症状によりますが、基本的には3~4週間隔で、5回(1クール)の治療を受けるのが効果的です。
日常生活
患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めを常用してください。しみの再発や色素沈着する可能性があります。
シャワーは当日から可能です。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。洗顔や身体を洗う際は、照射部を強くこすったりしないようにしてください。
処方薬
レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。防止策として、ルミキシルハイドロキノンビタミンC美容液(センシル)などの併用が効果的です。
処方された薬がある場合は、医師の指示のもと、処方薬を所定の期間塗布してください。

組み合わせ施術

N-トレチノインシリーズ(トレチノインカプセル製剤)

N-トレチノインはトレチノイン(レチノイン酸)を0.05%配合し、シミや肝斑、色素沈着、小ジワを改善するクリームタイプの外用剤です。トレチノインをナノカプセル化することにより、従来品よりも効果と使用感が向上。刺激が少なく、肌の敏感な方にもお使いいただけます。 トレチノインの刺激を軽減するC-クリーム(コントロールクリーム)と、肌の透明感を高めるマリアンナメッドHQエッセンスC、α-リポカプセルクリームとの併用がおすすめです。

N-トレチノインシリーズ
ビューティーエナジー(医師監修のビタミンサプリメント)

分子栄養学の観点から医師により開発されたビタミンサプリメントです。高濃度に配合された各種ビタミンで、シミの原因となる活性酸素を和らげます。
量にも質にもこだわったビタミンCや他の栄養成分をバランスよく配合しており、ビタミンC、ビタミンB群の働きを助けるヘスペリジンや核酸DNAを配合していることも大きな特長です。

ビューティーエナジー(医師監修のビタミンサプリメント)
EQエナジー(医師監修の抗酸化サプリメント)NEW

EQエナジーは、抗酸化力をもつ成分(システインペプチド、ビタミンE、還元型コエンザイムQ10など)をバランスよく配合した医師監修のサプリメントです。
毎日の習慣に取り入れることで、シミの原因となる体内の酸化を効率的に防ぐことができます。

EQエナジー(医師監修の抗酸化サプリメント)

料金

料金を見る

この施術が受けられるクリニック

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る