このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

Pフェイシャル/スムースクール

特長

Pフェイシャル/スムースクールとは

1010_image1.jpeg
  • 日本人医師が日本人の肌にあわせて開発した美白・美肌治療
  • 肝斑・シミ・そばかす・くすみなどの色素トラブルのほか、赤ら顔・にきび・小ジワまで総合的に改善
  • 強力な冷却装置(ATC)が肌を熱ダメージから守り、やけどを防ぐため安全
  • 定期的なケアで、毛穴、小ジワなどを改善し、肌の質感が向上

※Pフェイシャルは東京院に導入されています。

※「ライムライト」導入院もあり、クリニックによってマシンは異なりますが、同様の症状を改善する治療が可能です。

肌を守ってシミを狙い撃つ、高性能の美白治療器を使用

Pフェイシャルは、日本人医師が日本人の肌のために開発した光治療器「スムースクール(IPL:フォト治療)」を使用した美白・美肌治療です。肝斑・シミ・そばかす・くすみなどの色素疾患治療(美白)だけでなく、赤ら顔・にきび・小ジワまで総合的に改善します。

スムースクールには、患部のみ選択的に照射できるマルチピークパルス機能が搭載されているため、表皮や患部周囲に不要なダメージを与えません。また、強力な冷却装置(ATC)が肌を熱ダメージから守り、やけどを防ぎます。

照射時の痛みやダウンタイムが非常に少ないため、照射後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。

※【波長】560~950nm(シミ・そばかす・赤ら顔・にきび)、640nm~950nm(肝斑)

シミ・そばかすを集中的に照射、周辺組織を傷つけない

スムースクールは光エネルギーの照射強度を複数回に分けることができる「マルチピークパルス」機能を搭載しています。この機能により、照射時に表皮に熱が集中しすぎてしまうのを防ぎ、狙った部位へ選択的に照射することができます。

照射時の痛みやダウンタイムが非常に少ないため、照射後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。

特殊な冷却装置ATCが肌を守る

スムースクールには、皮膚の温度を適度に保持し、管理温度を超えるとレーザーを照射できないように制御する安全装置(自動皮膚温度制御装置:ATC)が搭載されています。ATCの冷却機能により照射時の痛みを軽減し、皮膚のやけどを防止。安全なフォト治療を可能にします。

適応症状

  • シミを徐々に薄くしていきます。
  • 顔全体のシミ治療が可能です。
  • 紫外線や老化による肌の色むらや質感の乱れを改善します。
  • レーザーよりも肌への負担が軽く、従来の光治療に比べ痛みも軽くなりました。
  • 治療後すぐにメイクをしてお帰りになれます。
  • 色黒の方でも治療可能です。
  • 肌の質感の乱れ、小ジワ、毛穴の開きなど、混在した症状も同時に改善します。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

医師によるカウンセリングを行い、患部の状態に適した波長を選択します。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2プレケア(オプション)

レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。 防止策として、照射前にご使用いただける各種コスメをご用意しています。 「センシル(高濃度ビタミンC美容液)」、「ルミキシル(次世代型クリーム)」、「N-トレチノインシリーズ(N-トレチノインカプセル製剤)」、「ハイドロキノン」「トランサミン(トラネキサム酸)」の併用が効果的です。

STEP3照射

1010_image1.jpeg

スムースクールの光(IPL)を照射します。顔全体で約30分程度です。照射後すぐにメイクも可能です。 シミを完全に消すためには複数回の治療が必要になる場合もあります。基本的に麻酔は使用しませんが、痛みに敏感な方には、麻酔クリーム(別途費用)もご用意していますのでご安心ください。

STEP4拭き取り

照射直後に消毒剤で皮膚表面を拭きとり終了となりますが、アフターケア美白ローションを併用されることをお勧めしております。照射後は通常通りメイクをしてお帰りいただけます。

STEP5アフターケア(オプション)

レーザーや光(IPL)照射後は、プレケア同様にメラニン生成を抑制する美白剤の使用や、アフターケアコスメ「トランサミン(トラネキサム酸)」、サプリメントの内服をお勧めいたします。

治療回数

治療期間
(1クール)

肝斑治療の場合、3~4週間に1回のペースで7~12回の治療が目安です。

薄いシミは、より少ない治療回数で済ますことができます

以降

患部の状態に応じて判断します。

症状が改善された後はメンテナンスのために3ヶ月に1回程度の治療をお勧めいたします。

ダウンタイム

施術時間

シミ、そばかす、赤ら顔治療の場合は約15~20分、肝斑(両頬)治療は、約5~10分です。

メイク

照射後すぐにメイクも可能です。

 

痛み

施術当日は若干ヒリヒリする場合がありますが、すぐに落ち着きます。

肌の状態

シミ治療の場合、3~4日で薄いかさぶたとなり、7~10日かけて洗顔などの際に垢が落ちるように徐々にはがれていきます。症状によりますが、基本的には3~4週間隔で、5回(1クール)の治療を受けるのが効果的です。

日常生活

患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めを常用してください。しみの再発や色素沈着する可能性があります。
シャワーは当日から可能です。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。洗顔や身体を洗う際は、照射部を強くこすったりしないようにしてください。

処方薬

レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。防止策として、ルミキシルハイドロキノンビタミンC美容液(センシル)などの併用が効果的です。

処方された薬がある場合は、医師の指示のもと、処方薬を所定の期間塗布してください。

組み合わせ施術

N-トレチノインシリーズ処方(トレチノインカプセル製剤)

N-トレチノインはトレチノイン(レチノイン酸)を0.05%配合し、シミや肝斑、色素沈着、小ジワを改善するクリームタイプの外用剤です。トレチノインをナノカプセル化することにより、従来品よりも効果と使用感が向上。刺激が少なく、肌の敏感な方にもお使いいただけます。
トレチノインの刺激を軽減するC-クリーム(コントロールクリーム)と、肌の透明感を高めるマリアンナメッドHQエッセンスC、α-リポカプセルクリームとの併用がおすすめです。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

美容皮膚科コラム

女性よりもできやすい男性のニキビ

女性よりもできやすい男性のニキビ

原因は皮脂分泌量の多さ

リンク

なぜ、背中ニキビはひどくなりやすい!?

なぜ、背中ニキビはひどくなりやすい!?

出来やすい人の特長は?

リンク

美肌の“専門(プロ)”とは?

美肌の“専門(プロ)”とは?

皮膚科“だけ”の病院が、本当に専門?

リンク

最適な選択を!!

最適な選択を!!

使い分けが大切です!

リンク

奥が深い美肌治療

奥が深い美肌治療

落とし穴に要注意!

リンク

ニキビの原因と治療法

ニキビの原因と治療法

思春期ニキビ?大人ニキビ?それぞれの対処法は?

リンク

レーザーと光治療って何が違うの?

レーザーと光治療って何が違うの?

当院の美肌治療専門医が違いについて解説!

リンク

あなたのシミの治療法は?

あなたのシミの治療法は?

実はマシンによって、治療できるシミの種類も違います

リンク
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る