このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ヘリオケア

特長

ヘリオケアとは

ヘリオケアはヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、34カ国以上で販売されている“飲む”日焼け止めです。

シダ植物(Polypodiumleucotomos)から抽出されたFernblock®という主成分は、臨床結果が世界中の皮膚科学会で発表されており、有効性が認められている成分です。化学薬品は一切使用しておりません。年間を通して服用いただくことで、体の内側から紫外線によるメラニン生成やDNA損傷を防ぎ、シミやしわの予防につながります。

※ 飲む日焼け止めは、従来の塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の影響を予防することができるものです。塗る日焼け止めをご使用の上、服用ください。

[抗酸化作用]シミの元を根本から抑制

紫外線にあたると活性酸素が発生し、シミの元となるメラニンを生成します。ヘリオケアに含まれるFernblockR成分には、強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑制し、シミを予防します。

[免疫防御作用]肌の免疫機能を正常化

紫外線は、肌の免疫機能に大切なランゲルハンス細胞を減少させます。しかし、ヘリオケアを服用することで、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐことがわかりました。そのため、肌の免疫機能を正常に働かせることができます。

  UV照射 UV照射+ヘリオケア服用後
表皮1mm2当たりのランゲルハンス細胞数 18.56 24.80

[DNA保護作用]肌の回復を早める

UV照射によって生じるDNA損傷のダメージを減少させます。
また、肌の回復を早めるため、皮膚がんの予防にもつながります。

また、UV照射による皮膚反応の実験では、ヘリオケアを服用している肌は服用していない肌に比べ、紅斑が少ないという結果がでています。

[皮膚構造維持作用]肌のコラーゲンを保護

紫外線によってできるシミやシワなどを“光老化”と呼びます。光老化は、線維芽細胞への直接的な損傷とMMP(マトリックス分解酵素)増加によるコラーゲン減少が原因です。
ヘリオケアは、線維芽細胞のダメージを減少させ、MMP(マトリックス分解酵素)の生成を抑制します。そのため、肌のコラーゲンが保護され、光老化を軽減させます。

ジェルの併用で、より確実な日焼け対策

ヘリオケア(飲む日焼け止め)の有効成分「Fernblock®」を配合した日焼け止めジェルもご用意しています。SPF(紫外線防御指数)90のため、何も塗っていない肌よりも日焼けによる赤い斑点が現れるまでの時間を90倍延ばすことができます。

つけ心地は、さっぱりとしており伸びが良く、白浮きしません。
無香料ですが、ピーチのような天然の微香がします。

仕事・スポーツなどで長時間日光に当たる場合やレーザーなどの美容皮膚科治療をされている方は、飲む日焼け止めとの併用で、より確実な紫外線対策が可能です。

飲む日焼け止めとの併用をおすすめするシーン

配合成分

カプセルタイプ (飲む日焼け止め)

Fernblock®、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンE、ルテイン、リコピン(化学薬品は一切使用していません)

ジェルタイプ (塗る日焼け止め)

Fernblock®、グリーンティーエクストラクト

使用方法

カプセルタイプ
(飲む日焼け止め)

日光を浴びる30分前に1カプセル服用します。長時間日光を浴びる場合は、4時間後に1カプセルを追加服用してください(サプリメントとして摂取する場合は、毎朝1カプセル服用)。

※飲みにくい場合は、ジュースやヨーグルトと一緒にお飲みください。
※妊娠中・授乳中の方は服用いただけません。

ジェルタイプ
(塗る日焼け止め)

従来の塗る日焼け止め同様、日焼けを防ぎたい箇所に塗布してください。

Q&A

Q. 副作用はありますか?

A. シダ植物Polypodiumleucotomos(Fernblock®)は中央アメリカとヨーロッパにおいて、アトピー性皮膚炎や白斑などの患者に25年以上前から伝統的に使用されていますが、いずれにおいても副作用の報告はありません。

Q. 日に当たるどれくらい前に飲むと効果的ですか?

A. 日光を浴びる30分前に1カプセル服用してください。また、長時間日光を浴びる場合は、4時間後に1カプセルを追加服用することで、効果を持続させることが可能です。

Q. 子どもでも服用できますか?

A. 4歳以上を推奨しています。この年齢から、子どもの体は栄養サプリメントを服用するのに十分発達していると考えられているためです。

Q. 妊娠・授乳中でも服用できますか?

A. 毒性はありませんが、一般的な経口製剤と同様に、妊娠中または授乳期間中の使用は推奨できかねますので、処方は行っておりません。

こんな施術も

N-トレチノイン (0.05%トレチノインカプセル製剤)シリーズ処方


美白剤として知られるトレチノイン(レチノイン酸)は皮膚のターンオーバーを早め、細胞の生まれ変わりを助け、シミ・シワを効果的に改善します。

センシル


しみ・くすみの原因を抑制するほか、肌に潤いを与えます。 高濃度のピュアビタミンC(純濃度L-アスコルビン酸25%)配合、医療機関専売の美容液です。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る