このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ヒアルロン酸だけで、すべてのシワを治そうとしていませんか

しかし、一概に「シワ治療」といっても、シワの部位や原因によって使う薬剤も、治療法も異なります。
シワは大きく分けて2つ①表情ジワ②固定ジワがあります。

「眉をひそめる」「眉毛を挙げる」など筋肉を動かすことで眉間やおでこ、目尻などに表れるシワです。 表情ジワは、笑ったりなど表情を動かす時にのみ、一時的に表れるため、初期症状では気づきにくい傾向があります。しかし、表情ジワが繰り替えされることで、やがて固定ジワに変化し、表情を動かさなくても深く、くっきりとシワが刻みこまれてしまいます。

代表的な治療として「ボトックス注入法」があります。 表情ジワの原因である筋肉の動きを弱める作用を持つ薬剤をシワが気になる部位に注入し、シワを作らないようにすることで、症状を改善する方法です。 ボトックス注入は手軽にできる反面、注入の仕方を間違えてしまうと、不自然な表情になってしまったり、無表情になってしまう場合があるため注意が必要です。

当院のボトックス治療では、注入部位や量だけでなく、注入する深さ、患者様の筋肉の動き具合など全てを確認した上で治療します。また、使用する薬剤は、FDA(米国食品医薬品局)の認可を得た安全なボトックスのみを使用。種類によって、皮内での薬剤の広がり方が違うため、シワの特性と症状によって、使い分けています。これにより、繊細な仕上がりが叶います。 その他、医師が開発したシワ治療クリームやその他注入治療との組み合わせもご提案しています。

無表情の状態でも、ほうれい線などに深く、くっきりと定着してしまったシワです。加齢により、肌の水分保持能力が低下したり、皮膚のハリを保つコラーゲン生成が低下することで、弾力が失われシワが元に戻らなくなってしまいます。

ヒアルロン酸やご自身のPRP(多血小板血漿)を注入するPRP療法の他、薄いシワにはマシン治療によって肌にハリを甦らせることで改善に導くこともできます。

当院のPRP療法では、PRPにグロースファクター(成長因子)を適量添加することで、従来では難しかった深いシワにも優れた効果が期待できます。

口元の深いほうれい線の治療をする場合、単に、シワの溝を埋めるだけでなく、頬の膨らみ具合や年齢による肌の状態なども確認して注入。注入量・部位・層にもこだわり、治療します。また、皮膚のたるみによる固定ジワには、真皮層からたるみを引き上げるマシン治療が適用になる場合もあるため、患者様の症状に合わせて治療プランのご提案をしています。

以下のグラフは、30~69歳の女性400名を対象に「自身が一番気になる老化症状は何ですか?また、他人の顔で気になる症状は?」の問いに対するアンケート結果です。

本人はシミが一番、気づきやすいようですが、他人の顔を見る時には「シワ」に目がいくことがわかります。ご自身の顔を、まじまじと鏡で覗き込んでいる時は、たいてい無表情であることが多いと思います。しかし、誰かと楽しい会話をしていると、笑ったり表情が変化します。その時、シワが現れ目に留まりやすいのかもしれません。

目尻に広がる細かなシワ。目元はシワだけでなくタルミなどの老化症状が目立つ部位です。 同じような笑いジワでも、年齢や症状、シワの出方によって治療法はさまざまです。 患者様一人一人に合わせた組み合わせ治療も行っています。

こちらは40代の女性の方です。この方の場合、目尻のシワに加え、目の上のくぼみにより、もともと二重だったラインが三重になっています。目の上の痩せも見た目年齢を上げてしまうマイナスポイントです。今回、表情によって深くなってしまうシワをボトックス注入で改善し、くぼみ目をプレミアムPRP皮膚再生療法という部位・症状で、治療を組み合わせています。

eye-area-main-photo.jpg
笑った時
eye-area-smile-before.jpg

Before

eye-area-smile-after.jpg

After

強く目をつぶった時
eye-area-close-before.jpg

Before

eye-area-close-after.jpg

After

口元のほうれい線は、加齢とともに長く、深く刻まれるため、顔全体の印象に影響が出やすい部位です。年代を問わずお悩みの方が多いシワです。

60代の女性の方です。ほうれい線と上口唇をプレミアムPRP皮膚再生療法で治療しています。治療後7ヶ月経過した術後写真では、細かなシワも自然に解消がされているのがわかります。

ほうれい線や目尻のシワの他にもおでこのシワもお悩みとして多い部位です。面積が広く、つい眉を上げてものを見たりするくせのある方は特に深くなってしまいます。両眉の上あたりに存在する、皺眉(すうび)筋は、人によって力の入れ方が違うため、筋肉の動きなども考慮して治療をすることがポイントです。

40代の女性の方です。ボトックス注入は手軽な反面、表情筋を緩める作用を利用した治療です。

美容皮膚科コラム

女性よりもできやすい男性のニキビ

女性よりもできやすい男性のニキビ

原因は皮脂分泌量の多さ

リンク

なぜ、背中ニキビはひどくなりやすい!?

なぜ、背中ニキビはひどくなりやすい!?

出来やすい人の特長は?

リンク

美肌の“専門(プロ)”とは?

美肌の“専門(プロ)”とは?

皮膚科“だけ”の病院が、本当に専門?

リンク

最適な選択を!!

最適な選択を!!

使い分けが大切です!

リンク

奥が深い美肌治療

奥が深い美肌治療

落とし穴に要注意!

リンク

ニキビの原因と治療法

ニキビの原因と治療法

思春期ニキビ?大人ニキビ?それぞれの対処法は?

リンク

レーザーと光治療って何が違うの?

レーザーと光治療って何が違うの?

当院の美肌治療専門医が違いについて解説!

リンク

あなたのシミの治療法は?

あなたのシミの治療法は?

実はマシンによって、治療できるシミの種類も違います

リンク
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る