チロシナーゼとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

チロシナーゼ

印刷あとで読む
読み:ちろしなーぜ|英語名:tyrosinase
カテゴリ:美容皮膚科

チロシナーゼは、皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素です。

肌は紫外線をはじめ、ストレスや大気汚染などの刺激を受けると、活性酵素が肌の表面に発生し、表皮の角化細胞から色素形成細胞であるメラノサイトへ情報伝達物質が送られます。その結果、活性化するのがチロシナーゼです。メラニン色素の生成には、この酵素が深い関わりを持っています。

生成されたばかりのメラニンには、チロシンと呼ばれるアミノ酸ですが、酵素チロシナーゼが活性化することにより、チロシンが黒色メラニンに変わります。メラニンが生成されること自体は、肌の正常な反応ですが、紫外線を浴び過ぎたりなど、過剰にメラニンが生成されると、肌の新陳代謝が遅れてしまい、メラニンが表皮に沈着し、シミへと変化します。

このチロシナーゼを抑えれば、黒色メラニンが生成されず、美白へとつながります。美白化粧品を研究している企業では、チロシナーセ抑制成分について多様な実験を行い、美白化粧品を商品化しています。年齢と共に減っていく酵素ですが、髪の色もメラニン色素と関係があり、チロシナーゼ減少によりメラニン色素も減り、髪の黒い色が抜けていき白髪に変わっていきます。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る