メラノサイトとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

メラノサイト

印刷あとで読む
読み:めらのさいと|英語名:melanocyte
カテゴリ:美容皮膚科

メラノサイトは、シミの元になるメラニンを作り出す細胞で、表皮の中でも最も深く、真皮に近いところにある基底層の中に存在しています。

肌は紫外線を浴びると、体を守るためにメラニンを作るよう信号を出します。この信号を受け取ると、メラノサイトは自身の内部にあるチロシナーゼという酵素を使って血液中のチロシンからメラニンを生成し、メラノソームという小胞に貯め込みます。ここが充満するとメラニンはケラチノサイトに渡され、そこで細胞核を紫外線から守る働きをします。

基底層の細胞は分裂によって徐々に上へと押し上げられ、およそ1ヶ月後には角質から垢となってはがれ落ちます。これをターンオーバーといい、メラニンも通常であればこのターンオーバーに従って垢と一緒に排出されます。ところが何らかの要因でターンオーバーが乱れていたり、あるいは長時間紫外線を浴びすぎてメラニンが大量に生成されていたりすると、この排出が正常に行われずに沈着し、シミとなります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る