表皮とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:ひょうひ|英語名:Epidermis
カテゴリ:美容皮膚科

皮膚は大きく分けて表皮、真皮、皮下組織の3つに分けることが出来ます。表皮の厚さは0.2mm程度になっており、それが角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層に分かれていて、美容に大きく関わる部分になっており、外界から肌を守る大事な役割を持っています。

美容で表皮の入れ替わりのことを、ターンオーバーと言いますが、それは1番下にある基底層で表皮細胞が作られ、有棘層で栄養や酸素を補い、分裂しながら押し上げられていきます。約28日かけて角化しながら角質層にたどり着き、垢となってはがれ落ちるサイクルのことを言います。このターンオーバーが正常に行われていると、肌は透明感がありきれいで理想的な状態ですが、紫外線を浴びた時や年齢とともに、ターンオーバーの速度が遅くなると、シミなど肌トラブルが起こってしまったり、傷の治りも遅くなり残りやすくなってしまいます。

また角質層の厚さが増すと、肌がくすんで硬くなってしまったり、しわの原因にもなります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る