このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

サーミRF(サーミタイト、サーミスムース)

顔・カラダのあらゆるたるみを引き締める。サーミRF

高周波で、顔・全身のたるみを改善

たるみを撃退
目元
頬~あご
ボディの
たるみに
負担が軽い
ダウンタイムが
少ない
最新マシン治療
痛みの
リスクも
最小限
サーミRF

サーミRFとは高周波を皮下組織に照射し、発生する熱で皮膚の引き締めを行う最新マシン治療です。顔の「2大たるみ」(目もと、頬~あごのライン)のほか、体全体のたるみ(二の腕、お腹、お尻、ひざなど)を効率よく強力に引き締めることができます。
FDA(米国食品医薬品局)に認可されており、ASPS 2013(米国形成外科学会)にてBest of Hot Topics 2013に選ばれています。
※施術は東京院で受けることができます。

 

極細カニューレで、頬~あごとボディのたるみに直接アプローチ

カニューレ

直径2~3mmのカニューレを皮下に挿入し、高周波を照射すると、筋膜がタンパク質を変性。線維組織がギュッと引き締まります。
少ない負担ながら、施術直後から引き締まりを実感できる即効性に秀でた施術です。

目もとのたるみは切らずに治療

目もとの治療

皮膚が薄く繊細な目もとのたるみには、目もと専用のアタッチメントで皮膚の外側から切らずに高周波を照射。直後から目もとの軽さを実感できます。

効果はしっかり、火傷の心配なし

サーミRFサーモグラフィ

施術中は赤外線カメラとサーモグラフィで継続的に照射部の温度をモニタリングします。
効果の出る設定温度に到達するまで確実に高周波を流すため、高いリフトアップ効果が得られるほか、火傷の心配もありません。

 

コラーゲン生成効果でハリ・ツヤもアップ

熱によって一時的にダメージを与えられた皮下組織が、細胞を修復しようと成長因子を大量に放出。肌の弾力のもととなるコラーゲンの生成が促され、数週間後をピークにハリツヤ感が蘇ります。

症例

Before
After
Before
After
Before
After

当院のサーミRFへの取り組み

サーミRFの権威、Dr.Cohenとの技術連携

当院でのサーミRFの導入は、全米のTOPドクター10人の1人に選ばれた形成外科医で、サーミRFの権威ドクターでもあるSTEVEN R. COHEN, MD,(スティーブン・コーエン医師)と2008年からの国際的な技術交流により実現しました。

現在、アメリカではコーエン医師を始めとする形成外科医によりサーミRFを利用して様々な症例への応用が広がってきています。その中でコーエン医師は「日本人向けにサーミRFを適切に広めていくには、聖心美容クリニックおよび鎌倉統括院長と技術連携を進めていきたい。」と、当院が指名を受けたことがきっかけです。
聖心美容クリニックではコーエン医師と継続的に密な連携を図り、より良い診療を行ってまいります。

当院では
幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)
セリューション若返り術(脂肪組織由来幹細胞移植)
ピュアグラフト豊胸術(濃縮脂肪注入)
ベイザーリポ2.2脂肪吸引
の施術にて、当院からの技術供与、コーエン医師からの技術供与をお互いに続けていています。

2009年コーエン医師より招待を受け渡米
2014年コーエン医師によるサーミRFのデモ

Dr.Cohenプロフィール

Dr. Steven R. Cohenプロフィール写真

1980年 George Washington医科大学卒業。
1980年~1990年 心臓血管外科、一般外科、形成外科など多くの病院で経験を重ね、Reconstructive外科、CRANIOMAXILLOFACIAL AND FACIAL PLASTIC SURGERYの資格を獲得。現在はFacex+クリニックで院長とSan Diego市こども病院の形成外科教授を勤める。
FDA臨床試験を14回経験し、文献は100報以上を出版。
全米のTOPドクター10人の1人に選ばれたトップ形成外科医。

施術の流れ

STEP1無料カウンセリング

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。 ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2施術

カニューレを挿入し高周波を照射します。
赤外線カメラにより映し出されたサーモグラフィを確認しながら挿入部の温度をモニタリングします。

STEP3施術後

麻酔を使用するため痛みはほとんどなく、腫れや内出血も3日~1週間で引いていきます。

STEP4施術後の経過

施術部位によっては内出血、術後の鈍痛や違和感などを緩和するために固定が必要です。
医師の指示に従ってください。

ダウンタイム

処置時間

約30~60分(照射部位、範囲により異なります。)

日常生活

シャワーは当日から可能です。入浴は約1週間後から可能です。

腫れ・赤み

術後に多少の腫れが生じますが、翌日~1週間程度でおさまります

効果

加熱による皮膚の収縮とコラーゲン生成の相互作用で、高い引き締め効果を実感していただけます。

副作用情報

極稀に、注入部位の腫れ・赤み・熱感等の症状が見られる場合があります。症状が持続する場合は、感染などの可能性がありますので、早めに当院医師の診察をお受けください。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

若返り・アンチエイジング関連コラム

ヒアルロン酸いろいろな種類があるって本当?
NEW

ヒアルロン酸

いろいろな種類があるって本当?

今さら聞けないヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは?
NEW

今さら聞けない

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは?

マシンによるアンチエイジング生理前や生理中でも大丈夫?
NEW

マシンによるアンチエイジング

生理前や生理中でも大丈夫?

更年期世代には予防を目的とするアンチエイジング

更年期世代には

予防を目的とするアンチエイジング

ほうれい線治療でPRP皮膚再生療法を受けたらどうなる?

ほうれい線治療で

PRP皮膚再生療法を受けたらどうなる?

溝を埋めるだけじゃない?選べるほうれい線治療

溝を埋めるだけじゃない?

選べるほうれい線治療

骨粗鬆症がほうれい線を悪化させる?ほうれい線の本当の原因教えます?

骨粗鬆症がほうれい線を悪化させる?

ほうれい線の本当の原因教えます

ほうれい線ってしわじゃないの?目立つ人と目立たない人の違いとは?

ほうれい線ってしわじゃないの?

目立つ人と目立たない人の違いとは?

顔、くすんでいませんか?血行不良はお肌の最大の敵

顔、くすんでいませんか?

血行不良はお肌の最大の敵

初期のたるみから重度のたるみまで 進行度合いで選ぶべき施術も違う

初期のたるみから重度のたるみまで

進行度合いで選ぶべき施術も違う

熱心なたるみ対策が逆に肌の老化やトラブルを招く?

熱心なたるみ対策が

逆に肌の老化やトラブルを招く?

糸の種類も多様なリフトアップ そのたるみ、切らずに改善します!

糸の種類も多様なリフトアップ

そのたるみ、切らずに改善します!

自分の何が老化を感じさせるの?タイプ別に見る老化ポイントチェック

自分の何が老化を感じさせるの?

タイプ別に見る老化ポイントチェック

あなたのお肌、マッサージで悲鳴を上げていませんか?

あなたのお肌

マッサージで悲鳴を上げていませんか?

若返りとアンチエイジング、ちがいを理解して最適な施術をみつける

若返りとアンチエイジング

ちがいを理解して最適な施術をみつける

しわ改善技術の最前線:プレミアムPRP皮膚再生療法
おすすめ

しわ改善技術の最前線

プレミアムPRP皮膚再生療法

ボトックスは怖くない!実は表情じわに効果絶大
おすすめ

ボトックスは怖くない!

実は表情じわに効果絶大

しわの種類をチェック!あなたのしわはどのタイプ?

しわの種類をチェック

あなたのしわはどのタイプ?

深く刻み込まれたしわ、まだあきらめないで!

深く刻み込まれたしわ

まだあきらめないで!

コラーゲンやプラセンタ、化粧品やサプリでも効果はあるの?

コラーゲンやプラセンタ

化粧品やサプリでも効果はあるの?

やっぱり若く見られたい!教えてドクター!緊急アドバイス

やっぱり若く見られたい!

教えてドクター!緊急アドバイス

「おねえさん」最後にそう呼ばれたのはいつ?加齢と顔の変化について

「おねえさん」最後にそう呼ばれたのはいつ?

加齢と顔の変化について

あなたは何たるみ?たるみ治療をご検討中のすべての方へ

あなたは何たるみ?

たるみ治療をご検討中のすべての方へ

若返りの効果が数年持続!患者様の満足度が特に高い施術をご紹介

若返りの効果が数年持続!

患者様の満足度が特に高い施術をご紹介

サロンに行く感覚で目指すのは、少女のようなふっくら素肌

サロンに行く感覚で

目指すのは、少女のようなふっくら素肌

溶ける糸、溶けない糸…種類いろいろ糸を使ったリフトアップを徹底解説!

溶ける糸、溶けない糸…種類いろいろ

糸を使ったリフトアップを徹底解説!

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る