土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

若返り
Antiaging

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

目の下の脂肪取り(経結膜下脱脂法)の特長 Featurse

目の下の脂肪取り(経結膜下脱脂法)とは

目の下のくまやたるみ、ふくらみは加齢ととも目立ってきます。その原因となっているのが眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる、眼球の下の脂肪がはみ出すことで起こる下まぶたのふくらみで、目袋とも言われています。経結膜下脱脂法では、下まぶたのふくらみの原因となる脂肪をまぶたの裏側から取り出すことで、くまやたるみを改善します。皮膚を傷つけることなく簡単に改善でき、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施術です。

当院の経結膜脱脂法

目の下にある眼窩脂肪は、内側・中央・外側の3つのコンパートメント(部位)に分かれています。通常、中央部分のみを取り出して終えてしまうケースがありますが、この場合中央部が凹んだ状態になってしまうことがあります。すると皮膚が平らにならず、しわが目立ったり、時間の経過とともに状態が戻ってしまったように見えてしまいます。当院では、患者様の状態にあわせて、3つのコンパートメントからバランスよく脂肪を取り出すことで、治療後の皮膚も平らで滑らかな状態となり、より美しい仕上がりを実現できるのです。

くま・たるみのメカ二ズム~なぜクマやタルミはできるの?~

眼球は、ロックウッド靱帯というハンモック上の靱帯によって吊るされていますが、加齢とともにこの靱帯が緩み、眼球が下垂します。すると眼球の下にある眼窩脂肪が圧迫され、前方に突出し下まぶたの組織を押し出すため、ふくらみがでて、くまとなるのです。

1.眼球の下垂による眼窩脂肪の突出

眼球を支えるロックウッド靱帯が緩み、眼球が下垂します。すると眼球下部の脂肪が圧迫され前方に飛び出しくまやたるみとなります。

2.下まぶたの皮膚や眼輪筋などの緩み

下まぶたの皮膚、眼輪筋、眼輪隔膜などが緩み、それによって眼球下部の脂肪が前方に飛び出しくまやたるみとなります。

3.頬の皮膚のたるみ

加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで、下まぶたのふくらみがより強調されくまやたるみとなります。

施術の流れ Flow

STEP1仕上がりのデザイン

くまやたるみの状態を見て、切除する脂肪の部位をコンパートメントごとにマーキングします。またどのコンパートメントの脂肪をどれだけ取り出すのか、あらかじめ決めておきます。

STEP2局部麻酔

下まぶたの裏側に局所麻酔を行います。

STEP3結膜部分の切開

下まぶたを裏返して結膜部分を1cm程切開し眼窩脂肪を押し出します。

STEP4脂肪の切除

押し出された脂肪のうち、くまの原因となっている脂肪を切除します。切除後は、止血を行えば終了です。デザインから切除まで約30~40分程度です。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について
  • ※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。
  • ※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

目の下の脂肪取り(経結膜下脱脂法)についてよくあるご質問

64才の主婦です。 若いころから目の下のクマが目立っていました。最近はたるみ、ふくらみ、黒っぽい感じもとても目立って憂鬱な毎日です。家の事情で毎日外出しなければなりませんが人と顔を合わせるのが苦痛なくらいです。 カウンセリングを受けたいとは思っておりますが、その前にどの程度の施術になるのか知りたいと思いました。あまり腫れたりすることなくすぐ外出も可能かどうか知りたいです。 目の下の裏側の切開のみで大丈夫でしょうか。脂肪を取った後皮膚はたるまないのでしょうか。宜しくお願い致します。
目の下のクマ治療は状態・求める効果・受け入れられるダウンタイムなどによって方法が違ってきます。 実際にはどの方法が良いかは、直接状態を拝見させて頂き、ご希望を伺ってみないとその選択は難しいですね。 例えば、目の下の裏側の切開のみ(経結膜脱脂)であれば、たるみの少ない方ですと著明な改善が得られます。たるみの程度が強い方ですと膨らみは取れますがたるみが残りますので、やはり皮膚側から手術をして皮膚のたるみも取った方が良いということになります。 また、経結膜脱脂の場合表側に傷は出来ませんので、お化粧は翌日から可能です。皮膚側を切る場合に比べると軽いですが、腫れや内出血が出る可能性はあります。
目の下のたるみが悩みで、経結膜脱脂を検討しています。適応するか一度カウンセリングを受けてみたいと思っています。また、仕事の都合上、休暇を取るタイミングが難しく、何日くらいみておけばよいのかも個人差があるかと思います。 不安がありなかなか踏み切れません。
まずは手術の適応があるかどうか、無料カウンセリングにお越し下さい。 手術後は2~3日はむくみが出る可能性があることと、10~20%で内出血が出ることもありこの場合は腫れが少し長引いたり、メイクをしても少しカバーがしにくいこともあります。休みは出来れば3~5日程度取れると良いでしょう。 通常は両側同時に手術をしますが、どうしても休みが取りにくい場合や、術後経過がご不安であれば片側ずつ行う方法もあります。 また場合によってはプレミアムPRP皮膚再生療法(血小板と成長因子の注射)が向いている場合もありますので、一度お気軽にご相談にお越し下さい。 お話を聞いていただければご不安もかなり解消されると思いますよ。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける