N-COG(エヌコグ)とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:えぬこぐ|英語名:N−COG
カテゴリ:若返り・アンチエイジング

N-COG(エヌコグ)は、顔のリフトアップに使用する糸で、皮下に挿入することでしわやたるみを改善し、小顔効果も期待できます。

コグとは、糸についた棘のようなものをいいますが、N-COGの場合はコグ部分が大きいためリフトアップ効果が高いのが特徴です。リフトアップにはコグではなくコーンの付いた糸を使うこともありますが、効果が高いものの内出血や糸の出口のくぼみが施術後しばらく目立つという難点があります。N-COGの場合はそうした心配はなく、また先の丸いカニューラで挿入するため施術時の痛みも少なくなっています。

N-COGを挿入すると真皮層に刺激が与えられ、それによってコラーゲンが増産され肌にハリが出るという効果もあります。糸自体は手術の縫合にも使われているPDOという素材でできており、徐々に溶けて体に吸収されるため抜糸をする必要はありません。効果の持続期間は1~2年といわれていますが個人差があり、特にたるみの強い人は糸の本数を増やすことで効果を長持ちさせることができます。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る