土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

若返り
Antiaging

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

肝斑(かんぱん)治療の特長 Featurse

肝斑治療とは

  • 内服薬・外用薬・メディカルコスメで治療
  • レーザー・光マシンで早期改善も可能
  • 最新の肝斑治療マシンを導入

肝斑とは?

両頬や額、下顎、鼻の下に左右対称性にある、地図のようにべったりとして見えるものが肝斑です。肝斑は、30代以降に発症する後天性のしみです。40代以降の女性では、潜んでいる薄い肝斑を含めると50%近い方に肝斑が見られます。紫外線と女性ホルモンが強く関係しているといわれますが、現在の医学でもはっきりした原因は不明です。

肝斑の特長
  • 両頬、額、下あご、上口唇(鼻の下)に左右対称に存在する
  • 地図のようにべったりとして見える
  • 女性ホルモンの関与が疑われる(更年期、ピル内服中など)
  • 妊娠、出産時期に出現したまま改善しない

当院の治療方法

当院の肝斑治療では、まずトランサミン(トラネキサム酸)の内服薬と美白剤などを含むメディカルコスメや外用薬(処方薬)を併用した治療を患者様のお肌に合わせてご提案しています。

メディカルコスメ
  • N-トレチノイン

    トレチノインを非常に小さい粒子(ナノカプセル化)にすることによって、安全性と効果を高めることに成功した美白クリーム。肌へ浸透しやすく、皮膚表面に残りにくくなったため、副作用が低減。白く透き通った肌へ導きます。

    料金:1本(10g) 8,000円[税抜]

  • ナノメッドHQエッセンス

    しみの原因となるメラノサイトの活性化を防ぐ「ハイドロキノン」と表皮のターンオーバーを促進する「ナノキューブ」を配合したプライトニングエッセンス。肌をみずみずしく保ち、表皮のターンオーバーを促進。新しいしみ・肝斑を作らせないようにします。N-トレチノインとの併用がおすすめです。

    料金:1本(10g) 5,200円[税抜]

  • ルミキシル

    皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合。「強力な美白力」と「肌への優しさ」を兼ね備えた次世代型美白コスメ。加齢や紫外線によるしみ・肝斑・くすみ・色素沈着を改善します。敏感肌の方でも安心して長期間お使いいただけます。

    料金:1本(30ml) 15,000円[税抜]

外用薬(処方薬)

ハイドロキノン

しみの原因となるメラノサイトの活性化を防ぐ働きがある外用薬。今あるしみ・肝斑をキレイにし、さらにこれからできるしみ・肝斑も予防します。

料金:1本(5g) 5,000円[税抜]

レーザー・光治療

早期に改善したい方には、さらにレーザーや光治療を受けていただくことができます。従来のレーザー治療では、一時的にメラニン色素を減らすことで肝斑を薄くしていましたが、メラニンの再産生により、元に戻ってしまうことが多くありました。また、レーザーの刺激そのものがメラニンの産生を活発にしてしまい、治療前よりも肝斑が悪化するリスクもあり、肝斑はレーザーでの改善は困難でした。また、メラニン色素周辺の細胞にも照射されるため、肌へ大きなダメージを与えていました。当院のマシン治療では、数回の照射でメラニンを徐々に破壊していくことで、肝斑が元に戻ったり悪化したりすることなく、少しずつ改善していきます。細胞の中にあるメラニン色素だけにレーザーや光(IPL)の熱を与えることができるマシンを取り揃えているため、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

従来のレーザーと当院のマシン

当院のレーザー・光治療マシン

当院の肝斑レーザー・光治療は、肝斑・シミ色素だけを選択的に破壊し、熱エネルギーによるメラニン細胞の刺激を最小限に抑えることのできる最新技術で、肝斑を悪化させることなく改善します。

当院では、肝斑やしみ治療に適した最新レーザー機器と「スペクトラVRMⅢ(札幌・横浜院) 」と「トライビーム(東京・大宮・熱海・名古屋・大阪・広島・福岡院)」、光治療機器(IPL:フォト治療)「スムースクール(東京院)」を導入しています。

複数の波長を持つため、シミ・肝斑・ソバカスだけでなく、血管の浮き、ニキビ、ニキビ跡、毛穴の黒ずみなど、幅広い症状の治療が可能です。照射時の痛みも少なく麻酔も不要の安心なレーザーです。

詳細はこちら

スペクトラVRMⅢ(札幌・横浜院)

「スペクトラVRMⅢ」は、532nm(SHG:YAGレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー)の2波長をもつ医療用QスイッチYAGレーザーで、世界30カ国で使用されている実績があります。 シミ・ほくろ・いれずみ等の除去はもちろん、従来のレーザーでは治療が困難とされていた「肝斑(かんぱん)」の治療(レーザートーニング)を可能にした高性能なQスイッチYAGレーザーです。入れ墨の除去にも優れた効果を発揮します。また、レーザーカーボンピーリングによる「毛穴・にきび治療」も可能です。

※スペクトラVRMⅢは札幌院・横浜院 限定の施術です。

※当院ではスペクトラVRMⅢによる「シミ・そばかす」、「毛穴の開き・黒ずみ」、「ニキビ・ニキビ跡」の治療も行っています。

特長
  • シミ・ソバカス・アザ・タトゥー・アートメイクの除去など幅広い治療に適応
  • 他のレーザーでは治療が困難な肝斑(かんぱん)も治療可能
  • 高出力・低パルス幅の照射法で効果を最大化
  • 痛みもほとんどなく、治療は短時間で終了
  • メラニン色素をもつ細胞だけに反応し、周辺組織を傷つけない
  • シミ・ほくろ・入れ墨などの色素だけを除去し、傷痕を残す心配はほとんどない
  • レーザーカーボンピーリングにより、毛穴の開き・黒ずみ・にきびを改善
  • ピーリング効果で肌にハリ感とつやを与える
トライビーム(東京・大宮・熱海・名古屋・大阪・広島・福岡院)

トライビーム(TRI-BEAM/Jeisys社製)は、532nmと1,064nmの2つの波長のレーザー光により治療を行うQスイッチNd:YAG(エヌディーヤグ)レーザーです。このレーザーでは、太田母斑や潜在性母斑などのアザの除去から、刺青・アートメイクの除去、そばかすやホクロの除去などを治療でき、さらに肝斑の治療として注目されている、レーザートーニングによる治療も可能です。

※ トライビームは東京・大宮・熱海・名古屋・大阪・広島・福岡院限定の施術です。

世界初のGen Technique™機能搭載!治療対象だけに集中照射が可能

Qusai-Long PulseによるGen Technique™という世界初の大変ユニークな機能をQスイッチNd:YAGで初めて実現。この機能により、レーザーの照射サイズは小さく抑え、照射エネルギーはより強力に。小さな治療部位に対し、ごく短時間の照射で済むため、真皮に十分な熱を与えつつ他の正常な肌には不要なダメージを与えません。

安全な照射を可能にするMultiplex-Pulse™ Technology機能搭載

ハイパワーを安全に照射できる特殊なMultiplex-Pulse™Technology機能を搭載。この機能を使用した「レーザートーニング」では、従来のレーザーでは悪化することもあったシミの一種「肝斑」も安全に治療することが可能です。

スペクトラVRMⅢとトライビームで肝斑治療が可能な理由

患部に均一に・マイルドに作用する“トップハット型”の照射が可能

通常のレーザー光は、治療部位一か所に集中してぐっと刺さるような「ガウシアン型」で照射されます。これはシミ治療には効果的なのですが、肝斑治療には不適です。肝斑治療には、台形型で、患部に均一に・マイルドに作用する「トップハット型」のレーザー照射が適しています。スペクトラVRMⅢおよびトライビームは、「ガウシアン型」「トップハット型」の2種類のレーザー光を切り替えて照射可能なレーザー機器です。そのため、シミ治療にも肝斑治療にも適しています。

ガウシアン型とトップハット型
スムースクール(東京)

スムースクールは従来のレーザーや光治療の優れた機能を取り入れ、デメリットを改良した、安全性の高い光治療(IPL:フォト治療)マシンです。3つの波長を兼ね備えているため、肝斑・シミなどの色素疾患治療だけでなく、レーザーの照射部品(アタッチメント)を替えることで、脱毛も可能です。

レーザー照射による肌のダメージを最小限に抑える強力な冷却装置を搭載しているため、安全性が高いのが特長です。

※スムースクールは東京院 限定の施術です。

※当院ではスムースクールによる「シミ・そばかす」、「ほくろ除去」、「毛穴の開き・黒ずみ」、「ニキビ・ニキビ跡」「脱毛」の治療も行っています。

特長
  • 従来のレーザーと光治療機のメリットを兼ね備えた次世代の光治療マシン
  • シミ・ソバカス・アザ・タトゥーだけでなく、ホクロの除去も可能
  • 他のレーザーでは治療が困難な肝斑(かんぱん)も治療可能
  • 高性能冷却システム搭載で痛みもほとんどなく、安全性が高い
  • メラニン色素をもつ細胞だけに反応し、周辺組織を傷つけない
  • シミ・ほくろ・入れ墨などの色素だけを除去し、傷痕を残す心配はほとんどない
  • レーザーカーボンピーリングにより、毛穴の開き・黒ずみ・にきびを改善
  • ピーリング効果で肌にハリ感とつやを与える

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師によるカウンセリングを行い、患部の状態に適した波長を選択します。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2プレケア(オプション)

メラニン生成を抑制する美白ローション塗布

レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。

防止策として、照射前に「センシル(高濃度ビタミンC美容液)」、「ルミキシル(次世代型クリーム)」、「N-トレチノインシリーズ(N-トレチノインカプセル製剤)」、「ハイドロキノン」の併用が効果的です。

STEP3レーザー照射

レーザーまたは光(IPL)を照射します。基本的に麻酔は使用しませんが、痛みに敏感な方には、麻酔クリームもご用意していますのでご安心ください。

STEP4ふき取り

照射直後に消毒剤で皮膚表面を拭きとり終了となりますが、アフターケアのローションを併用されることをお勧めしております。

STEP5ローション塗布

メラニン生成を抑制する美白ローション塗布

レーザーや光(IPL)照射後も、プレケア同様にメラニン生成を抑制するローションを塗布することで、より効果が高まります。 また、「ビューティーエナジーPQQプラス(医師監修ビタミンサプリメント)」をお飲みいただいて、体の内側から美肌づくりをサポートするのも良いでしょう。

治療回数
治療期間(初回) 肝斑治療の場合、3~4週間に1回のペースで7~12回の治療が目安です。
薄いシミ除去は1回の照射で消えることがほとんどです。
以降 患部の状態に応じて判断します。

その他、ご心配なことがございましたら、些細なことでもご遠慮なくお問合せください。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

肌の状態 施術当日よりメイクも可能です。
照射部に若干の赤みが生じる場合がありますが、1~2時間で落ち着きます。
腫れはほとんどありません。
皮膚が敏感になっていますので、お渡ししたローションでしっかり保湿をしてください。
痛み 施術当日は若干ヒリヒリする場合がありますが、すぐに落ち着きます。
日常生活 患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めを常用してください。
シャワーは当日から可能です。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
身体を洗う際は、照射部を強くこすったりしないようにしてください。
医師の指示のもと、処方薬を所定の期間塗布してください。
レーザーや光(IPL)による反応性の色素沈着が稀に起こる場合があります。防止策として、ハイドロキノンやビタミンC美容液(センシル) の併用が効果的です

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける