閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

Q&A 詳細

目下のたるみ、膨らみがきになります。

60代の男性です。どのくらい前かは忘れましたが、目下のたるみ、膨らみが、気になり某会社のクリームを試してみましたが効きませんでした。その後、貼るパッチを一年間続けましたが一向に効果がなく最近止めることにしました。 日に日にとは大げさかもしれませんが、酷くなっていく気がして毎朝鏡を見るのがつらくなってきました。64歳なので老化は仕方ないと思いますが、目下の膨らみだけは治していただきたいと思っております。 良い治療法を考えていただければ助かります。

ドクターからの回答

統括院長

鎌倉 達郎

男性で同じようなお悩みの方は多くいらっしゃいます。
治療法としては、
① ヒアルロン酸やプレミアムPRP皮膚再生治療などの注入療法
たるみを膨らますことによって改善させます。膨らみが強い場合は、膨らみが少し残ります。

② 経結膜下脱脂法
下まぶたの結膜(あっかんべーした時に出る赤い部分です)を切開して膨らみの原因である脂肪を切除します。皮膚を切らないので傷跡は残りません。

③ ハムラ法、下眼瞼徐皺術
皮膚を切開する方法です。とても効果的な治療方法ですが、腫れや内出血などが①②より強くでます。
効果的なのは③のハムラ法ですが、メスを入れたくない・腫れたくないなどのご要望次第で①の注入療法でもご満足頂けるかもしれません。

特にプレミアムPRP皮膚再生療法は膨らみを出すだけでなく、再生治療ですので皮膚のコラーゲンを再生させるため、皮膚のハリを出して膨らみ(眼窩脂肪)を押し返します。また5年以上の効果の持続がある事もメリットの一つです。

効果を最大限に期待するなら③の手術、そうでなければ①の治療が適していますね。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格や施術等の情報に一部古い内容が含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

関連するQ&Aをみる

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ