閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

小顔整形の施術方法とは?メリット・デメリットを知って理想の小顔を手に入れよう!

この記事を監修したドクター

統括院長鎌倉 達郎

小顔に憧れて、ダイエットしたり、小顔に効果があるというマッサージを試してみたり…

しかし、思うような結果が得られず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 理想の小顔に近づくためには、美容クリニックで小顔整形を受けるのも一つの方法です。

そこで今回は、小顔整形にはどんな施術方法があるのか、また、小顔整形のメリット、デメリットについても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

小顔整形とは?小顔矯正との違い


最初に小顔整形とは何か、また、小顔整形と小顔矯正との違いについても押さえておきましょう。


小顔整形とは

小顔整形は、フェイスラインを整えることで理想の小顔を実現する医療行為の一つです。持続期間も長いという特長があり、最近では手術だけでなく、ダウンタイム(日常生活に支障が出る期間)がほとんどないマシン施術や注入法などの施術も増えています。



小顔矯正とは

一方、小顔矯正とは、顔や頭にある骨と骨の間にできた隙間やゆがみを矯正し、小顔にするという施術方法で、一般的には、頭蓋骨を推して骨に圧力を加える・顔の筋肉をほぐす・リンパを流すなどの方法が取られます。「整形するのが怖い」方には、魅力的に聞こえる可能性がありますが、科学的な根拠が乏しかったり効果が一時的で長続きしないという問題点があります。また、小顔矯正サロンや整体院などで行われることが多く、医師免許・あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を持たない人でも施術が行える点も、小顔整形とは異なります。



小顔整形の代表的な施術方法とメリット・デメリット


ここでは、小顔整形の代表的な施術方法を紹介します。切らない施術方法は気軽さと、ダウンタイムの短さが魅力的です。一方、切る小顔整形は、効果の高さや持続期間などが切らない方法に比べ優れています。



手軽にエラをすっきりさせるなら「ボトックス注射」

エラ張りをすっきりさせて小顔にする効果のある方法です。ボトックスを注入(注射)することで、エラにある咬筋(こうきん)という筋肉の動きを抑えることができ、すっきりとしたフェイスラインになり小顔効果が得られます。



ボトックス注射のメリット

・エラ削りなどの大掛かりな手術をせず注射だけで小顔効果が得られます。

・施術時間が約10分と短時間で済みます。※注入範囲により異なります。



ボトックス注射のデメリット

1回での施術でも効果は出ますが、持続期間は4~6ヶ月程度なので、効果を持続させたい場合は、数回の継続治療が必要です。



脂肪を除去して理想の小顔を手に入れるなら「脂肪吸引」

頬やあご下周りについた脂肪を吸引して、シャープなフェイスラインを実現する小顔整形の方法です。



脂肪吸引のメリット

・頬から顎にかけて余分な脂肪を取り除くことで、理想の形をデザインできます。

・脂肪吸引した場所には脂肪がつきにくくなり、リバウンドしにくくなるので、効果が長期間保てます。



脂肪吸引のデメリット

・ダウンタイムが比較的長く、内出血が消えるのに約2週間、むくみも硬縮がなくなるのに3ヵ月ほどかかります。

・脂肪を吸引しすぎると、頬がこけたり、ほうれい線が深くなったり、皮膚がたるんでしまったりします。



部分痩せを目指すなら「脂肪溶解注射」

脂肪の気になる部位に脂肪溶解注射をすることで部分痩せを実現する施術方法です。



脂肪溶解注射のメリット

・約10分〜15分ほどの短時間で施術が受けられます。

・施術後1週間は腫れ・むくみ・痛み(軽度)が生じる場合がありますが、ダウンタイムはほとんどありません。



脂肪溶解注射のデメリット

・1回でも効果はありますが、高い効果を得るためには複数回の施術が必要です。

・顔の細部など局所的なパーツには効果的ですが、広範囲の脂肪を一気に取り除くことはできません。



V字のフェイスラインを手に入れるなら「ヒアルロン注射」

ヒアルロン酸を注射することで、フェイスラインをV字にし、あごの形をほっそりと整える施術です。



ヒアルロン注射のメリット

・小さな腫れや内出血がありますが、ダウンタイム症状は比較的軽めです。

・施術中に確認しながら少しずつ注入できるので、細かな調整ややり直しができます。

・ヒアルロン酸はもともと人体を構成する成分なので、アレルギーが起こりにくいです。



ヒアルロン注射のデメリット

・皮膚の状態によっては、ヒアルロン酸を思うように注入できない場合があります。

・ヒアルロン酸は徐々に体内に分解・吸収されるため、効果が持続するのは数か月から2年程度です。



顔のたるみを解消するなら「糸リフト」

糸を皮下組織に挿入し、たるんだ皮膚を引き上げることで、顔を小さく見せることのできる方法です。



糸リフトのメリット

・施術後に小顔効果を実感することができ、たるみを予防することもできます。

・弾力やハリがある肌を目指せます。



糸リフトのデメリット

・ひきつってしまうと修正が難しい場合があります。

・フェイスリフトよりは効果が穏やかで、持続期間も短いです。



「HIFU(ハイフ)」

高密度の超音波の熱エネルギーをSMAS筋膜に照射し、熱で内側から肌を引き締める方法です。



ハイフのメリット

・約5分と短時間で施術ができ、皮膚表面にダメージを与えず熱エネルギーを速やかに届けるので痛みもほとんどありません。

・内出血や腫れもないため、ダウンタイムはありません。

・コラーゲン再生による顔全体のリフトアップ効果も期待できます。



ハイフのデメリット

・施術後は肌の水分量が一時的に減少し、乾燥しやすくなるため、紫外線の影響を受けやすくなる場合があります。

・基本的にダウンタイムや副作用はほとんどない方法ですが、まれに赤みやむくみなどの副作用を起こすこともあります。



たるみの根本原因から改善するなら「フェイスリフト」

たるみの根本原因であるSMAS筋膜から引き上げることで若返りが期待できます。 お肌にハリが出ると毛穴も目立たなくなり、お化粧のりもよくなります。



フェイスリフトのメリット

・術後すぐに効果が分かります。

・1度施術すると、およそ5〜10年効果が持続します。

・首や額など、周囲の皮膚も同時にリフトアップできます。



フェイスリフトのデメリット

・ほうれい線を浅くすることはできますが完全に消せるわけではなく、また、眉間や口周りなど、改善が難しいシワもあります。

・広範囲の皮膚を切開する大規模な手術のため、約3時間ほどかかります。また、ダウンタイムには、局所麻酔によるむくみ・腫れ・内出血が出ることがありますが、2週間程度で落ち着きます。



下あごのラインを変えてすっきりとするなら「あごプロテーゼ」

プロテーゼを入れてあごの高さを出し、横顔のバランスを整えることで顔をシャープに出すことができる方法です。



あごプロテーゼのメリット

・半永久的に効果が持続できます。

・口の中を切開するため、傷跡は外見上分かりません。

・あごのボリュームをしっかりと安定して出すことができます。



あごプロテーゼのデメリット

・痛みや腫れ、内出血などのダウンタイムが約1〜2週間かかります。

・あごのサイズに合わないと、ずれてしまう可能性があります。

・簡単に除去することはできず再手術が必要です。

聖心美容クリニックの小顔整形が選ばれる理由



小顔に見せるポイントは、面積を狭くすることよりも、逆三角形+センターパーツの高さを意識してデザインすることが重要です。 当院では経験豊富なドクターが最新の施術方法を用いることで、患者様のご希望に沿った小顔整形を叶えるためのご提案をしています。



聖心ならではの安心保証制度

聖心美容クリニックでは、患者様に安心して施術を受けていただけるよう、「アフターケアメニューの充実」「術後の検診」「施術別の保証制度」「24時間緊急サポート」などの保証制度を設けています。

まとめ

今回は、小顔整形の方法やそのメリット・デメリットについてご説明しました。 理想の小顔を手に入れるにはどんな方法が良いのか、聖心美容クリニックでは、無料のオンラインカウンセリングも行っていますので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


小顔整形のカウンセリング相談をする
クリニックへ予約をする

小顔整形・フェイスラインコラム人気ランキング

小顔に整形の症例写真

小顔に整形のQ&A

他のカテゴリを見る

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらをご覧ください。

ドクター紹介はこちら
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ