閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

Q&A 詳細

バッグによる豊胸を検討しています

バッグによる手術を検討しています。 ・切開するラインは、一般的な腋下切開ではなく、乳房下切開を希望しています。東京院で乳房下切開の症例数の多いドクターのカウンセリングを受けたいのですが、どなたになりますでしょうか。また、そのドクターのおおよその乳房下切開による手術の症例数を教えていただけますか(直接お聞きしづらいので…)。 ・カウンセリング時に、執刀ドクターの乳房下切開の症例写真を拝見することはできますか。 ・カウンセリング担当ドクターに両胸とも執刀していただけますか。(片胸ずつ別のドクターがを手術するといったことはないですか。) ・手術当日は執刀医とは別に麻酔科医がつき、2名体制で行っていただけるのですか。 ・当日はドレーンをつけて退院し、翌日外すのでしょうか。近隣ホテルで介助者無しで一泊しても最低限の身の回りのこと(排泄、食事、着替え)はできるものでしょうか。

ドクターからの回答

東京院院長

伊藤 康平

一般的に、日本では、乳房下縁からの手術は傷が目立つためほとんど行われることはありません。これは患者様が希望しないためです。そのため、下縁から手術する例とは、バックの入れ替え症例やバックの取り出しと言った症例になります。
下縁からの手術のほうが脇から入れるより簡単なので、技術的には問題ないですが症例数は少ないです。
カウンセリングのドクターが手術を担当します。当院では全身麻酔ではなく静脈麻酔ですので麻酔科医はつきません。ドレーンをつけたまま帰宅し、翌日来院してドレーンを取ることになります。
乳腺下にバックを入れた場合は、比較的楽ですが、大胸筋下に入れた場合は、身の回りのことをするのはかなり辛いと思います。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格や施術等の情報に一部古い内容が含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

関連するQ&Aをみる

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ