閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

ザガーロ/アボルブの特長 Featurse

「デュタステリド」主成分の抜け毛抑制剤

「アボルブ」は英国グラクソ・スミスクライン社で開発された医薬品です。もともとは前立腺肥大症の薬として開発されました。2001年に米国、2002年に欧州承認、そして2009年日本の厚生労働省の認可を得て今では世界で290万人の患者様に使用されている薬となっています。
2016年に発売が開始された「ザガーロ」は、AGA治療薬として国内承認を取得しています。(※アボルブとザガーロの有効成分に相違はありません。)

ザガーロ/アボルブ

適応症状

  • 男性型脱毛症(AGA)

※女性の薄毛には、女性用飲む育毛剤「パントガール」を処方しております。

DHT産生をダブルで抑制

抜け毛抑制剤は、「5α-還元酵素」を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)※産生を抑制します。フィナステリドは5α還元酵素Ⅱ型のみに作用し、この働きを抑制します。しかしⅠ型については抑制効果はありません。 一方のデュタステリドは5α還元酵素Ⅰ型及びⅡ型に作用し、この働きを抑制します。

  • ザガーロ/アボルブ
    ザガーロ/アボルブ
  • プロペシア

※DHTが多く産生されるタイプの方は、特定の遺伝子の塩基配列が関与しています。ご親族に薄毛の方がいる方の場合、その方もまたDHTが多く産生される特定の遺伝子の塩基配列をしている可能性が高いです。

国内臨床試験では、DHTを87.5%減少

国内臨床試験において、アボルブ(0.5mg)の投与開始後2週間におけるDHT濃度の変化を調べたところ、87.5%が減少しました。

使用方法

処方
医薬品のため、処方には医師の診療が必要です。診療は無料ですのでお気軽にご来院下さい。
副作用情報
  • 主な副作用として、食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状・浮動性めまい・腹部不快感・倦怠感などが数例報告されています。このような症状に気づいた場合は、早めに当院医師へご相談ください。
  • 処方にあたっては、事前に血液検査にて肝機能や腎機能などの状態を確認させていただきます。また内服治療中は定期的(6ヶ月)に血液検査を行います。血液検査結果が出る前に処方をご希望される場合でも、処方は可能ですが、後日検査結果により医師が服用を中止したほうがよいと判断した際は、その指示に従っていただくことになります。
  • 服用中は、献血することができません。服用中止から6ヵ月以上経過していれば、献血が可能です(妊娠または妊娠している可能性のある婦人および授乳中の婦人の体内にフィナステリド・デュタステリド成分が入るのを防ぐためとされています)。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける