このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

DTカモフラージュコンシーラーN

特長

カラーバリエーションやカバー力に優れたスキンケアコスメ DTカモフラージュコンシーラーNは、レーザー治療跡のかさぶたや赤み、注入治療後の内出血を隠すために開発されたコンシーラーです。紫外線吸収剤不使用・防腐剤無添加・無香料・無着色のため、お肌への刺激と負担が少なく、施術後のデリケートなお肌に安心してご使用頂けます。 シミやニキビなどを隠す通常のコンシーラーとしてもお使い頂けます。

※縫合して抜糸を終えていない傷には、ご使用をお控え下さい。

かさぶたや赤み、内出血をカモフラージュする2色のカラーと正常な肌色にマッチするスキンカラーを重ねて使用することで、隠しにくいさまざまな“肌色トラブル”を自然にカバーします。 治療後に紫外線を浴びてしまうとシミや肌荒れの原因になってしまうため、紫外線対策がとても大切です。DTカモフラージュコンシーラーNなら、そんな紫外線ダメージからも治療跡を守ります。

※SPF30程度

 

こんな方におすすめ

  • レーザー治療後のかさぶたや赤みを隠したい方
  • 注入治療後の内出血を隠したい方
  • 目の下のクマやシミ、ニキビを上手く隠すことのできるコンシーラーを求めている方
  • 施術後の敏感な肌に、市販の化粧品を使用することが心配な方
  • 施術後だけでなく、通常のコンシーラーとしても使用できるものを探している方
  • 紫外線対策のできるコンシーラーが欲しい方
  • カラーバリエーションが豊富なコンシーラーが欲しい方
  • 自分の肌に合う色のコンシーラーがなかなか見つからない方

施術後のデリケートなお肌にも安心

DTカモフラージュコンシーラーNは、紫外線吸収剤不使用・防腐剤無添加・無香料・無着色のため、お肌への刺激と負担が少なく、施術後のデリケートなお肌にも安心してご使用頂けます※。 市販の化粧品を施術後のデリケートな肌へ使用することに抵抗のある方へ、おすすめのコンシーラーです。

皮膚刺激テスト済。ただし、すべての方に刺激が起きないわけではありません。また、縫合して抜糸を終えていない傷には、ご使用をお控え下さい。

紫外線から施術部位を守り、シミ・肌荒れを防ぐ! 施術後の部位に紫外線を当ててしまうと、シミや肌荒れの原因になってしまいます。そのため、施術部位を紫外線に当てないよう注意が必要です。DTカモフラージュコンシーラーNは、SPF(紫外線防御指数)30程度のため、コンシーラーを塗布することで紫外線対策ができます。 SPFとは、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表した指数です。SPF30のDTカモフラージュコンシーラーNの場合は、赤い斑点が現れるまでの時間を30倍に延ばすことができるということになります。例えば、赤い斑点が20分程度で現れる人は、20分×30=600分。つまり、600分(10時間)程度の日焼け止め効果が期待できるということです。

使用方法

色選び
カバーしたい部分の色を中和する
カモフラージュカラー
肌に合う色を重ねて、自然な肌色へ調整する
スキンカラー
【症状】 【カラー】 【肌色】 【カラー】
かさぶたやシミ(茶色)   赤みのある普通肌
赤みやニキビ(赤系) 黄みのある普通肌
    やや色黒の肌
オプショナルカラー
【カラー】 【用途】
● くすみが気になる目の周り・鼻すじ・骨格などにお使い頂けます。
● スキンカラーと混ぜて、明るめのカラーを作ることができます。

ご使用のステップ

STEP1

カモフラージュカラーをカバーしたい部分に少量ずつ薄く重ねます。

STEP2

カモフラージュカラーを塗布した上に、お肌に合うスキンカラーを肌色になじむまで少量ずつ重ねます。

STEP3

スポンジで軽く押さえ、肌にフィットさせます。

キレイに仕上げるポイント(1)キレイに仕上げるポイント(2)

コンシーラーは硬めなので、ステップ1・2ともに、コンシーラーを手の甲で練り、柔らかくしてから肌にのせると自然できれいな仕上がりに!

スキンカラーを少量ずつ数回に分けて重ねることで、厚塗りを防ぎ、肌へのフィット感がアップ!

キレイに仕上げるポイント(3)キレイに仕上げるポイント(4)

コンシーラーを塗布した部分は、スポンジを優しくたたくようにしてファンデーションを重ねることで、ファンデーション浮きを防止!

フェイスパウダーを使用する場合は、コンシーラーを塗布した後にパウダーを肌にたっぷりのせ、1分ほどしてからパウダーを払い落とすときれいに仕上がります!

<コンシーラーとファンデーションの使用順序>

リキッドファンデーションを使用する場合:ファンデーション使用後に、コンシーラーをお使いください。 パウダーファンデーションを使用する場合:コンシーラー使用後に、ファンデーションをお使いください。

※お肌に合わない場合は、ご使用を中止してください。

DTカモフラージュコンシーラーN全成分

トリエチルヘキサノイン、ジメチコン、マイクロクリスタリンワックス、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、アルキル(C30-45)メチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、酢酸トコフェロール、トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、ステアリン酸

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る