閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

Q&A 詳細

女性ですが、頭頂部の薄毛が気になります。

生まれつき縮れ毛だったため、20代の頃ストレートパーマを月一の割合でしていたせいで、かゆみ発赤→抜毛がひどくなり、50代となった今、頭頂部がかなり薄く、後に立たれたり上から見られるのが嫌です。 人の目線や心ない人の言葉に傷付くことも多々あります。毎朝起きるとまた自分と向き合わないといけないのかと辛くなります。 以前他のクリニックを受診した際、安心できる雰囲気ではあったんですが、ドクターの言葉に希望が持てず、料金も高いため数回でやめました。男性の薄毛治療は進化してるのに、女性はなかなか希望はないのかと。頭皮への注入や内服薬などしてみたいけどかなり金額が高く、でも治療しないとひどくなるしと不安です。 事例の写真は元々あまり進行してる人ではないようですが、例えば内服薬と専用のシャンプーなどで効果は望めるのでしょうか?薄くてもいいので今より目立たなくなればと。 保険適応外ですよね?料金はクレジット払いは可能ですか?

ドクターからの回答

福岡院院長

美原 寿之

基本的には女性の毛髪治療の薬剤なども効果はあると思います。
ただ、医師側の効果があると患者様が満足するというのには少し差がある場合があります。

内服やシャンプーなどでも継続するとしないではやはり継続する方がいいわけですが「1年継続したら必ずフサフサになりますか?」と言われるとやはり医師もなかなかお勧めしにくくなります。

当院でおこなっている毛髪治療は保険適応外です。クレジットはもちろん使用できます。
カウンセリングは無料でおこなっておりますのでよろしければ一度ご相談にご来院下さいませ。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格や施術等の情報に一部古い内容が含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

関連するQ&Aをみる

最新コラムを見るNew Column

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらをご覧ください。

ドクター紹介はこちら
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ