閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

Q&A 詳細

2点留めとマイクロメソッド+αの違いはなんですか?

2点留めとマイクロメソッド+αの違いはなんですか?また点と線固定の違いなども教えていただけたらと思います。

ドクターからの回答

聖心美容クリニック医師

埋没法には、1点留めから、線のように固定する方法まで、様々な方法がございます。
埋没法は、皮膚と瞼板もしくは腱膜を固定して、二重の癖付けを行う施術です。
簡潔に申し上げますと、線固定と点固定は、輪っかの大きさが大きいか小さいかの違いです。
例えば1ヶ所で大きく輪っかを作り固定してしまうと、はさみ込む組織の量が増えるので、術後の腫れが強く出ます。
小さな輪っかとなる点の固定では、固定箇所(点の数)が増えれば増えるほど、二重のラインに沿って癖付けをする事が可能となります。しかし、針の出し入れの回数とトータルではさみ込む組織の量が増えるため、術後の腫れの原因となってしまいます。
そのため、埋没法の手術では、最小限の固定箇所で、しっかりと固定し、腫れない工夫をすることが重要となります。
当院での、2点留めとマイクロメソッド+αの手術法の違いは、スタンダードな2点留めか、腫れない工夫を極限まで凝らした術式かの違いです。
具体的には、使う糸の細さと、針の出し入れの方法が異なります。
マイクロメソッド+αは、細い糸を用いて、皮膚側に2箇所小さな穴を開けて、糸を埋め込みます。
2点留めの固定性を損なうことなく、非常に腫れの少ない施術となっております。
マイクロメソッド+αでは、術後のダウンタイムが少なく、金曜日に施術した患者様であれば、月曜には問題なくお化粧をして、出勤できたとおっしゃっております。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格や施術等の情報に一部古い内容が含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

関連するQ&Aをみる

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ