EGFとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:いーじーえふ|英語名:Epidermal Growth Factor
カテゴリ:ホームケア

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)は人の身体にあるタンパク質の一種で、53個のアミノ酸から成るものです。日本語では上皮成長因子と呼ばれています。肌に多く含まれるほか、唾液や母乳の中にも存在します。アメリカのコーエン博士によって発見され、1986年にノーベル賞を受賞しました。

EGFには肌細胞を活性化させてターンオーバーを高める働きがあり、発見当初は火傷や傷を負った肌の再生など、皮膚再生医療の分野で使われてきました。健康な肌でも20歳をピークに減少し、それと同時にヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといったタンパク質の生成量も減って、肌の老化をもたらすと言われています。

そのためEGFを補給することで肌のアンチエイジングに効果があるとされ、2005年には厚生労働省から認可が下りて化粧品に配合できるようになりました。EGFは肌表面にある受容体と結合して新たな細胞の生成を促しますが、飽和状態になるとそれ以上受け付けなくなるため、副作用の心配がないというメリットもあります。

EGFが配合されたホームケア商品に「エムディア」シリーズがあります。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る