鼻翼縮小術とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

鼻翼縮小術

印刷あとで読む
読み:びよくしゅくしょうじゅつ|英語名:Nasal Wing Reduction
カテゴリ:鼻の整形

鼻翼とは、いわゆる小鼻のことで、鼻のあたまの左右に広がっている部分をいいます。理想的な幅は、両方の目頭からまっすぐ線を下におろした中に納まる大きさといわれていますが、そこから鼻翼が大きく横に広がっている、またそのせいで鼻の穴が大きく目立っているというような場合に、鼻翼縮小術(小鼻縮小)を行います。

鼻の広がりと一言に言っても、小鼻(鼻翼)の横の張り出しが大きい方とそうでない方では、切開部分が異なります。当院では、一人ひとりのご希望に合わせて小鼻をしっかりと縮小したり、鼻の穴の中から目立たないように控えめに縮小したりと、微調整が可能です。傷跡は鼻穴の中や小鼻の溝、小鼻の付け根の部分に沿って切開するため、ほとんど目立ちません。

プロテーゼ挿入法による隆鼻術と組み合わせることで、鼻全体の印象をすっきりとさせることも可能です。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る