閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

鼻骨骨切りの特長Featurse

鼻骨骨切りとは

鼻骨骨切り_before_after

骨モデルイメージ

鼻骨骨切り_骨モデル

鼻骨骨切りとは、鼻筋(鼻骨)の横幅を狭める手術です。
鼻専用のノミ(器具)を用いて鼻骨に切れ込みを入れ、鼻骨を中央に寄せることで、幅(横幅)が狭まり、スッキリとしたシャープな鼻筋を実現します。
事前に患者さまが撮影したCTデータをもとに、患者さまの骨モデルを作製することで、ドクターが手術前にシミュレーションを行えるため、より安心して手術を受けていただけます。

また、わし鼻の原因の一つであるハンプが気になる方は、鼻骨骨切りと同時にハンプ切除(鼻の中央部にある出っ張った部分)もおすすめです。

鼻骨骨切り+ハンプ切除とは

ハンプ切除_横から見た鼻の構造

ハンプとは、鼻骨と外側鼻軟骨が前方にボコッと出ている状態を言い、通称"わし鼻"と言われています。
この前方に出ている鼻骨と外側鼻軟骨を切除して、鼻をすっきりと見せることをハンプ切除手術と言います。

こんな方におすすめ

  • 幅広の鼻で悩んでいる方
  • 大きくて目立つ鼻を小さくしたい方
  • 鼻筋が歪んでいる方
  • 鼻筋が凸凹している方
  • 幅広の鼻とわし鼻で悩んでいる方

「鼻骨骨切り」の術式

鼻骨骨切り_下から見た鼻の構造 鼻骨骨切り_横から見た鼻の構造

鼻骨骨切り(鼻筋の横幅を狭める)

① 鼻骨に鼻専用のノミで、内側の骨・外側の骨の合計4箇所に切り込みを入れます。

② 両サイドの鼻骨を内側に押し込むことで鼻筋の横幅を狭め、皮膚の上からギプスで固定します。

鼻骨骨切り_下から見た図 鼻骨骨切り_横から見た図
鼻骨骨切り

鼻骨骨切り+ハンプ切除(鼻筋の横幅を狭める+わし鼻修正)

鼻骨骨切り_ハンプ切除

①ハンプ(前方にボコッと出ている鼻骨と外側鼻軟骨)を切除します。

②ハンプを切除すると鼻骨が三又(みつまた)に別れて、両サイドの骨が上に突き出た状態になります。
内側の骨と外側の骨に切り込みを入れ、両サイドの骨を倒すことで、高さが調整され、三又(みつまた)になった骨が1つに有鉤(ゆうこう)される状態を作り、皮膚の上からギプスで固定します。

※鼻筋の横幅を狭めることなくハンプ切除(鷲鼻の修正)のみも可能す。

鼻骨骨切り+ハンプ切除_下から見た図 鼻骨骨切り+ハンプ切除_横から見た図
鼻骨骨切り+ハンプ切除

骨モデルで手術(オペ)の事前シミュレーション

鼻骨骨切り_骨モデル

事前に外部のクリニックにて、患者さまに撮影いただいたCTデータをもとに骨モデルを作製し、 シミュレーションを行うことも可能です。(別途 税込13,200円)
骨モデルで医師が事前に手術のシミュレーションを行うことで、より安心して手術を受けていただけます。

step1 外部のクリニックにてCTデータを撮影

step2 CTデータをもとに骨モデルを作成

step3 骨モデルをもとに医師が手術前にシミュレーションを行う

step4 手術当日

組み合わせ施術combination

鼻骨骨切り × 鼻中隔延長術

鼻中隔延長術は、鼻先の組織を支えている鼻中隔軟骨(鼻穴を左右に仕切る軟骨)に、ご自身の肋軟骨もしくは耳介軟骨を継ぎ足すことで鼻先を前方や下方に伸ばす施術です。

鼻骨骨切り × 鼻尖縮小(団子鼻修正)

鼻尖縮小(団子鼻修正)は、鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)を縫い寄せることで、鼻先をシャープに高くします。

鼻骨骨切り × 小鼻縮小(鼻翼縮小)

鼻中隔延長術は、鼻先の組織を支えている鼻中隔軟骨(鼻穴を左右に仕切る軟骨)に、ご自身の肋軟骨もしくは耳介軟骨を継ぎ足すことで鼻先を前方や下方に伸ばす施術です。

鼻骨骨切り × 鼻尖形成(耳介軟骨移植)

小鼻縮小(鼻翼縮小)は、横に広がっている小鼻の付け根を一部取り除くことで可愛らしいバランスのとれた鼻にすることができます。

施術の流れ Flow

<手術前>

STEP1無料カウンセリング

無料カウンセリング

医師によるカウンセリングを行い、患部の状態に適した波長を選択します。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2骨モデル作成(任意)

鼻骨骨切り_骨モデル

外部のクリニックにて、患者さまに撮影いただいたCTデータをもとに、骨モデルを作製します。
出来上がった骨モデルで、医師が手術前にシミュレーションを行います。
(別途 税込13,200円)

<当日>

STEP3全身麻酔

鼻骨骨切り術では、静脈麻酔を行います。一人ひとり最小限の麻酔深度で、十分な入眠が得られるよう、
安全な持続注入器(シリンジポンプ)装置を使用。眠っている間に施術が終了します。また、回復が早く
その後に不快感を残すことがないため、入院の必要もありません。

STEP4鼻骨骨切り

鼻骨骨切り(幅寄せ)術を行います。

STEP5手術後の固定

手術後、皮膚の上からギブスで固定・保護を行い、鼻腔内に鼻栓を入れます 。

<手術後>

STEP6固定除去(手術後2週間)

手術後約2週間で担当医師の診察の元、固定除去を行います 。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 2時間半~3時間
通院 約2週間後、ギブス固定の除去を行います 。
日常生活 シャワーは当日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激はお控えください。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
痛み 施術後2~3日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。痛み止めを処方いたしますので、必要に応じて服用ください。
腫れ・赤み 手術後、必要な固定を行い鼻腔内に鼻栓を入れます。固定の除去は、手術後約2週間で担当医師の診察の元、行います。術後は、鼻周囲に腫れが生じますが、時間の経過とともにはほとんど落ち着きます。内出血が出る場合がありますが、1~2週間程度で消失します。
効果 左右の外側鼻軟骨と鼻骨の骨切りを行うことによって鼻の横幅を狭め、形を整えます。
副作用情報 術後の痛み、腫れ、内出血、感染、傷跡、血行不全による壊死、術後変形、後戻り、瘢痕形成。

この記事を監修したドクター

東京副院長 兼
日本形成外科学会認定施設
教育関連(美容外科)担当
福岡院医師
牧野 陽二郎

鼻の施術はたくさんの種類があり、どれを受けようか悩んでしまうかもしれません。 少し前まで注入や糸などのプチ整形が人気でしたが、最近はより劇的に変わりたいというニーズの高まりもあり、切開系手術、さらには複数の手術の組み合わせをご希望される方が増えてきました。 私たちドクターもそのニーズに応えられるよう、日々技術研鑽など様々な取り組みを行っています。一人ひとりのご要望に真摯に向き合い、最も信頼され、最も支持されるクリニックであり続けます。是非カウンセリングにお越しくださいね。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ