脂肪注入とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

脂肪注入

印刷あとで読む
読み:しぼうちゅうにゅう|英語名:Fat grafting
カテゴリ:豊胸、若返り・アンチエイジング

脂肪注入とは、自分の脂肪を取り出して、ボリュームを出したい場所に脂肪を入れることです。
脂肪を入れることで、ナチュラルに仕上がり、異物を入れるわけではないので、アレルギーや拒絶反応が少ないのが特長です。
美容整形では、豊胸術や顔、お尻などによく行われます。

脂肪注入による豊胸術は、「さわり心地も、形も、限りなく本物に近い」仕上がりとなるため、多くのクリニックで導入されています。 基本的には脂肪注入だけで施術を行いますが、バッグプロテーゼと併用することで、プロテーゼ特有の少し不自然な仕上がりを改善することにも利用されています。

また、太ももやお尻、お腹などの皮下脂肪が気になるところから脂肪を採取(脂肪吸引)するため、ボディラインを整えることも同時に可能というメリットもあります。

注入後の「しこり」や「生着率」が長らく課題でしたが、ピュアグラフトによる不純物排除や、セリューション(セルーション)による幹細胞追加により、しこりリスクを軽減し生着率を上げることが可能です。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る