乳腺下法とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

乳腺下法

印刷あとで読む
読み:にゅうせんかほう|英語名:
カテゴリ:豊胸術

乳腺下法は、豊胸バッグによる豊胸手術の手法の一つで、豊胸バッグを乳腺の下・大胸筋の上に挿入する方法です。脇の下または、乳房の下にメスを入れて豊胸バッグを挿入するので、乳腺を傷つけず、出産後の授乳も問題なくできます。

豊胸バッグを挿入する方法には、乳腺下法の他に大胸筋と助骨(アバラ骨)の間にバッグを挿入する大胸筋下法があり、バストが小さい方には大胸筋下法、バストがある程度ある方やバストが垂れているのを矯正したい方には乳腺下法が適用されます。

乳腺下法を施術した場合、筋肉の上に豊胸バッグが入るため、バストの触感が大胸筋下法にくらべ柔らかくなり、筋肉にメスを入れないため、施術後の腫れや痛みも小さいのが特徴です。一方で、やせ形の方や胸の小さい方にこの方法で施術をすると、すぐに・または時間をかけて徐々にバッグの形が外見に出てしまう場合があります。豊胸バッグにはラウンド型(丸い形)やアナトミカル型(しずくの形)等があり、バストの形状や大きさに合わせて適切な形状を選択します。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る