乳輪縮小とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

乳輪縮小

印刷あとで読む
読み:にゅうりんしゅくしょう|英語名:Reduction of the areola
カテゴリ:バストのお悩み

乳輪縮小とは乳輪の大きさを理想の大きさに縮小する手術です。

バスト全体から比べて乳輪が大きすぎる、また、授乳やバストの成長とともに乳輪が広がってしまうことを「乳輪肥大」といい、比較的バストの大きい方に見られます。
乳輪縮小術では、乳房のバランスにあった乳輪のサイズに小さくすることが可能です。
乳腺を傷つけることもなく、授乳にも影響のない方法です。

施術方法は乳輪外側をドーナツ型に丸く切除してサイズを調整する方法と、乳頭基部の円周を切開し、縮める方法の2つがあります。

肥大した乳輪は自然に戻す事は難しい為縮小するには手術を行う必要が出てきます。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る