0120-911-935

[ 09:30-20:00 ]
0120-773-566
[ 20:00-23:00 ※新規予約のみ ]
[ 23:00-09:30 ※自動音声対応 ]
En/Ch
閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

menu

聖心美容クリニック 形成外科 美容内科 美容皮膚科 皮膚科

contact

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

ベイザー脂肪吸引×脂肪濃縮×エクソソーム
「エクソソーム」により少ない脂肪量で高い生着率を実現したバストアップ術

Before

After(1ヵ月後)

<エクソソームリッチ®豊胸術>

【施術内容】大腿等から脂肪を吸引。ピュアグラフトで不純物を除去し濃縮。エクソソームを濃縮した脂肪に加え、腋窩や乳房下より乳房内に注入する。脂肪採取部位を圧迫固定する。

【リスクや副作用】痛み、腫れ、リンパ管炎、皮下出血、血腫、凹凸、シコリや硬結、切開部の色素沈着、腫れ、痛み、ひきつれや拘縮、シコリや硬結、感染、血腫、注入した脂肪の石灰化や萎縮、乳房の左右差

【費用】1,350,000円(税込 1,485,000円)
※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

エクソソームリッチ®豊胸術の特長 Features

エクソソームリッチ®豊胸術とは

エクソソームリッチ®豊胸術は、ご自身の身体より採取した脂肪から不純物を取り除いた「濃縮脂肪」に「エクソソーム」を混合してバストに注入する豊胸術です。脂肪の生着率は、幹細胞を使用した脂肪幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)と変わらず、自然で美しいバストアップ効果が期待できます。
通常、幹細胞を使った豊胸術は「注入脂肪」とは別に「幹細胞を抽出するための脂肪」を同時に採取する必要がありますが、幹細胞の代わりに「エクソソーム」を使用することで、脂肪注入に必要な脂肪採取だけでよくなり、身体への負担も軽減された豊胸術となっています。

エクソソーム

エクソソームは幹細胞から分泌された成分で、細胞間のメッセンジャーとしての枠割を担います。
血管や皮膚を再生する効果が高く、様々な病気の改善効果が示唆されており、再生医療業界で「万能成分」と注目されています。

このような方におすすめ

エクソソームの点滴投与でダウンタイムを軽減
  • 周囲に知られたくないから自然な見た目の脂肪注入豊胸術が良い方
  • 痩せ型の方で十分な脂肪採取が出来ず、脂肪幹細胞豊胸術が受けられない方
  • 幹細胞を培養している時間が無い方
  • 施術時間が短い豊胸術を受けたい方

エクソソームリッチ®豊胸術の3つのPOINT

自然で美しい理想のバストアップ効果

・血管新生
・脂肪再生
高い生着率
・脂肪採取量が少ない
・エクソソーム点滴
短いダウンタイム
・血管新生
・不純物の除去
・注入技術
"しこり"になりにくい

1.高い脂肪生着率

エクソソームリッチ®豊胸術は、「ご自身の身体から採取した脂肪」と「エクソソーム」をバストに注入して、周囲に知られずに自然で美しいバストアップを実現します。

◎血管から脂肪へ酸素や栄養素が運ばれて脂肪の生着率が高まる

通常、採取した脂肪をただバストに注入するだけでは脂肪の高い生着率は期待できません。
脂肪注入豊胸術において、脂肪の生着率を上げるには"脂肪組織内で血管(血流)が増え、血管から脂肪へ栄養が運ばれること"が重要なポイントになります。

▼
◎脂肪幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)

そこで脂肪幹細胞豊胸術(セリューション豊胸)は、ご自身の脂肪から「幹細胞」を抽出してバストに注入することで血管新生(脂肪細胞の中で新しい血管を形成)を促進し、脂肪の生着率を高めます。

▼
◎エクソソームリッチ®豊胸術が登場!

近年、再生医療業界で注目されている「エクソソーム」には組織修復や血管新生に大きく作用するサイトカイン(成長因子)やmiRNAなどの遺伝子情報が多く含まれていることが分かってきました。
エクソソームリッチ®豊胸術は、「幹細胞」の代わりに「エクソソーム」を注入脂肪に混ぜてバストへ注入することで、ご自身の身体から幹細胞を抽出することなく、幹細胞豊胸術と変わらない脂肪生着率を誇る豊胸術を実現しました!
エクソソームによって血管と脂肪が結び付くと、酸素や栄養素が脂肪へ行き渡り生着率が高まるため自然で美しい理想のバストアップ効果が期待できます。

注入STEP 高い脂肪生着率が期待できる

2.短いダウンタイム

脂肪採取量が少ない

これまで、高い脂肪生着率でバストアップ効果が持続できる脂肪幹細胞豊胸術(セリューション豊胸)は幹細胞を採取するために「注入脂肪」とは別に「幹細胞を抽出するための脂肪」採取を必要とし、多量の脂肪採取が必須でした。
エクソソームリッチ®豊胸術は、エクソソームの含有量が多い「StemSup™」を使用することで、"幹細胞を抽出するための脂肪採取"を不要とし、身体への負担を軽減しながら高い脂肪生着率とバストアップ効果を実現します。

エクソソームを術中点滴
エクソソームの点滴投与でダウンタイムを軽減

エクソソームリッチ®豊胸術は、抗炎症作用が強いと言われるエクソソーム(StemSup™-DP)を術中に点滴投与することで術後のダウンタイムを軽減します。

※StemSup™-DP=歯髄由来幹細胞培養上清液

傷口が目立たない豊胸術

豊胸術には様々な技法がありますがバッグプロテーゼ豊胸術のような2カップ以上の大幅なバストアップを図る豊胸術は、バッグプロテーゼを挿入する際に、メスを使った切開が必要となります。
一方、エクソソームリッチ®豊胸術は脂肪とエクソソームを注入するだけなので切開の必要が無く傷口はほとんど目立ちません。

"周囲に知られない"豊胸術

エクソソームリッチ®豊胸術は、ご自身の身体から採取した脂肪にエクソソームを混合してバストに注入するため自然な見た目で、触り心地はとても柔らかく周囲に知られる心配はありません。

術後のダウンタイムが短い

3."しこり"になりにくい

"しこり"ができる原因は、脂肪に酸素や栄養素が行き渡らなくなり脂肪細胞が壊死してしまうことです。
エクソソームリッチ®豊胸術は、①エクソソームの働き ②ピュアグラフトで不純物を除去 ③注入技術で"しこり"のリスクを低減し、安全にバストアップします。

①エクソソームの働きで"しこり"の原因を取り除く

エクソソームには、血管新生(脂肪細胞の中で新しい血管を形成)・皮膚・髪の毛の再生に働くmiRNA(マイクロRNA)が多く含まれています。
脂肪にエクソソームを混ぜてバストに注入すると、エクソソームの働きによって脂肪組織内で血管(血流)が増え、血管から酸素や栄養が運ばれることで脂肪細胞の壊死を防ぎ"しこり"のリスクを低減します。

②不純物を除去して"しこり"の原因を取り除く

当院では、注入用の脂肪を精製して、生着率を高めるために、「ピュアグラフト™」を採用しています。
そもそも、脂肪吸引で吸引した液体には、脂肪細胞以外にも水分や血液、死滅細胞などの不純物が含まれています。これらの不純物はしこりの原因になるため、脂肪の生着率を高めるには、不純物を極力取り除くことが必要です。

「ピュアグラフト™」は、特殊なフィルター(膜)で、脂肪吸引で採取した液体に含まれる様々な細胞・液体を選定し、不純物だけを取り除きます。その結果、脂肪に含まれる不純物が取り除かれて、ピュアな脂肪に精製することができます。

その過程は、遠心分離機やコンデンス法と比べ分離時間が短く、衝撃も与えにくいため、脂肪の劣化がほとんどありません。

ピュアグラフト
③聖心式!しこり・内出血を最低限にする注入技術力
複数の層に少しずつ注入
複数の層に少しずつ注入

同じ箇所に脂肪を多量に注入すると、しこりになりやすいため、入れすぎてしまうととても危険です。
当院では浅い層から深い層にかけて少しずつ注入していきます。これにより、しこりになるリスクを低減することができます。

直径3mm以下!細かく均一に注入

当院では、マルチプルインジェクションという最先端の医療技術を用いて、しこりが生じるリスクを極限まで防いでいます。これは脂肪を注入する際に、直径3mm以下という球状の粒を作りながら、均一に細かく注入する方法です。

施術のスピードと長年の経験で培った熟練の医師としての“勘”、そしてテクニックが必要不可欠です。 豊富な症例数と実績のある当院だからこそ行うことのできる、非常に高度な技術です。

注入量を緻密に計算
注入量を緻密に計算

少ない注入量でもしっかりバストアップできるよう、患者様のバスト状態に合わせ、注入量を緻密に計算しています。
脂肪が吸収されやすいバスト上部には多めに注入しているほか、患者様のご希望に合わせ「谷間メイク」も可能です。

注入する部位数が少ない

アメリカでは傷跡の配慮はあまり重要視されておらず、注入箇所が多いです。
当院では傷跡を減らすため、注入箇所を最低限にする施術を行っています。

注入する部位数が少ない
しこりになりにくい安全なバストアップ

再生医療業界で注目の「エクソソーム」

そもそもエクソソームとは

エクソソームは体内のほとんどの細胞で分泌されている直径50~150nmの細胞外小胞※の一種で、細胞や組織に複数の情報を伝達するメッセンジャーとしての役割を担っており、再生医療や美容等の様々な分野で注目されています。
細胞と共通した構造を持つエクソソームは、脂質⼆重膜(薄いリン脂質が二層になった膜)でできており、分泌細胞に由来する細胞膜タンパク質や細胞内タンパク質だけでなく、DNA・mRNA・miRNAといった核酸(遺伝子)も含まれています。これらが全身の細胞に作用して調整を行い、組織修復を促します。

そもそもエクソソームとは  

エクソソームの定義

細胞外小胞の中で、サイズが「50-150ナノメートル」のものをエクソソームと呼びます。

  • エクソソーム:50-150ナノメートル
  • マイクロベシクル:50-1000ナノメートル
  • アポトーシス小体:50-何千ナノメートル

※1nm(ナノメートル)= 1mの10億分の1

エクソソームの定義  

安心・安全な製剤(StemSup™)で美しく確実にバストアップ

エクソソームリッチ®豊胸術は、エクソソームの含有量が高い「StemSup™」という製剤を注入脂肪と混合してバストに注入します。
StemSup™とは、ヒトの脂肪・歯髄・臍帯から採取した幹細胞を培養し、培養液の上澄み(培養上清)のみを回収した幹細胞培養上清液です。

StemSup™

エクソソームの証「表面マーカーCD9/CD63」が認められたStemSup™

表面マーカーCD9/CD63

エクソソームリッチ®豊胸術に使用する「StemSup™」は、エクソソームマーカーとして知られる表面マーカー「CD9」「CD63」を発現する精度の高いエクソソームです。
この「エクソソーム」の含有量が多い脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)を注入脂肪と混合してバストに注入することで、高い生着率と脂肪再生を実現し理想のバストアップを持続します。

※細胞外小胞=細胞内にある膜に包まれた袋状の構造の総称

エクソソームの含有率が高いStemSup™

エクソソームの含有率

エクソソームリッチ®豊胸術に使用する「StemSup™」は、エクソソームの含有量が高いことも証明されています。
通常、製剤化する過程でエクソソームの含有量は減少していくものですが、当院で使用する「StemSup™」は、採取したてのエクソソームとほぼ同量のエクソソームが含まれています。
エクソソームには、血管新生・皮膚・髪の毛の再生に働くmiRNAが含まれているので、その含有量が高ければ高いほど脂肪の生着率は高まるのです。

厳格な品質管理のもと製造されたStemSup™

エクソソームリッチ®豊胸術に使用する「エクソソーム」の含有量が多い脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)は、国内の細胞加工施設において、いくつもの検査を実施し、製造ロットごとに含有する生理活性物質などを測定し、高い品質基準・安全基準をクリアしています。
また、健康な日本人の組織ドナーを用いて製造され、感染症等の検査をクリアしています。

検査項目
  • ウシアルブミン
  • エンドトキシン
  • 一般細菌
  • 真菌
  • マイコプラズマ
  • 各種ウイルス(HBV・HCV・HIV-1/2・HTLV-1/2・ParvoB19・EBV・CMV・HSV-1/2・VZV・HHV-6/6/8・ADV・JCV・BKV・HPV)
不純物(ウシ由来タンパク)の混入なし
不純物(ウシ由来タンパク)の混入なし

「エクソソーム」の含有量が多い脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)は、ヒト幹細胞培養上清です。そのため混合不純物(ウシ由来タンパク)は含まれておりません。
エクソソーム製品には様々な種類がありますが、エクソソームリッチ®豊胸術に使用している脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)は精度の高いものを使用しております。

聖心式!脂肪吸引技術

真似できない吸引技術力

真似できない吸引技術力

当院では、脂肪吸引ベイザーリポ2.2を導入しています。
ボディデザインクリニックの商標も取得している当院ならではの、豊胸や脂肪吸引の精巧な技術力で、メリハリのあるボディラインを実現できます。

ベイザーリポ脂肪吸引でエクソソームリッチ®豊胸術を受けるメリット

  • 皮膚の浅い層の脂肪までしっかり吸引できるため、必要な脂肪量を確保しやすい
    (痩せ型の方にもよりご希望の大きさに近づけることができる)
  • 脂肪吸引後のたるみや内出血等の負担が少ない

他院は、使用する脂肪吸引マシンによって料金が追加になる場合があります。
当院では、少しでも早くダウンタイムから回復し、今まで通り日常生活を送っていただきたいため、初めから負担の軽いベイザーリポ脂肪吸引を追加料金なくご提供しています。

第三者が認めた脂肪組織を壊さない“吸引技術力”

第三者が認めた脂肪組織を壊さない“吸引技術力”

より長期間効果を持続させるためには、良い機械を使うだけでは不十分です。

脂肪吸引の技術力が低いと、吸引時に脂肪細胞を傷つけてしまい、幹細胞の活性度も大幅に低下します。活性度が高い、「良質な脂肪を壊さずに吸引する」ためには、高度な吸引技術が必要です。

吸引ムラや凸凹がない“美しい仕上がり”を実現!

吸引ムラや凸凹がない“美しい仕上がり”を実現!

脂肪吸引後のボディライン仕上がりも重要です。

脂肪吸引はどんなに技術が進化しても、最終的には医師の技術が仕上がり結果を左右します。
脂肪吸引後の凸凹や脂肪の取りムラが起こる原因として、医師の技術的な問題があげられます。

当院では、2001年にボディデザインの専門技術に対する実績を踏まえ、「ボディデザインクリニック」という商標も取得。今では日本有数の症例数をもつリーディングクリニックのひとつとして数えられるようになりました。

脂肪吸引の症例写真を見る

当院の脂肪注入豊胸術との比較

エクソソームリッチ®豊胸術
術式
濃縮脂肪とエクソソームをバストに注入
濃縮脂肪と活性型幹細胞をバストに注入
濃縮脂肪をバストに注入
吸引脂肪量 -片側-
注入脂肪分のみ吸引

[例]注入脂肪分(約200ml)
約200mlの脂肪が必要

注入脂肪分と幹細胞抽出分の多量の脂肪を吸引

[例]注入脂肪(約200ml)+幹細胞抽出分の脂肪(約200ml)
約400mlの脂肪が必要

注入脂肪分のみ吸引

[例]注入脂肪(約200ml)
約200mlの脂肪が必要

生着率
施術時間
2時間-3時間程度
3-4時間程度
2時間-3時間程度
ダウンタイム軽減

施術の流れ Flow

施術を受けるまで

施術中

施術後

聖心美容クリニックでは、ドクター検診がはじめから全て費用に含まれています。
脂肪吸引箇所のインディバCET(高周波温熱トリートメント)1回付です。施術を受けられた全ての患者様に、万全のアフターケアをご提供しています。

当日

リカバリールーム

施術後、お休みいただけるようなリカバリールームをご用意しています。
当日ご帰宅いただくことも可能です。ホテルの予約代行サービスも行っています。

3日後

  • 手術部位の診察
  • ガーゼ交換

1週間後

1ヵ月後・3ヵ月後

  • 手術部位の診察

この記事を監修したドクター

経歴

宮崎県出身

1989年
宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務
1990年
九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任
2000年
優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任
2001年
福岡院院長就任
2003年
聖心美容外科東京院院長就任
2004年
聖心美容外科統括院長就任
2015年
第104回日本美容外科学会会長に就任
2017年
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任
資格/所属
  • 日本美容外科学会(JSAS)理事長
  • 公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
  • 公益社団法人国際化粧療法協会 理事
  • 第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
  • IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
  • IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
  • IMCAS ASIA 2010 Faculty
  • AMWC JAPAN 2022 Advisory board member
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本美容外科学会(JSAS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本外科学会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 日本先進医療医師会会員
  • 日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 日本外科学会認定医
  • INAMED ACADEMY認定医
  • Corneal社公式認定医(日本第1号)
  • オバジスキントランスフォーメーション認定医
  • マクロレーン™認定医
  • レスチレン認定医
  • 日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
  • ミラドライ認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
  • ボトックスビスタ認定医

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間

2時間~3時間程度

日常生活

シャワー:3日目から可能。
入浴:抜糸後(約1週間後)から可能
手術後3か月間は、ワイヤー入りのブラジャーや補正下着などで胸を締めつけないようにしてください(脂肪組織の生着に影響を与えるため)。

腫れ・赤み

【脂肪注入部】
手術後、胸の張り感はありますが、時間の経過とともに治まります。
腫れ:1週間程度で治まります。

【脂肪吸引部】
手術後2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過です。ご自身でのマッサージや、アフターケアをお受けいただくことで、回復を早めることができます。また、内出血や痛み、腫れは、時間の経過とともに治まります。多少の個人差はありますが、2週間程度です。

効果

エクソソームリッチ®豊胸術は、注入脂肪にエクソソームの含有量が高い脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)を加えてバストに注入します。

  • 生着率が高い:脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)に含まれるエクソソームは、血管新生・皮膚・髪の毛の再生に働くmiRNAが多く含有されているため脂肪の生着率が期待できます。
  • 少ない脂肪量:「幹細胞採取」のための脂肪が不要なため少ない脂肪量で確実なバストアップ効果が期待できます。

施術内容

大腿全周、下臀部、膝内側からシリンジ法で丁寧に吸引。ピュアグラフト処理をしエクソソームを多く含む脂肪由来幹細胞培養上清(StemSup™)と混合。 バストの各層に、専用注入器を使用し慎重に注入。

リスク・副作用情報

稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。当院の幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)では、しこりが生じにくい注入法(マルチプルインジェクション)を行っておりますが、万一術後のしこりが気になる場合は、医師にご相談ください。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

未承認機器・医薬品の掲載に関して

未承認医薬品等である事の明示 StemSup™は未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 当院は日本バイオセラピー研究所で試薬として製造された培養上清を医師の責任において患者様の同意のもとで使用しております。
国内の承認医薬品等の有無の明示 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 リスクは現在まで確認されていません。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

こんな施術もおすすめ

聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらご覧ください。

VIEW MORE

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。
2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ