0120-911-935

[ 09:30-20:00 ]
0120-773-566
[ 20:00-23:00 ※新規予約のみ ]
[ 23:00-09:30 ※自動音声対応 ]
En/Ch
閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

menu

聖心美容クリニック 形成外科 美容内科 美容皮膚科 皮膚科

contact

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

【成長因子注入】プレミアムグロースファクター再生療法の特長 Featurse

"薄毛の大きな要因"=「成長因子の不足」に着目

薄毛に悩むすべての女性へ
再生医療技術が優れた発毛効果を発揮

プレミアムグロースファクター再生療法は、薄毛の大きな要因と
なっている“成長因子の不足”に着目した先進的な再生医療技術に
よる毛髪再生治療です。成長因子を頭皮に補い、毛髪が成長する
ためのシグナルを正常に機能させることで、男女問わず、
様々な原因の薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。

5つの成長因子が発毛に効く理由

成長因子とは動物の体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称です。現在では細胞と細胞の間の信号物質として働くことが分かっています。当院では多種類の成長因子を豊富に含むBENEV社製の薬剤を使用しています。

プレミアムグロースファクター再生療法で使用する薬剤は、BENEV社と聖心美容クリニックが共同開発したものです。健康な毛包をつくるために必要な成長因子「KGF」が、従来の約70倍含まれています。
ご希望の患者さまには、オプションとして、上記薬剤の約435倍~500倍のKGFを含有した「KGFブースター」の導入も行っております。

※BENEV社が所有する薬剤管理施設はFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けています。

従来の治療を上回る、
”毛髪再生”=髪を生やす、育てる効果を発揮!

10人に1人が薄毛に悩んでいます

女性の薄毛の原因は色々!

男性の薄毛(AGA)に比べ、女性の薄毛の原因は複雑なため、抜け毛が悪化する前に治療を受けることが大切です。

1頭皮トラブル

ヘアケア製品(シャンプー・トリートメント・カラーリング・パーマ)による頭皮疾患が原因

2ホルモンバランスの変化

出産後の女性ホルモンの変化、更年期に起こる急激なホルモンの減少によるもの

3ストレス

仕事や人間関係・生活環境変化によるストレスが原因

4過度なダイエット

極端なダイエット、偏った食事による食生活の乱れが原因

女性に多い脱毛症

女性の約40%が生涯に1度は発生
1. びまん性脱毛症

「びまん」とは、「広がること、はびこること」を指します。
びまん性脱毛症では、分け目が広がり、トップのボリュームが減少、地肌が透けるような症状が表れます。
男性はM字禿げや頭頂部が丸く禿げる、部分的な薄毛の形が多いですが、女性は全体的な広い範囲に薄毛の症状が出ることが多いです。
調査では、20代以上の女性の約40%が生涯に一度は、びまん性脱毛症を発症するとも言われています。

こんな症状の方、要注意です
  • トップのボリュームが減ってきた
  • 分け目が広くなった気がする
  • 地肌が透けて目立つようになった

出産後の女性ホルモン変化による薄毛
2. 分娩後脱毛症

妊娠中は女性ホルモンが増加し、毛髪の成長期が維持されます。
その影響で本来抜けてしまうはずの髪が成長し、妊娠中に髪の毛が増える方もいらっしゃいます。
出産後は、その反動で一気に毛髪が休止期に入ってしまうために、薄毛の症状が出てきます。
これが分娩後脱毛症です。若い女性でも産後は薄毛に悩む方が多いのです。

近年増加傾向にある薄毛の原因
3. FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)とは『Female Androgenetic Alopecia』の略称です。
男性のAGAとは異なり、体内の女性ホルモン分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることが原因といわれています。(閉経後など)
一般的にFAGAの特徴として、発症年齢の多くは40代といわれていますが、近年では女性の社会進出が増えたことによるストレス、過度なダイエット、ライフスタイルの変化などが影響して、年齢問わずFAGAになる方がいらっしゃるのも事実です。

プレミアムグロースファクター再生療法なら…

プレミアムグロースファクター再生療法は、女性の薄毛やAGA(男性型脱毛症)など、 男女問わず様々な原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、発毛・育毛効果 があります。

症状や毛根の状態を見て、医師がカウンセリングさせていただきます。まずはご相談ください。(相談無料)

女性

  • びまん性脱毛症
  • 分娩後脱毛症
  • FAGA(女性男性型脱毛症)

男性

  • AGA(男性型脱毛症・壮年性脱毛症)

HARG療法との違い

当院でも過去にHARG療法を行っておりました。

HARG療法
2008年
毛髪治療としては有名な「HARG療法」
当院でも過去にHARG療法を行っておりました。
グロースファクター再生療法
2010年
グロースファクター再生療法とHARG療法を比較臨床し、明らかに高い効果が実証されたことからグロースファクター再生療法での治療を採用。

価格

長期での経過も大切な毛髪治療において、価格も見逃せないポイントです。

某クリニック 聖心美容クリニック
8回
実施の場合
(税込)
HARG療法 プレミアムグロースファクター再生療法
(ダーマスタンプ法の場合)
1,320,000円

457,600円

約1/3の価格!!

複合治療による驚きの相乗効果

当院の毛髪治療はプレミアムグロースファクター再生療法をはじめ、各種内服薬・外用薬を組み合わせた複合治療により発毛効果を最大限に発揮させることを目指しています。
スキンケアをされる際、化粧水・美容液・クリームと肌のそれぞれの場所に応じてお手入れをするように、毛髪も患者様の状態に応じた複合治療をすることで、高い相乗効果を得ることが出来ます。
「薄毛を予防したい」「とにかく生やしたい」などのご希望も遠慮なく細かくご相談ください。患者様の体質・脱毛パターン・進行度・予算などに合わせ、医師が最適な組み合わせをご提案します。

統括院長 鎌倉 達郎医師

例えば、カウンセリングを行い、貧血によって起こる脱毛と判明した場合、ミネラルエナジー(サプリメント)の併用をお勧めするなど、患者様のニーズにあわせたベストなご提案させていただきます。

*ミネラルエナジーとは
普段の食事だけでは不足しがちなミネラルをバランスよく配合した、女性におすすめのサプリメントです。分子栄養学に基づき、医師により考えられました。

当院が効果を認めている薄毛治療薬(女性用)

内服薬(飲み薬)
外用薬(塗り薬)

早い人で3回で発毛効果を実感

プレミアムグロースファクター再生療法は、一定期間継続していただくことによって効果が現れてきます。
状態により個人差はありますが、約3回から発毛効果を実感していただくことができます。

ご注意ください

治療回数が少なくても、効果が薄いのでは意味がありません。
当院では最大限の効果を出すための回数・頻度を組み合わせてご提案しています。

当院での治療回数

クール
施術
回数
治療期間
1/2クール
エレクトロポレーション法
ダーマスタンプ法
6回
8回
1~2週間に1回(約1ヶ月半~3ヶ月)
1クール
エレクトロポレーション法
ダーマスタンプ法
12回
16回
1回~8回まで1~2週間に1回
(約1ヶ月半~3ヶ月)

9回~16回まで2~3週間に1回
(約3ヶ月~半年)

福岡院院長 美原 寿之医師

毛髪治療は長期での経過も大切です。
短い期間だけ集中的に頑張るというよりは、のんびり継続する方が結果が出やすいと思います。
ある程度薄毛が改善すれば後はホームケアで、という患者様も多いですよ。

症状や毛根の状態を見て医師がカウンセリングさせていただきます。
まずはご相談ください。(相談無料)

安心のクリニック環境

聖心美容クリニックでは、患者様に安心して
施術を受けていただける環境を整えております。

プライバシー重視の完全個室

聖心美容クリニックでは、施術室はもちろんのこと、患者様に安心して施術を受けていただけるよう待合室も完全個室としております。また、アロマの香りでリラックスできる院内環境にてお迎えします。
男女問わず、薄毛でお悩みの患者様に安心していらしていただけるプライバシーを重視した環境を整えております。

正しい診断、施術ができるドクター

どんなに良いマシンも薬も、症状をしっかりと診断できる医師でなければ、意味がありません。当院では、患者様のトラブルの原因を的確に判断し、最適な治療をご提案しています。
また、当院の医師は、学会での発表やセミナーなども開催し、日々先進的な治療を提供できるように努めています。

施術中、術後も安心な環境

診察室、更衣室、処置室など患者さまが利用される個室には、患者さまが入室していることが廊下など室外からわかるサインを各部屋に取り付け、安心して施術を受けていただけるよう心掛けております。
どんな小さな不安もフォローを致しますので、ご安心ください。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

現在の髪の状態や薄毛が気になる部位などを確認しながら、適切な治療法を医師がご説明します。薄毛の状態によっては、検査が必要となる場合もあります。

STEP2薬剤導入

薬剤を頭皮へ効率的に浸透させるため、いくつかの方法をご用意しています。

エレクトロポレーション法 (約25分)

表皮上から特殊な電流を与える方法です。肌のバリア機能へ一時的に隙間を開けて、毛髪再生に必要な有効成分を毛根まで届けます。麻酔を使う必要もなく、また均一な力で薬剤を肌の深部まで導入できることが特長です。

※バリア機能は治療後、数分で自然に回復します。

流れ

1. 頭皮のクレンジング(約5分)

専用のプローブを用い、クレンジングモードで頭皮のクレンジングを行います。

2. 薬剤導入(約10分)
ハンドピースを頭皮に優しく押し当て、有効成分を浸透させます。

3. 吸収を高める(約10分)
頭部にラップをして、注入と同じ長さの時間を置き、薬剤の吸収を高めます。

ダーマスタンプ法(約10分)

液状の成長因子カクテルを頭皮の薄毛が気になる部分に塗布します。 その後、極微細のステンレススチール製針がついた医療用スタンプ(ダーマスタンプ)を頭皮に軽く押し当てていきます。この針によって頭皮には無数の極小さな穴が開けられ、そこから毛根周辺まで成長因子カクテルを浸透させていきます。

麻酔をご使用しなくても、我慢できる痛みですが、痛みに弱く、麻酔をご希望の方には、頭皮に塗るタイプの麻酔とブロック麻酔をご用意しております(別途費用)。

【成長因子注入】プレミアムグロースファクター再生療法の症例写真

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 エレクトロポレーション法:約25分 ダーマスタンプ法:約10分 (各1回)
通院 エレクトロポレーション法:1クール12回(ハーフクール6回)
ダーマスタンプ法:1クール16回(ハーフクール8回)
コースのため通院あり
日常生活 ダーマスタンプ法:当日の飲酒・洗髪(施術後)はお控えください。
腫れ・赤み

ダーマスタンプ法による処置後は、薬剤による血行促進のため、処置部位の熱感があります。3~4時間程度で症状は落ち着いてきます。稀に注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、痒みが現れることがありますが、時間の経過と共に解消されます。

※エレクトロポレーション法の場合、痛み・出血・腫れの心配がなく、お肌に優しい方法のためダウンタイムもありません。稀に軽い電気刺激を感じる場合があります。

効果 薄毛の原因の大きな要因となっている“成長因子の不足”に着目し、世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。この成長因子を頭皮に補い、毛髪成長シグナルを正常に戻すことで、性別を問わず、様々な薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。
施術内容

【処置方法】特殊な電流で薬液を浸透させる。

【成分】KGF(ケラチン細胞増殖因子)、IGF(インスリン様成長因子)、HGD-1(肝細胞増殖因子)、VEGF(血管内皮細胞増殖因子) bFGF(繊維芽細胞増殖因子)

リスク・副作用情報

アレルギー反応、初期脱毛、電気刺激によるしびれ感、悪性腫瘍の既往がある場合、腫瘍を増大させる可能性。

※妊娠の可能性がある場合や妊娠中、授乳中の方への治療は行っておりません。必ず医師にお伝えください。

※悪性腫瘍の既往がある場合、成長因子を用いた治療により腫瘍を増大させる可能性があるとされています(当院の治療でそのような報告は現在ありません)。悪性腫瘍の既往がある方は、事前に必ず医師にご報告ください。

※エレクトロポレーション法は以下に該当する方は受けられません。ご了承ください。 心臓疾患の方、ペースメーカーを使用中の方、急性疾患の方、有熱性疾患の方、施術部位に感染症や肌トラブルのある方、結核性疾患の方、溶剤アレルギーの方

未承認機器・医薬品の掲載に関して

未承認医薬品等である事の明示 KGF FD Powderは未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 Medical Associates HK Co., Ltd.社
国内の承認医薬品等の有無の明示 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 禁忌)本剤の成分に過敏症の既往歴のある患者様
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。
未承認医薬品等である事の明示 ダーマスタンプ0.8mm(Skin Stamp 0.8mm)は未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 ENSKIN社
国内の承認医薬品等の有無の明示 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 以下の認証を取得しております。
医療用機材として、韓国のMFDSに承認。
リスクは赤み、色素沈着、発疹、はれ、肝斑、瘡蓋が報告されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

オプションメニュー

聖心毛髪再生外来では、プレミアムグロースファクター再生療法と同時に頭皮に浸透させることができるメニューをご用意しています。 患者様の症状に応じて、オプションを利用することで高い発毛・育毛効果を実現させます。

KGFブースター
発毛に有効とされる成長因子「KGF」を高濃度に含有した薬剤です。追加注入することで、さらなる発毛効果が期待できます。

【成長因子注入】プレミアムグロースファクター再生療法についてよくあるご質問

薬剤は安全なものですか?
当院で使用する薬剤は、米国カリフォルニア大学サンディエゴ校にて再生医療関連の研究を行っていた元教授で、現在も再生医療・組織再生の第一人者である.グレッグ・マグ ワイヤー医師や、再生医療の世界的権威として名高いアハマド・アリ・カターニ医師が開発に携わったBENEV社製の薬剤です。実績も多数あり、ご安心いただけます。 また、BENEV社が所有する薬剤管理施設はFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けているため、お墨付きと言えます。
【開発に携わった専門家の紹介】

グレッグ・マグワイヤー医師

  • 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)にて再生医療関連の研究を行っていた元教授
  • 現在も再生医療、組織再生の第一人者として活躍
    2009年5月27日に聖心美容クリニック東京院に訪れ、大きな可能性を秘めた「成長因子」による医療技術・学術に関して、当院の鎌倉統括院長、伊藤院長(東京院)と意見交換を行いました。
  • その縁により、当院にいち早く世界再先端の毛髪成長因子薬剤が紹介され、導入することができました。

アハメド・アリ・カターニ医師

  • カリフォルニア大学アーバイン校にて免疫学博士号取得
  • 現在は、BENEV Scientific Advisory Boardのメンバーとして活躍中
  • 医科大学の助教授、有名医療雑誌の評論家、米国免疫学会・薬理学会の一員としても活躍されており、科学雑誌『ネイチャー』にも多数の論文を発表
  • 幹細胞/成長因子研究を医療・美容分野に応用している世界的な第一人者。
毛包ってなんですか?
毛包(もうほう)とは字の通り、毛穴内で毛根を包んでいる組織です。ここは毛髪の発毛環境を整える役目を担っています。
コースが8回と16回がありますが、8回でも効果はありますか?
毛髪の治療は効果に個人差がありますので、一概には言えませんが、早い方は3~4回目ぐらいで効果を感じ始めています。8回でも、もちろん効果は期待できます。 現在どのような状態でどの程度の改善を希望しているかによっても異なりますが、抑えたり、髪の毛を増やしたり何らかの効果がほぼあります。

こんな施術もおすすめ

聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらご覧ください。

VIEW MORE

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。
2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ