土日祝も
受付

0120-911-935

[ 09:30-20:00 ]
夜間
0120-773-566
[ 20:00-23:00 ]
※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

イントラジェンの特長 Featurse

リフトアップ、
小顔、ハリツヤ
効果
無痛+経済的な
料金
他治療と
組み合わせて、
効果アップ

定期的なお肌メンテナンスに最適

お肌のたるみ予防と改善ならイントラジェン。RF(ラジオ波)によって、リフトアップや小顔効果、お肌のハリツヤを整えます。治療中の痛みもほとんどなく、他のたるみ治療に比べ、経済的な料金設定も魅力です。そのため、気軽に何度も続けられ、定期的なお肌メンテナンスに最適です。

適応部位・症状

たるみやシワなど、気になるお顔の悩みに効果を発揮します。

適応部位 : 顔全体、首
適応症状 : 頬のたるみ、フェイスラインのゆるみ、小ジワ、ほうれい線、ハリ不足、毛穴の開き

こんな方におすすめ

  • 痛みや強い刺激を伴う治療が苦手な方
  • 初めてのたるみ治療をお考えの方
  • 他のたるみ治療効果を長持ちさせたい方
  • 続けやすい費用で、定期的なたるみケアをしたい方

最新のシワ・たるみ治療 GFRテクノロジー

GFRとは「コラーゲン収縮」に着目した最新テクノ ロジーによるシワ・たるみ治療法です。
癌治療など医療現場でも広く用いられるRF(ラジオ波)を、格子状に照射することで、皮膚の表面を保護しながら、お肌の奥へと均一・確実にエネルギーを作用させることが可能になりました。 また、痛みがほとんどないことも特長です。

即効性の引き締め効果

RF(ラジオ波)の一次効果として、即効性の引き締め効果があります。照射されたラジオ波は真皮層で熱に変化し、コラーゲン線維が収縮。その結果、たるんだ皮膚が引き締まります。

持続性のハリツヤ効果

二次効果としてコラーゲンの増加生成も。引き締まった肌の中でコラーゲンが増殖するため、ハリツヤのある肌へと変化していきます。

効果出現イメージ

引き締め効果は1~2週間で、ハリツヤ効果は12週間かけてゆっくりと現れます。

痛みの少ない照射を工夫

イントラジェンはラジオ波を格子状に照射することで、痛みを最小限におさえています。お肌のメンテナンスを定期的に、そして気軽に受けていただくための工夫です。

施術の比較 Comparison

イントラジェン

アプローチ

主なターゲット

ゾーン

リフトアップ効果

GFR RF(ラジオ波)

真皮中層~

深層

ウルセラシステム

アプローチ

主なターゲット

ゾーン

リフトアップ効果

超音波

真皮深層~

SMAS層(表在性筋膜)

イントラセル

アプローチ

主なターゲット

ゾーン

リフトアップ効果

極細針+RF(ラジオ波)

真皮浅層~

中層

中~低

サーマクール

アプローチ

主なターゲット

ゾーン

リフトアップ効果

RF(ラジオ波)

真皮中層~

深層(一部皮下脂肪層)

タイタン(熱海)

アプローチ

主なターゲット

ゾーン

リフトアップ効果

赤外線

真皮中層~

深層

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2施術(1時間程度)

お化粧を落とし、RF(ラジオ波)を照射します。

STEP3施術後

お化粧は当日から可能です。

治療期間・回数

2~3ヵ月に1度、定期的にお受けいただくことをおすすめします。

※<イントラジェン>は1回で劇的な効果を得られる治療ではありません。個人差はありますが、継続的な治療により、効果を実感していただけます。

組み合わせ施術

当院ではイントラジェンと「ウルセラシステム」または、「イントラセル」との組み合わせ治療をおすすめしています。割引システムもご用意しておりますので、是非ご検討ください。

ウルセラシステム×イントラジェン

「ウルセラシステム」の高いリフトアップ効果をイントラジェンで長期持続!

ウルセラシステムは、皮膚の深い層(真皮層~SMAS層)に超音波を届け、たるみを強力にリフトアップするマシン治療です。たるみ治療マシン(リフトアップマシン)として世界で初めて、FDA※1の認可※2を受けています。 ※1:FDA(米国食品医薬品局):日本の厚生労働省にあたる米国の行政機関 ※2:2009年9月「アイブロウリフト(眉毛のリフトアップ)」に効果があるものとして認可。

おすすめするには理由があります。

手術と同じたるみ治療メカニズムをマシンで実現

たるみ治療の中で最も効果が高いのは、フェイスリフトやミニリフトといった外科手術による治療です。これら手術は、通常、皮下組織からSMASまでの深い 層と、皮膚の浅い層をどちらも引き上げることできます。根本的なリフトアップを図れ、さらに効果も長持ちします。
しかし、メスを使用する手術が必要である ことが難点でした。 当院では、手術を躊躇される方へのマシン治療をご用意しています。
その一つ、ウルセラシステムは皮膚の深い層(SMAS層)へのアプローチが可能です。一 方で、イントラジェンは皮膚の真皮層へアプローチできます。つまり、手術をすることなく、手術同様に深い層と浅い層からたるみ治療するという美容外科的な メカニズムが叶うことがウルセラシステムとイントラジェンの組み合わせをおすすめする理由です。

ウルセラシステムの効果を長期持続できる

ウルセラシステムは肌表面をクーリングしながら照射するため、痛みや熱感が大幅に軽減されます。しかし痛みが全くなくなるわけではありません。毎回痛みを感じる施術を受けるのは、苦手な方もいらっしゃいます。 そこで、当院ではウルセラシステムと、ほぼ無痛のイントラジェンを組み合わせることをお勧めしています。 ウルセラシステムで肌深部からたるみを引き上げた後、定期的にイントラジェンをお受けいただくことで、ウルセラシステムの高いリフトアップ効果を維持します。

ウルセラシステムを詳しく見る

イントラセル×イントラジェン

「イントラセル」で肌の質感改善、イントラジェンでリフトアップ、W効果

イントラセル(INTRAcel)は、わずか0.1mmの超極細絶縁針で、真皮層だけにRF(ラジオ波)を流し、コラーゲンの生成を促進させることで、シワ・たるみ・毛穴の開き・にきび跡など、肌の質感を改善するマシン治療です。

おすすめするには理由があります。

肌質改善とリフトアップが可能

イントラセルとイントラジェンは同じRF(ラジオ波)のマシン治療ですが、お肌への作用が異なります。
イントラセルのRFはコラーゲン生成促進作用があり、肌の内部から皮膚の再生・ボリュームアップを図ります。ハリツヤのあるお肌へと導く【肌質の改善効果】があります。
一方で、イントラジェンはたるみの【引き締め効果】があり、フェイスラインのリフトアップやタイトニングが可能です。
イントラセルとイントラジェンを組み合わせることで、若々しいお肌の条件であるハリツヤがあり、たるみのないすっきりとしたフェイスラインを実現できます。

イントラセルを詳しく見る

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 カウンセリングやお化粧落としも含め2時間程度
日常生活 施術当日は激しい運動、入浴、サウナ等の発汗行為は避けてください。シャワーは当日から可能です。
メイク 照射後すぐに可能です。
痛み ほとんどありませんが、やや熱感があります。
痛みに弱い方は医師にご相談ください。
副作用情報 経過に伴い、稀に合併症が生じる可能性があります。合併症としては、施術部位の火傷、発赤、腫脹、熱感などがありますが、いずれも早期治療にて改善が可能です。万が一、異常を感じた場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

イントラジェンについてよくあるご質問

痛みに弱いのですが、どのくらいの痛さでしょうか。また麻酔はするのでしょうか?
やや熱感がありますが、ほとんどの方は麻酔なしで施術を受けられます。痛みにとても弱いという方は、医師にご相談ください。
ダウンタイムはありますか?
ほとんどありません。すぐにメイクも可能です。赤みが残ることがありますが、1~2日で落ちつきます。
どのくらいのペースで通うのが理想的ですか?
イントラジェンには一次効果と二次効果があります。一時的に肌にハリがでる一次効果は約1~2週間。その後、二次効果としてコラーゲンの増生が12週間(3ヵ月)をかけて現れるため、2~3ヵ月に一度の施術がおすすめです。
日焼けしていても受けられますか?
お肌の色に関係なくお受けいただけますが、日焼けした直後はお肌が敏感なため、落ち着いてから施術をうけていただくことをお勧めします。
他の治療と一緒に受けられますか?
同日処置が可能な治療もありますので、医師にご相談ください。
イントラジェンとウルセラシステムは同日にできますか?
イントラジェンは皮膚真皮内、ウルセラはSMAS層または皮下組織に作用しますが、共に熱エネルギーを与えるため同日の施術はお勧めしません。 いずれかを受けられた後1週間程度以上あければ、もう片方の治療をお受けいただくことができます。
イントラジェンとイントラセルはどのくらいの間隔で受けるのがよいですか?
イントラジェンとイントラセルの併用の場合は同じ皮膚の層(真皮層)に作用するので、間隔は3ヶ月程度開けた方がよいでしょう。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける