閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

Q&A 詳細

ただの黒ずみではなく副作用で黒ずんでしまったものも治療かお薬で治せますか?

ひざの黒ずみが気になっていたので市販で買ったハイドロキノンを塗っていたら、塗ったところが丸く余計に黒ずんでしまいました。 ただの黒ずみではなく副作用で黒ずんでしまったものも治療かお薬で治せますか? あとはデリケートゾーンの黒ずみに効くお薬も気になります。

ドクターからの回答

東京院 横浜院 S-Labo医師

川守田 詩乃

ハイドロキノンで逆に黒ずみが悪化してしまったのですね。
お肌への刺激が強すぎたため、炎症を起こして色素沈着になってしまったのかもしれません。
色素沈着には、ハイドロキノンと同時にトレチノインの併用もすると良いのですが、これも市販のものですと刺激が強いかもしれません。
当院のNトレチノインやHQエッセンスは刺激が少ないので、お薬での治療をご希望でしたらこちらがおすすめです。
もう一つですが、Picoトーニングという施術方法もございます。
お顔のくすみや肝斑に対して行いますが、お顔以外でも色素沈着にトーニングをすることがあります。両膝で範囲も広めなので、こちらのほうが合っているかも知れませんね。
トーニングを受けると同時に、ご自宅ではレチノステムM.D.ボディローションを使用して頂くと良いですよ。ぜひホームページ内をご参考にしてくださいね。
デリケートゾーンの黒ずみにはピンクインティメイトというピーリング剤が良いでしょう。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格や施術等の情報に一部古い内容が含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

関連するQ&Aをみる

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ