このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【ヘアケア】サイトプロMDヘア

サイトプロMDヘアイメージTOP

特長

サイトプロMD ヘア マイクロニードリングソリューション(クリニック処置使用)

細胞の修復と再生を司るヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子を配合(ホーム用/ヘアSCSの約2倍)。毛包再生に必要なWnt-1a経路へのシグナル伝達を促すための特別な処理がされています。さらに、毛包の複製と再生に働きかける12種類のサイトカイン・成長因子をプラス。健康的で強い髪を生み出し、若々しくボリューミーな頭髪環境へ導きます。植毛後のヒーリングケアとしても◎。クリニックでの施術に使用する専用の『頭皮用トリートメント』です。

マイクロニードリングソリューション(2mL×5本入り/1箱)

サイトプロ MD ヘア マイクロニードリングソリューション

主要配合成分

  • Wnt経路強化ヒト骨髄幹細胞培養液
  • インシュリン様成長因子(IGF-1)
  • 線維芽細胞成長因子(FGF)
  • ケラチノサイト成長因子(KGF)
  • ノギン(NOG)
  • 血管内皮細胞成長因子(VEGF)
  • コロニー刺激因子(CSF)
  • エリスロポエチン(EPO)

マイクロニードリングソリューションの施術の流れ

STEP1洗髪する

患者さまは、ご来院前に自宅で洗髪を済ませてください。昼間の洗髪が難しければ、前日の夜の洗髪でも構いません。
(ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどは一切塗布しないでください。)

STEP2薬剤注入

トリートメントエリア(薄毛が気になる部分)に、「マイクロニードリングソリューション」を塗布します。

ダーマスタンプ法

スタンプ

「マイクロニードリングソリューション」を頭皮の薄毛が気になる部分に塗布します。
その後、極微細のステンレススチール製針がついた医療用スタンプ(ダーマスタンプ)を頭皮に軽く押し当てていきます。この針によって頭皮には無数の極小さな穴が開けられ、そこから毛根周辺まで浸透させていきます。

麻酔のご使用なしでも、我慢できる痛みですが、痛みに弱く、麻酔をご希望の方には、頭皮に塗るタイプの麻酔とブロック麻酔をご用意しております(別途費用)。

STEP3再度、「マイクロニードリングソリューション」の塗布

マイクロニードリングソリューション

すべてのトリートメント終了後、残った「マイクロニードリングソリューション」を頭皮全体に塗布します。
※ 「マイクロニードリングソリューション」は1回のトリートメントで1本(2mL)すべてを使い切ります。


※ 成分を一晩頭皮に留めるため、洗髪は翌朝以降にしてください。
※ 施術後は整髪料を使用しないでください。

サイトプロ ホームヘアシステム(ホームケアにて使用)

23種類の植物エキス配合の「サイトプロヘア ポーリーボタニカル」とヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子が配合された「サイトプロヘア SCS」のコンビネーションで、頭皮と髪を活性化し、ハリコシのある健康的な髪へ導きます。ご自宅で使用する専用の『頭皮用トリートメント』です。

サイトプロ MD ホームヘアシステム(ポーリーボタニカルとSCS)

ポーリーボタニカル(2mL×3本入り/1箱)

髪の成長に働きかける植物エキスをたっぷり配合。アミノ酸やフラボノイドが髪の成長サイクルに最適な頭皮環境を整えます。

主要配合成分

  • 植物成分(養毛)
  • L-カルニチン
  • カフェイン
  • バイカリン
  • アデノシン
  • クェルセチン

SCS(2mL×2本入/1箱)

Wnt経路強化(毛包再生・成長期への移行へ働きかける)ヒト骨髄幹細胞培養液に加えて、12種類のサイトカイン・成長因子を配合。眠っている毛包幹細胞に働きかけます。

主要配合成分

  • Wnt経路強化ヒト骨髄幹細胞培養液
  • インシュリン様成長因子(IGF-1)
  • 線維芽細胞成長因子(FGF)
  • 上皮細胞成長因子(KGF)
  • ノギン(NOG)
  • 血管内皮細胞成長因子(VEGF)

ホームヘアシステムの使用方法

ポーリーボタニカルの使用方法
  1. 洗髪後、髪をよく乾かします。
  2. 「ポーリーボタニカル」を薄毛の気になる箇所に、2コート(目安)に塗布します。
  3. 塗布した部分はよく乾かし、一晩かけて頭皮に浸透させます。

※ 塗布前後は、ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどは使用しないでください。

SCSの使用方法
  1. 洗髪後、髪をよく乾かします。
  2. 「SCS」を薄毛の気になる箇所に、1コート(目安)に塗布します。
  3. 薄毛の気になる(塗布した)箇所に、0.25mmのマイクロニードル(ローラー)でトリートメントします。
    ※ 毛髪を細かく分けながら1箇所ずつ、しっかりとトリートメントしてください。
  4. 「SCS」を再度、重ねるように塗布します。
  5. 塗布した部分はよく乾かし、一晩かけて頭皮に浸透させます。

※ 塗布前後は、ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどは使用しないでください。

1日おきに交互に使用します。(1週間のスケジュール例)

1週間 使用商品
1日目 ポーリーボタニカル
2日目 SCS
3日目 ポーリーボタニカル
4日目 SCS
5日目 ポーリーボタニカル
6日目 (予備)
7日目 (予備)

※ ポーリーボタニカル:週3回/SCS:週2回
※ 当院での治療日、予備日は患者様のスケジュールに合わせてご相談、設定してください。
※ 毎週、必ず同じ曜日である必要はございません。

症例

57歳 / 男性・術後12週間経過

Before
sample_57歳男性ビフォー
After
sample_57歳男性アフター

【概要】
2週間おきに1.0mmニードルで6回施術/MDヘアソリューション併用
週3回ホーム用ヘアポーリーボタニカルを外用塗布/マイクロニードル無
週2回ホーム用ヘアSCSを外用塗布/0.2mmマイクロニードル併用

3製品を1クールとしての取扱い方

3製品を使い、3ヶ月間(12週間)の治療を、1クールとして取り扱います。

1クール
製剤 マイクロニードリングソリューション ポーリーボタニカル SCS
場所 クリニック 自宅 自宅
方法 スタンプ 塗布 マイクロニードル
(ローラー)
頻度 2週間に1回(計6回) 1週間に3回(計36回) 1週間に2回(計24回)
1クール分の製剤量
+
マイクロニードル
(ホームケア用)
2ml/本×6本 ホームケアシステム×3箱
2ml/本×3
SCS:2ml×2本
マイクロニードル(0.25mm) × 6本
(1本を2週間使用)

※ ご使用量は、塗布範囲(治療範囲)、または毛量により異なります。

タイムライン(スケジュール例)

2週間のタイムラインのスケジュール例

料金

  モニター価格(税抜) 通常価格(税抜)
1クール(12週間) 280,000円
(別途預かり金:3万円)
350,000円
ホームヘアシステム + マイクロニードル(2本) 50,000円

※ ホームヘアシステム3箱+マイクロニードル(0.25mm)×6本は、初回申し込みの際に一式お渡しします。

※ ホームヘアシステム+マイクロニードル(2本)の単体販売は、治療範囲や毛量により、製剤が不足した場合となります。

モニター条件
  • 当院が定める通院が可能な方(処置+写真撮影/1クール終了後6ヶ月目まで)
  • 症例写真の使用に承諾いただける方(Webサイト・ドクターブログ・SNS・TV・各種紙媒体など)

    ※ 原則、個人が特定できないような写真を使用します。

  • モニター期間中は、他の注入治療を休止することができる方(内服外用治療をされている場合は、サイトプロヘアと並行して継続ができる方)

(注)以下の条件に該当する方はご参加いただけません。必ずお申し出ください。

  • 治療部位に外科的手術を受けたことがある方。
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方。授乳中の方。
  • 未成年の方。
毛髪再生トータルパッケージプラン
男性専用 AGA・薄毛治療 女性専用 薄毛治療

この施術が受けられるクリニック案内

毛髪再生外来
モニター募集 毛髪再生トータルパッケージプラン
ケラステム毛髪再生
認定再生医療等委員会

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る