このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

子どものわきが 3 悩める子どもの体臭 においの元を探ろう

POINT

わきがと多汗症は汗の出る汗腺がちがう

わき以外にも“わきが”になる場所がある

お子さんのわきがを見逃さないためには…

わき汗のにおいの原因はわきがだけじゃない

エクリン汗腺,アセチルコリン,アポクリン汗腺

いやな体臭の代表格といえば、わきの汗を原因とするにおいですよね。わき汗のにおいには大きく分けて、アンモニアのような酸っぱさを感じるにおいと、ネギや鉛筆の芯、香辛料のクミンなどに例えられるわきがのにおいの2種類ありますが、これらは元となる汗腺や原因が異なります
人間の体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺があり、エクリン腺は全身にくまなく存在しています。エクリン腺から出る汗の成分は、9割以上が水分で残りが塩分や尿素などです。サラサラしている上にわきがのにおいの元となる成分も含まれず、基本的には無色無臭です。けれども、多汗症や手汗などのトラブルは、このエクリン腺由来の汗によるものです。

また、ストレスや緊張などを感じると疲労物質や老廃物などが混ざり、粘り気やにおいを発することがあります。これは誰にでも起こり得る生理現象であり、アポクリン腺由来のわきが臭とは異なるものです。
ところが、これをわきがだと勘違いしてしまい、施術を望んでクリニックを訪れる人もいます。

わき以外の“わきが”のにおいにも注意

アポクリン腺がある場所

一方、わきがの原因であるアポクリン腺は、もともとはフェロモンを発する役割のあった汗腺です。エクリン腺のように全身ではなく、わきをはじめ耳や乳輪、おへそ周辺、性器周辺など、主に毛が生えている場所に存在します。
わきがはアポクリン腺が最も多く存在するわきの下から悪臭を発する症状を指すのが一般的ですが、稀に性器のアポクリン腺がにおう「すそわきが」と呼ばれる症状もあります。割合としてはさほど多くはありませんが、これも遺伝によるものが大きいので注意が必要です。

アポクリン腺から出た汗が細菌によって分解されることで悪臭を放つのがわきがですが、エクリン腺もまったく関係ないわけではありません。なぜなら、エクリン腺から出たサラサラの汗が蒸発する際に、においを広く発散してしまうからです。

子どものわきがのサインを逃さないためには

自分がわきがだと気づいていても親御さんに打ち明けられないお子さんもいま

お子さんから体臭を感じた場合、エクリン腺による汗臭さであれば過剰な心配は不要ですが、わきがである場合は何かしらの対策が必要となるので、まずはどのような種類のにおいなのかを正しく理解することが大切です。わきが臭を感じるけれど、お子さん本人に自覚がないと、自分の勘違いかもと思いがちですが、常に自分のわきがのにおいを嗅いでいる本人は鼻が慣れてしまって気づかないこともめずらしくないのです。

逆に、自分がわきがだと気づいていても親御さんに打ち明けられないお子さんもいます。そこには、においが原因で友人から笑われたりいじめを受けたりして口に出すのもつらい、心配をかけたくない、親のわきがのことをも指摘するようで不安などの理由が隠れているようです。

親御さんのどちらかまたは両方がわきがかどうか(遺伝する確率は、片方の親がわきがの場合は3〜5割程度、両親ともにわきがの場合は7割程度)、衣服のわきの部分にできた汗ジミが黄ばんでいないか、耳アカが湿っていないかなど、におい以外のわきがの特徴にも目を向けてみてください
正しい治療を受けて、においの悩みからぜひともお子さんを解放してあげてくださいね。

Check!!

親のどちらか、または両方がわきが

衣服の汗ジミが黄ばんでいる

耳アカが湿っている

本当はにおう? or におわない?

「自臭症」,「自己臭症」

お子さん本人が臭いと感じているのに、周りの人間は何のにおいも感じないというケースも稀にあります。それは、特に思春期において対人関係のつまずきなどから起こる「対人恐怖症」の一種かもしれません。
実際には強い体臭を放っているわけではないのに、「臭いせいで人に迷惑をかけている、嫌われている」と不安や恐怖心を抱く恐怖症で、「自臭症」「自己臭症」などと呼ばれます。本人は自分が臭いと信じ込み大変苦しんでいるので、いくら周囲が否定してもまったく聞く耳を持たないどころか、理解してもらおうと必死に訴え続けてきます。
このようなケースはお子さんの心のSOSだと捉え、心療内科やメンタルクリニックの受診も視野に入れてみてください。

多汗症、わきが治療 施術一覧はこちら
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る