毛包とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:もうほう|英語名:hair follicle
カテゴリ:毛髪再生外来

毛包は皮膚の機関であり体毛を生み出します。目で確認をする事が出来る部分で例を挙げると毛穴です。一般的に人の肌の1cm範囲内に20個程があります。発毛だけでは無く、他にも役割があるのです。例えば皮膚呼吸が代表的な役割でしょう。毛包から水蒸気を外に発散しています。他にも皮膚を分泌していますが、肌トラブルを引き起こす事も知られているのです。

毛穴に皮脂が蓄積すると角栓になります。そうなると毛穴が塞がれてしまい、毛穴の機能が低下するのです。

恒温動物等は体温の調節のために毛包が重要な機関として存在しています。代表的なのは汗が発散されることになるのです。

成長期には毛包も成長する時期になります。毛根が沢山分裂して毛管に加わります。休止期もあり、ストレスにさらされると毛髪等が未成熟な状態で休止期になるのです。流れとしては成長期、退行期、休止期という流れになります。それは、頭皮や、眉等も共通していますが、期間はそれぞれ違って来るのです。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る