AGAとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:えーじーえー|英語名:Androgenetic Alopecia
カテゴリ:毛髪再生外来

AGA、つまり男性型脱毛症とは抜け毛が増え、徐々に薄毛が進行していく症状です。

AGAで悩む男性の脱毛箇所には、通常より多くのDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが確認されています。
このDHTから脱毛シグナルが出ることで、細い毛髪が増えたり、長く太い毛に成長する前に抜けてしまうため、結果として薄毛が目立つようになります。

男性には男性らしさをつかさどるためのテストステロンというホルモンが分泌されます。このホルモン自体は抜け毛を増長しませんが、5α還元酵素と結びつくと、DHTに変換され、毛根を攻撃しはじめます。

そのため5α還元酵素を阻害してAGA進行を抑制するAGA治療薬(医薬品)が複数あります。

髪の毛は、成長期、退行期、休止期、そして脱毛というサイクルを繰り返しています(ヘアサイクルといいます)。
ところが、AGAになるとこの内の成長期が短くなり、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。
徐々に進行するため、なにもせずにそのままにしておくと、「少し気になる」と思った数年後には、全体が薄毛に・・・という可能性があります。

また、AGA治療薬で抜け毛の進行を止めている間に、「発毛」「育毛」を促す薬や治療を併用することで更に効果的な治療が可能です。

近年は女性が発症するケース(FAGA)も報告されています。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る