土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

プレミアムPRP皮膚再生療法(目の下のくま)の特長 Features

2019年11月現在 症例数51,000件を突破!

プレミアムPRP皮膚再生療法とは?

あらゆるくまに 青ぐま/赤ぐま/黒ぐま
3年以上 注入治療なのに長期持続
独自メソッド 配合技術が他院と違う!

プレミアムPRP皮膚再生療法は、あらゆる目の下のくま・たるみを改善することができる注入法です。その他にも、くぼみやシワなど、目元の幅広いお悩みを改善することができます。

従来のPRPと比べ、持続効果が、3倍に

当院では、従来よりもしこり・膨らみすぎを限りなく0に近づけた、“新・第4世代”のPRP治療を採用。
ご自身の血小板を使用するという安全性と切らない注入治療という手軽さから、のべ51,000人以上※が受けている人気の治療法です。

※2019年11月現在

◎プレミアムPRP皮膚再生療法は、くぼみやシワにも効果的です。

くぼみでお悩みの方はこちら

シワでお悩みの方はこちら

ご自身の「血液」が万能注射に

適応症状

プレミアムPRP皮膚再生療法は、ご自身の血液(血小板)を利用した”万能注射”。【成長因子】という組織を再生させる成分の働きを利用します。

ヒアルロン酸注入などの、単に異物で埋める治療とは違い、肌の組織そのものを増やし、元気に若返らせることができる安全な治療法です。

目元の老化は、くまやくぼみ、たるみなど複数の原因が重なって引き起こされています。
プレミアムPRP皮膚再生療法は、こうした複合的な原因による目元の老化症状を、たった1回の治療で改善できる、数少ない治療法です※。

※症状の度合いによる

そもそも“PRP”とは?

様々な成長因子を放出

PRPとは、Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)の略で、血液の中の「血小板」を多く含んでいる成分です。
血小板は、人間の体の中で血を止めたり、壊れた血管や細胞を治す働きをしており、その中に「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分があります。
この成長因子が放出されることによってコラーゲンの生成や表皮の成長などが促され、くま・くぼみ等の改善を助けます。

PRP治療の歴史

PRP治療は、「血小板による若返り注射」として、大きな注目を集めてから、様々な研究や改良が重ねられてきました。
しかし、一般的にはそれでもしこりや膨らみすぎによるリスク・効果の満足度・持続力には、課題があると言われてきました。

そんなPRPの課題を克服したのが、当院の「プレミアムPRP皮膚再生療法」です。
最適な効果を出すための成長因子の量や、注入技術のノウハウを貯蓄し、1番人気の若返り施術として定着しています。

3年以上効果が持続/しこりや膨らみすぎを限りなく“ゼロ”に/配合・注入量を緻密に計算/豊富な症例

※当院のNew-PRP皮膚再生療法にあたります。細かいちりめんジワの治療に最適です。

ご注意ください

安全で効果的なPRP治療を行うには、ドクターの知識と経験、技術が必要です。
ホームページ上では「PRP治療ができる」とうたいながら、いざカウンセリングに行くと他の施術に誘導される場合もあるようです。
クリニック選びの際は、各クリニックの症例写真を確認することをおすすめいたします。

当院のPRP治療の特長

聖心独自の配合メソッド
凸凹の状態・皮膚の厚み・年齢×注入量・濃度・注入の深さ・成分比・注射針
  • 一人一人のお悩みに合わせたオーダーメイド手法。
  • 51,000症例超の経験で培った、他院ではマネできない注入&配合技術。
細かな配合調整
細かな配合調整 マイクロピペット
  • PRPの配合に0.001mlまでの微量の液体を量り取れる「マイクロピペット」を使用。
  • より正確で、確実な配合調整が可能に。
濃縮率 最大10倍
PRPの濃縮率を6~10倍程度まで高める
  • PRPの濃縮率を6~10倍程度まで高め、従来には殆ど含まれていなかった白血球の抽出を可能に。
  • 濃縮率を高めることで、より優れた効果を発揮。
成長因子の配合
ご自身の血液から抽出したPRP(血小板)×不足している成長因子=今までにないきれいな仕上がりに
  • 血小板の機能を活性化させるため、不足している成長因子を、最適な比率で配合して注入。
  • 肌コラーゲンや細胞の再生能力を高め、最大限に効果を発揮。
痛み・内出血・腫れを軽減
従来の針(左) 当院の針(右)
  • 注入時の痛みを和らげるため、極細針を使用。
  • 注入後の内出血・腫れを最小限までに軽減。
安心の保証制度
安心の保証制度
  • 術後も安心できる体制を整えています。

保証制度

膨らみ過ぎのリスクが4分の1に減少

膨らみすぎのリスク

注入治療の中で一番よく聞く失敗は、「入れすぎ」による膨らみです。

PRP治療は、再生力に優れているため、注入量の最適な見極めが必要です。導入当初は、当院でもしこりやふくらみすぎによる不自然な仕上がりは見られました。

そこで、イチから配合・注入技術を見直し、聖心独自のメソッドを確立。
症例のべ5,266人の治療経過データを収集・分析したところ、しこりを含む膨らみすぎによるリスクが4分の1に減少していることがわかりました。
現在では、当院のPRP治療によるしこり・ふくらみすぎが起こるリスクは、限りなく0になっています。

くま・くぼみ改善のメカニズム

メカニズム

注入法による「くま・くぼみ治療」には、PRP治療とヒアルロン酸注入が一般的ですが、効果のメカニズムは全く異なります。

美しくハリのある肌は、コラーゲンがバネとなり、しっかり肌を支えています。しかし、加齢によりコラーゲンが減少すると、肌の弾力が弱まるため、肌に溝ができ、くぼみとなります。

  • ヒアルロン酸注入…物理的にくぼみを埋める
  • プレミアムPRP皮膚再生療法…細胞そのものを増やし、肌のくぼみ部分を再生する

また、ヒアルロン酸は時間とともに吸収されてくぼみが再び出てきてしまいますが、PRP治療は長期に渡り、肌内部からの若返りを 図ってくれることも大きな特長です。

PRSベストペーパーアワード2016を受賞しました

医学誌「PRS」表紙

November 2015 - Volume 136 - Issue 5
pp: 915-1134,584e-729e

PRSはアメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons)が発行する、世界でも最高の権威と評される医学誌です。

聖心美容クリニックでは2015年4月、統括院長 鎌倉達郎医師を始めとする当院医師陣により執筆・提出された「プレミアムPRP皮膚再生療法」に関する論文が、PRSに正式に受諾されました。

そして2016年、年間の医学論文の中でも特に優れた論文として選出され「ベストペーパーアワード2016」の受賞栄誉に輝くことができました。(2016年7月正式発表)

こうした第三者からの世界的評価を受けていることも、当院のプレミアムPRP皮膚再生医療の強みであり、全医師が自信をもっておすすめしたい治療法です。

ヒアルロン酸よりも効果的

ヒアルロン酸
PRP
塞栓症のリスク
ある
ない
持続期間
6~12ヶ月
3年以上
効果を持続するために必要な費用と注入回数
(3年間継続した場合)
約390,000円
(3年で6回/1部位)
290,000円~
(3年で1回/1部位)
仕上がり
青白くなることも
(チンダル現象)
腫れ、傷跡最小限
自然な仕上がり

当院では“目のくま”治療には、プレミアムPRP皮膚再生療法をおすすめしています。それは、ヒアルロン酸は、塞栓症や青白く見えてしまう(チンダル現象)リスクがあるからです。しかし、プレミアムPRP皮膚再生療法は、こうしたリスクがありません。また、くまやくぼみだけでなく、肌質も改善されます。PRPはボリュームを出す+肌再生効果+引き締め効果という本来ならば相反する効果を出すことができることが特長です。

塞栓症のリスクがない

塞栓症のリスクがない

塞栓症とは…

血管やリンパ管の中に、血栓や外部から入った異物が詰まり、血液の流れを止めるため、詰まった場所から懐死(えし)などの障害が起きてしまう症状のことを言います。

ヒアルロン酸は、薬剤自体には安全性が高くても、粒子が大きいために塞栓症を引き起こす可能性があります。特に、目の下や眉間付近は、皮膚が薄いため塞栓症のリスクが高く、失明の危険性もあります。しかし、プレミアムPRP皮膚再生療法は塞栓症(血管を詰まらせる)のリスクがありません。なぜなら、PRPはもともとが血液中の成分だからです。

長期的に考えると、実はお得

3年間の合計費用で考えた場合

目のクマのお悩みは10代後半~60代まで幅広い年代の方が多くお悩みを持っている部位です。ヒアルロン酸は維持するのに半年に1回位の頻度で注入をする必要がありますが、プレミアムPRPは1回で3年以上持続ということも特長です。しかも異物ではありませんので、安全面も問題ありません。実は、長期的に見るとプレミアムPRPの方が安価に抑えられるのです。

費用を見る

満足度を見る Customer Satisfaction

当院のプレミアムPRP皮膚再生療法は、満足度が高い治療法です。

当院で施術を行ったのべ5266人の満足度を集計したグラフです。
術後1ヶ月から徐々に効果を実感していく方が多いことがわかっています。
また、60歳以上の方にも、しっかり効果を実感いただいています。

施術の流れ Flow

STEP1無料カウンセリング
医師とのカウンセリング

医師とのカウンセリングで気になる症状をお伺いし、適切な治療方法をご提案します。同じような悩みを改善された方の症例写真をご覧いただくこともできます。
また、ご希望に応じてイメージシミュレーションシステムで仕上がりのシミュレーション画像を確認することも可能です。

STEP2採血
採血

ご自身の血液を採血します。
(1ccのPRP(血小板)を抽出するために必要な血液は9cc)血液検査程度の採血なので、貧血気味の人でも安心です。

STEP3PRP(血小板)抽出、成長因子を添加
多血小板血漿(PRP)を取り出します

多血小板血漿(PRP)を取り出します。
遠心分離機で抽出することで、血小板回収率が97%以上と高く、通常の2倍もの血小板を含んだPRPを作ることができます。
その後、抽出した多血小板血漿(PRP)に成長因子を適量加えます。

STEP4注入
注入

注入部位に印をつけ、プレミアムPRPを少量ずつ、何箇所にも細かく分けて注入していきます。
注入時には、痛み・内出血・腫れを軽減する極細針を使用しています。

※痛みに弱い方には、クリーム麻酔を塗ることも可能です。(別途費用)

Policy当院では無理な営業は一切行っていません

注入

納得して施術を受けていただきたいという思いから、カウンセリングは何度でも無料です。お見積りは一度お持ち帰りいただいて、ご自宅でゆっくりとご検討いただく方も多くいらっしゃいます。もちろん当日施術ご希望の患者様にも、スムーズに診察をお受けいただけるようご案内しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約はこちらから

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 約30~40分(1部位)
通院 なし
メイク 処置後2時間後から可能
入浴・洗顔 当日から可能
腫れ・赤み 稀に注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、硬さが現れることがあります。多少の個人差はありますが、2週間程度で落ち着いていきます。
目の下など皮膚の薄い箇所はやや長引く可能性があります。
内出血を予防・改善するクリームをご用意しておりますのでご相談ください。
副作用情報 極稀に拒絶反応やアレルギー、感染症などが発生する場合があります。万一、赤みや熱感を伴う腫れ等の症状が出現した場合、注入部位に過度な皮膚の膨らみが見られる場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

※悪性腫瘍の既往がある場合、成長因子を用いた治療により腫瘍を増大させる可能性があるとされています(当院の治療でそのような報告は現在ありません)。悪性腫瘍の既往がある方は、事前に必ず医師にご報告ください。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける