閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

蒙古ひだ(蒙古壁)

  • 読み: もうこひだ|英語名:epicanthal fold
  • カテゴリ:二重術・目頭切開・涙袋

目頭を覆っている上瞼のひだ状の皮膚を、蒙古ひだといいます。黄色人種に多く見られ、蒙古ひだのある人の目は、涙丘が皮膚によって外側からは見えないのが特徴です。東アジア人などの祖先であるモンゴロイドの、厳しい寒さより眼球を保護するために発達した名残であり、よって西洋人には見られないものです。

今の時代には特に必要のない蒙古ひだは、現代人の美意識からはずれた、目を小さく見せるといった悩みの原因の一つです。解決するには、皮膚であるこの部分を切開する方法があります。涙丘が見えるようにすることによって、単純に目が大きく見えるからです。これにはいくつかの施術法があり、主に、目頭を完全に切開しないZ法やリドレープ法は、術後の傷跡が目立ちにくく、皮膚切除法は襞のサイズ調整がしやすい反面、傷跡が目立ちやすい難点があります。また、目頭切開をせずに手術をして、平行型の二重瞼にすることでも目を大きく見せることは可能です。

いずれの方法を選択するにも、医師に自分のイメージを伝え、十分な話し合いと相談の上での決断が大切になります。

関連用語

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける