このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

たれ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

特長

優しく柔和な印象・癒しの印象に。目も大きく!

治療方法
埋没法
または
切開法
施術時間
20〜40分
こだわり
デザインの
微調整が可能に
  • 優しい、癒し系の目元に
  • デザインを微調整して、ご希望の目に
  • お手軽な「埋没法」、確実な「切開法」

たれ目形成(グラマラスライン)とは

No.1_A_07.jpg

目尻側の下まぶたが下がった、いわゆる「タレ目」にする施術です。優しく柔和な印象・癒しの印象となり、目も大きくなるため、ご希望の方が多い施術です。

タレ目形成は、別名「グラマラスライン」「下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)」「下眼瞼拡大術」とも呼ばれています。 右図のように、黒目の外側の下まぶた(下眼瞼)を下げて丸いカーブをつけることで、タレ目の印象となります。また、下まぶたを少し下げることで白目の見える部分が増えるため「目を大きく見せたい」方の満足度も高い施術です。

 

目元は微妙なラインの違いで顔の印象を左右する、大事なパーツのため、施術には高い技術が必要です。

当院では熟練の医師が患者さまの「あと少し」のこだわりを大切に、タレ目形成を行っています。

適応症状

  • タレ目にされたい方
  • 優しい癒し系の表情にされたい方
  • 目をパッチリと、大きく見せたい方

※二重にする施術(埋没法切開法など)や、くまやたるみを改善する目の下の脂肪取りと同時に行うことも可能です。

※たれ目形成を行うことで、まつげの内反(逆まつげ)が悪化する場合があります。その場合は、下まつげのすぐ下の皮膚を切除することで改善可能です。

デザインを微調整してご希望の目に

タレ目にする位置や幅を調整することでデザインの微調整ができるため、「自然な範囲で優しげな表情になりたい」といったご要望にもお応えすることが可能です。下まぶたを下げる位置を微調整することで「優しい癒し系の目」に、あるいは「丸く大きな・愛らしい目」にすることも可能です。

No.1_A_13.jpg

お手軽な「埋没法」、確実な「切開法」

タレ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)の手術には、糸で留めるお手軽な「埋没法」、切開して確実なラインを作る「切開法」の2種類があります。どちらも結膜(下まぶたの裏側)からの施術するため、傷痕などは気になりません。

症例

目が大きくなってとても嬉しいです。(20代女性)

Before

Before

After(1ヶ月半後)

After(1ヶ月半後)

担当ドクター:横浜院院長 片岡 二郎

かわいらしい印象の方ですが、お目元はややつり上がった印象です。

今回たれ眼形成(グラマラスライン)を埋没法にて行いました。下まぶたが下方向に大きくなり、眼が大きく優しい印象になりました。※眼瞼下垂埋没法も同時に行っております。

つり目を優しい印象に。(30代女性)

Before

Before

After(1ヶ月半後)

After(1ヶ月半後)

担当ドクター:札幌院院長 前多 一彦

つり目を気にされていて、目尻切開とグラマラスライン埋没法を同時に行いました。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、術後のイメージを確認します。
カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP2デザイン

タレ目にする位置や幅を調整し、マーキングします。

STEP3麻酔

66_image10.jpeg

まぶたの裏側から局所麻酔を行います。痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔を行い眠ったまま手術を受けていただくことも可能です。

痛みが少ない・腫れにくい針を使用

当院では、少しでも患者様のご負担を減らすため、極細針で麻酔を行っています。

STEP4施術

No.1_A_08.jpg

埋没法の場合

結膜(下まぶたの裏側)に2mm程度の入り口を作り、瞼板から下円蓋部までを糸で留めます。仕上がりのラインに沿って、下まぶたの最も下げたい部分と、黒目の外側の2ヶ所を糸で留めます。

切開法の場合

下まぶたを裏返して、結膜を露出。黒目の内側から目尻までを切開します。

眼窩隔膜を切開することで、眼窩脂肪と、その奥の腱膜(Capusulo palpebral fascia)が露出します。

※この時、くまやたるみの原因となる目の下の脂肪取りも同時に施術可能です。

結膜と腱膜を、瞼板に糸で固定します。この時の、縫い縮める量と場所で、下まぶたの下がり具合とカーブが決定します。縫い縮めて余った結膜と腱膜を切除し、最後に結膜を縫合して終了です。

STEP5アフターケア

手術後に腫れや痛みなど気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。当院では、手術をお受けいただいた患者様に、夜間の連絡先をお伝えしています。

24時間緊急サポートを詳しくみる

ダウンタイム

通院

なし

日常生活

シャワーは当日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激はお控えください。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。。

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日から可能です。

痛み

施術当日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。痛み止めを処方いたしますので、必要に応じて服用してください。

術後の経過

腫れは5~7日程度で治まります。

内出血は2週間程度で治まります。

副作用情報

稀に傷口の炎症・感染が起こる場合があります。 瞼や眼球の赤みや痛みが持続する場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。

目の周りへのマッサージは、1ヶ月後より可能となります。運動は可能ですが、徐々に身体を慣らすようにしてください。

組み合わせ施術

二重術(埋没法) 

たれ目形成と併せて二重まぶたにすることで、よりパッチリとした華やかな目元になります。

目の下の脂肪取り

目の下の脂肪は、くまやたるみの原因に。グラマラスラインを切開法で行う場合は、同時に目の下の脂肪取りも可能です。

目尻切開

たれ目やつり目が気になる方は、目尻切開をすることで、切れ長で大きく優しい印象の目をつくり出すことができます。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る