このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)

特長

再生医療から生まれた、唯一の”活性型”幹細胞豊胸術

持続力
長期的
効果
1.5~2カップ
生着率

70~80%
(当院実績値)

  • 脂肪組織から分離・抽出した「幹細胞」を脂肪と注入する、唯一の豊胸術
  • 生着率が70~80%!長期間バストアップが持続
  • シコリのリスクが最低限の安全な施術

再生医療から生まれた、唯一の“活性型”幹細胞豊胸術

094__1028.docx_read-only.png

活性型幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)は、再生医療の分野で飛躍的に臨床研究が進んでいる「(脂肪由来)幹細胞」を用いた豊胸術です。

脂肪組織から幹細胞を分離・抽出し、活性度を高めた上で脂肪と混ぜて注入する、唯一の幹細胞豊胸術です。
濃度が高く、活性度の高いイキイキした幹細胞を注入することで、脂肪の生着期間が長く、しこりのリスクを最小限に抑えます

他の豊胸術に比べ、高度な医療設備・技術が求められる先進の豊胸術です。同じ脂肪由来の幹細胞を用いた技術として国立大学病院や有名私立病院、研究機関において乳房再建術などに採用されています。

094__1028.docx_read-only.png

そもそも幹細胞とは?

幹細胞とは、「新しい脂肪」や「新しい血管」などに分化(変身)したり、自らを複製する能力を持った細胞です。

脂肪と幹細胞を混ぜて注入した場合、脂肪の壊死や吸収、しこり化を防ぎ、長期間安全に効果を持続させます。

幹細胞を唯一イキイキさせる “セリューションシステム”

094__1028.docx_read-only.png

※当院では脂肪の精製にピュアグラフトを使用しています。ピュアグラフトの方が、遠心分離機やコンデンス法よりも質の高い脂肪が精製できます。

イキイキした幹細胞をバストへ注入する理由

脂肪と一緒に不純物が含まれているため、しこりのリスクが高いです。また、動きの鈍い幹細胞がごく少量しか含まれていないため、効果が続きません。

幹細胞がごく少量しか含まれないため、バスト内に血液(栄養)が行き渡らず、注入した脂肪が死んでしまいます。その死んでしまった脂肪がバスト内に残り、しこりとなります。また、少量の幹細胞では新しい脂肪が作られず、バストが収縮してしまいます(生着率が低い)

十分な量の幹細胞が注入されることで、バスト内に血液(栄養)が行き渡り、脂肪が元気に生き続けます。また、新しい脂肪が繰り返し生み出されます。その結果、しこりが出来にくく、脂肪が長期間生着します

唯一、安全性が確認された酵素を使用

幹細胞を脂肪細胞から分離し、濃縮するためには特殊な「酵素(コラゲナーゼ)」が必要です。酸素には、動物由来のものと非動物性由来(植物性)のものがあります。動物由来の酵素は感染症などの危険性があることから人体への使用はもちろん、輸入も原則禁止されています。

他院のウェブサイトなどで、幹細胞豊胸術は、『酵素を使用するため危険』といった説明が見られますが、危険性があり、使用が禁止されているのは「動物性由来」の酵素です。

幹細胞を分離できる特殊な酵素は、全世界的に見ると数種類しかありません。当院では、その中でも、人体に使用して良いとFDA(米国食品医薬品局)とCE(EU品質基準)から唯一認可を受けている、サイトリ・セラピューティクス社の「非動物由来(植物性)」の酵素を使用しています。

また、幹細胞を抽出する高性能マシンである“セリューションシステム”には、自動で酵素を残さず、洗い流す(洗浄)工程があるため、注入する脂肪に酵素は残りません。

脂肪吸引の最新型「ベイザーリポ2.2」を導入

当院では、最新型の脂肪吸引ベイザーリポ2.2を導入しています。ボディデザインクリニックの商標も取得している当院ならではの、豊胸や脂肪吸引の精巧な技術力で、メリハリのあるボディラインを実現できます。

ベイザー脂肪吸引で幹細胞豊胸術を受けるメリット

  • ベイザー波を照射する際は、豊胸用の特別なモードを使用します。これにより、幹細胞を壊すことなく、一粒一粒ばらばらにされた良質な脂肪細胞を採取することができ、バスト注入後の定着率が向上します。
  • これまでの脂肪吸引では限界のあった、皮膚の浅い層の脂肪までしっかり吸引できるため、バストアップに必要な脂肪量を確保しやすく、痩せ型の方にもよりご希望の大きさに近づけることができるようになりました。
  • 線維細胞を傷つけない吸引法で、脂肪が硬めの方でも良質な脂肪が採取しやすくなりました。さらに、脂肪吸引のたるみの心配や内出血等の負担も最小限に抑えられます。

ベイザーリポ脂肪吸引の販売元であるSound Surgical Technology社の文献にも、“ベイザーを使用することで、組織損傷を最小限に抑え、採取した細胞の生存率を向上させることができる。”と発表しています。

外部機関から認められた当院の実績

第三者から評価された“吸引技術力”

より長期間、効果を持続させるためには、良い機械を使うだけでは不十分です。幹細胞の“質”を測る指標として「活性度(生存率)」があります。幹細胞の活性度が高い程、バスト注入後の生着率が高まります。しかし、脂肪吸引の技術力が低いと、吸引時に脂肪細胞を傷つけてしまい、幹細胞の活性度も大幅に低下してしまうのです。活性度が高い、「良質な脂肪を壊さずに吸引する」ためには、高度な吸引技術が必要です。

当院で採取した脂肪から得られた幹細胞は、他院のものに比べ20%も活性度が高いことが実証されています(2009年オリンパス社調べ)

世界から注目されている当院の幹細胞豊胸術

当院の再生医療・幹細胞豊胸術に関心をもった海外の医師が視察のため、ぞくぞくと来日されています。脂肪由来幹細胞移植の手術や、再生医療に関するプレゼンテーションのほか、幹細胞に関する活発な情報交換などを行っています。

美容外科学会長などの医師団

中国の医師団

台湾のYang Kuo-Hui医師

全米ドクタートップ10の一人に選ばれたスティーブコーエン医師

上記は、来日されたドクターのほんの一部です。
聖心美容クリニックでは、国際的な視野をもって、常に高い医療技術を患者様へ提供するため、欧米諸国やアジア各国と美容医療を通じて積極的に交流しています。世界の優れた医療技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで、相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

美容外科初!徹底した管理体制でISOを取得

「安全なクリニックを選びたいけれど、何を基準に判断すればいいの?」そのような患者様からの声にお答えするため、聖心美容クリニックでは2005年に美容外科で初めてISO9001:2000認証を取得し、2009年には最新版となるISO9001:2008への移行も完了しました。ISO9001:2008は、外部機関による厳しい審査の結果、国際水準的に一定以上の質の高い医療が提供できる管理体制の確立、また継続的な改善がなされていると認められた場合に限り、認証されるものです。

症例/体験談

症例写真

【40代女性・バストのハリ】セリューション豊胸術

Before

Before

After

After

【30代・出産後のハリ改善】ヒアルロン酸豊胸⇒セリューション豊胸術5cmアップ

Before

Before

After

After

【10代女性・セリューション豊胸術】ピュアグラフト併用(6ヶ月後)

Before

Before

After

After

【40代女性・授乳後の胸の痩せ】セリューション豊胸術+PRP+ピュアグラフト(1ヶ月後)

Before

Before

After

After

体験談

Q. 聖心美容外科で手術を受けることにした大きな理由は?

A. 自分の身体を預けるのだから、インターネット、電話等で相当数調べました。体内に異物を入れる事に抵抗があったので、術式は「脂肪・幹細胞注入」にこだわりました。費用がネックでしたが、これまで悩んできた期間と今後悩むであろう期間で手術費用を割ったら、さほど高くないと納得できたから手術を決めました。

Q. 手術前に抱いていた不安なイメージは、実際に手術を受けてみてどうでしたか?

A. 注入した脂肪の残る割合、硬縮や身体への影響については、今のところ手術前に予想していたものとさほど変わりはありませんでした。まだキズの跡や吸引部の引きつれが気になりますが、手術自体は受けてよかったと思います。

Q&A

Q. 見た目・触り心地など、どの位自然なのか教えて下さい

A. 幹細胞豊胸術は、現在ある豊胸術の中で見た目、触り心地、寝たときの流れ具合すべての点において一番自然です。ご自分の脂肪を最も自然な形で胸に定着させますので、もともと胸にあった脂肪と変わらない感じとお考えください。 現在600名以上※の患者様が施術を受けられていますが大変好評です。
※ 2013年10月現在

Q. なぜコンデンス法を導入しないのですか?

A. “コンデンス法はセリューション豊胸術(幹細胞豊胸術)よりも優れている”と他院のホームページで書いてありますが、そのような事実を証明するデータは一切存在しません。むしろ、コンデンス法はピュアグラフト法よりも効果が劣る、という研究結果が出ています。 コンデンス法は脂肪を濃縮する作用はありますが、セリューションのように幹細胞を分離・抽出することはできません。
つまりコンデンス法は、当院で導入しているピュアグラフト豊胸術と同じように脂肪を濃縮するだけです。しかも、コンデンス法で濃縮した脂肪は、不純物・活性度ともにピュアグラフトよりも精度が劣ります。 セリューション豊胸術では、脂肪を高い精度で濃縮するピュアグラフト、幹細胞を分離・抽出できるセリューションシステムを併用しているので、あえてピュアグラフトより劣るコンデンス法を導入することは考えていません。

Q. 施術後の経過(ダウンタイム)が気になります

A. 術後の経過として、1週間程度で痛みは7~8割程度に落ち着きます。脂肪吸引を大腿全周~臀部にて行いますが、ダウンタイムは脂肪吸引部の痛みがメインになります。筋肉痛のような痛みです。注入部(胸)はほとんど痛くありません。力仕事であれば1週間ぐらいはお休みされた方が良いでしょうね。デスクワークであれば、場合にもよりますが、 次の日から出勤することもできると思います。 吸引部の腫れや硬さは1ヶ月程度で落ち着き、3ヶ月でおおよそ完成です。

Q. 脂肪の中に幹細胞が含まれているなら、幹細胞を抽出せずとも、脂肪をそのままバストに注入すればいいのでは?

A. 脂肪吸引を行うと、吸引された脂肪中の幹細胞は減少してしまいます。つまり、そのまま移植注入しても幹細胞の役割は弱まってしまうため、せっかくバストに注入した脂肪も次第に体内に吸収されてしまい、十分な豊胸効果を得ることができません(コンデンス法も同様です)。 そこで、セリューションシステムで、幹細胞を一度脂肪から分離させて、より働けるような状態にして移植することで、脂肪の生着率をより高く保つことができるのです。

Q. セリューション豊胸術の際に行う脂肪吸引の効果がとても気になります。痩身効果もしっかり得られるのでしょうか?

A. 当院では脂肪吸引の最新型ベイザーリポ2.2を導入しており、同時に豊胸を行うことも可能です。ベイザーリポ2.2は皮膚の浅い層の脂肪細胞の吸引も可能なため、豊胸に必要な量の脂肪を良質な状態で採取できます。また、皮膚のタイトニング効果が期待でき、たるみの心配もありませんので、痩身効果をしっかり実感していただけます。
当院では医師全員が公式ライセンスを取得しており、豊胸と痩身の両面から理想のボディラインに近づけるよう、患者様のご希望をお伺いいたします。

Q. お腹の脂肪は太ももの脂肪より定着率が低いのでしょうか?

A. 基本的には脂肪の採取は臀部と太ももから行ないます。腹部はたくさん脂肪量が採取出来ない場合があることと、繊維質が多く良い脂肪が取れにくい場合があるからです。実際には直接状態を拝見してみませんと何とも言えませんので、まずは一度カウンセリングにお越し下さい。

施術の比較

施術名

幹細胞豊胸術
(セリューション豊胸術)

濃縮脂肪注入豊胸術
(ピュアグラフト・コンデンス法)

ヒアルロン酸豊胸術

バッグプロテーゼ豊胸術

注入内容

幹細胞+濃縮脂肪
(ご自分の組織)

濃縮脂肪
(ご自分の組織)

ヒアルロン酸

バッグ

使用機器

セリューションシステム+ピュアグラフト

ピュアグラフト・遠心分離機・ウェイトフィルターなど

なし

なし

サイズアップ
(平均)

1.5~2カップ程度

1.5~2カップ程度

1カップ程度

2カップ以上も可能

持続効果

長期的
(生着率70~80%)
※当院実績値。国際学会でも症例報告済

やや長期
(生着率50~60%)

1~2年
(体内に吸収される)

半永久的

料金

1,555,000円 ※両胸
モニター料金
1,357,408円

(お預かり金あり)

885,000円

※両胸

350,000円

※1/2カップ(片側各50cc)目安

725,000円~805,000円

※両胸
メリット
  • 多量な幹細胞の働きで、より自然で本物に近いバストに
  • 長期間の効果
  • 異物反応の心配がない
  • 脂肪吸引による痩身効果も
  • 異物反応の心配がない
  • 脂肪吸引による痩身効果も
  • 手軽
  • ダウンタイムが軽い
  • 大幅なバストアップが可能
  • 半永久的な効果
デメリット
  • 他の施術よりも料金がかかる
  • 幹細胞の量が少ないため、持続効果が短い
  • 遠心分離機を使用する場合、脂肪細胞にダメージが加わり、生着率が下がる
  • 持続期間が1~2年と短い
  • 異物反応やバストが変形してしまう拘縮が起こるリスクがある

施術の流れ

施術を受けるまでの流れ

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングでは、患者様のご要望を伺い、シミュレーションシステムを使ったイメージシミュレーションを行いながら、ドクターから施術に関する十分な説明を行います。

※東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。
(2013年10月現在)

3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

STEP2メディカルチェック

血液検査など、施術を受けていただくための適応チェックを行います。

STEP3各種検査

胸の写真撮影、容積測定を行ないます。 当院では、バッグを挿入後の拘縮・脂肪注入後のシコリなどをより高精度に検査するため、エコー検査の機器を導入しています(費用別途/東京院)。
既に豊胸術を受けられたことのある方でセリューション豊胸術をご希望される方は、お気軽にご相談ください。

施術中の流れ

幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)は、高度なシステムを使用した豊胸術なためか施術時間が長いと勘違いされがちですが、施術時間は3~4時間ほどで終わります。脂肪吸引を行っている最中に、脂肪細胞と幹細胞を分離しているため、ピュアグラフトや遠心分離法(コンデンス法)などの濃縮脂肪注入法と比べても1~2時間ほどしか変わりません。 また、麻酔も脂肪吸引時に行う1回の麻酔で施術を行うことが可能です。

STEP1麻酔

脂肪組織由来幹細胞移植による豊胸術では静脈麻酔を行いますが、これは持続注入器(シリンジポンプ)という装置を用いて、一人ひとり最小限の麻酔深度で十分な入眠が得られる安全な麻酔法で、眠っている間に施術を終了できます。また回復が早くその後に不快感を残すことがないため、入院の必要もありません。

STEP2チューメセント

脂肪吸引施術の前処置として行うのが、チューメセントテクニックと呼ばれる処置です。止血剤などを含んだ麻酔液を相当量注入して局所麻酔を施します。これは吸引部位の麻酔及び止血効果を高め、よりデザイン性に富むラインの実現のために行います。このチューメセントテクニックが普及してから、脂肪吸引は格段に安全な処置へと進化しました。

STEP3脂肪の摂取

腹部・臀部(お尻)または大腿部(太もも)より脂肪組織を吸引します。吸引の際には摩擦などの負担をかけないように、スキンプロテクターを用い皮膚部分を保護します。 当院では脂肪吸引の最新型ベイザーリポ2.2を導入しています。

STEP4幹細胞の分離

セリューションシステムを用いて、滅菌操作を行いながら幹細胞を分離し濃縮幹細胞液を精製します。セリューションシステムを用いて幹細胞の分離・抽出を行う場合、人の手で行うマニュアルの操作に比べて、常に一定の高精度で、短時間に幹細胞を抽出し、幹細胞の働きを高めることができます。

STEP5注入

バストの皮下組織内に濃縮した幹細胞液と吸引した脂肪組織を混合したものを注入します。脂肪組織を少量ずつまんべんなく注入する「マルチプルインジェクション」と呼ばれるテクニックで、バストの石灰化(シコリ)を防ぎ、より美しい仕上がりを実現します。

施術後の流れ

術後の経過

聖心美容外科ではドクター検診がはじめから全て費用に含まれています。 脂肪吸引箇所の高周波温熱トリートメントも4回無料で行います。

STEP1当日

施術後、お休みいただけるようなリカバリールームをご用意しています。当日ご帰宅いただくことも可能です。ホテルの予約代行サービスも行っています。

STEP23日後

  • 手術部位の診察
  • ガーゼ交換

STEP31週間後

  • 手術部位の診察
  • 写真撮影
  • 抜歯
  • 脂肪吸引部のアフターケアとして、インディバCET(高周波温熱トリートメント)を行います(無料)。

STEP41ヶ月後、3ヶ月後

  • 手術部位の診察

ダウンタイム

処置時間

3時間~4時間程度

日常生活

シャワー:3日目から可能。

入浴:抜糸後(約1週間後)から可能

手術後3か月間は、ワイヤー入りのブラジャーや補正下着などで胸を締めつけないようにしてください(脂肪組織の生着に影響を与えるため)。

腫れ・赤み

【脂肪注入部】

手術後、胸の張り感はありますが、時間の経過とともに治まります。
腫れ:1週間程度で治まります。

【脂肪吸引部】

手術後2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過です。ご自身でのマッサージや、アフターケアをお受けいただくことで、回復を早めることができます。また、内出血や痛み、腫れは、時間の経過とともに治まります。多少の個人差はありますが、2週間程度です。

副作用情報

稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。当院の幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)では、しこりが生じにくい注入法(マルチプルインジェクション)を行っておりますが、万一術後のしこりが気になる場合は、医師にご相談ください。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

料金

モニター募集

当クリニックの高度な美容医療を用いた施術をモニター価格でお受けいただけます。 なお、実際の施術に関しましては、他の患者様同様に丁寧に行われます。

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る