【特許取得】セリューションシステムが日本での特許を取得
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【特許取得】セリューションシステムが日本での特許を取得

新着情報へ戻る 2011年6月3日

この度、当院の脂肪組織由来幹細胞移植(豊胸・若返り)にて使用している幹細胞抽出装置「セリューションシステム」が、日本における特許を取得いたしました(特許第4722041号)。


セリューションシステムは、サイトリ・セラピューティクス(本社:カリフォルニア州サンディエゴ)の創始者であるマーク・ヘドリック博士(Dr.Marc Hedrick/当時UCLA准教授)の研究グループによる脂肪組織由来幹細胞の発見をきっかけに、同社によって開発された幹細胞抽出装置です。2010年1月には米国特許(7429488号)を取得しています。
また、同社では、2008年3月に医学界のノーベル賞とも呼ばれ世界的権威のあるフロスト&サリバン賞(Frost & Sullivan Awards)の2008年度技術革新賞(Innovation of the year 2008)を「再生医療部門」、「医療機器部門」の両分野にて受賞しており、「セリューションシステムは再生医療分野の中でこれからのグローバルスタンダードになる」と認められた実績があります。 ≫詳細


画像がみつかりません。 ■セリューションシステムについて
特殊な遠心分離方法により、効果的な定着を促す幹細胞の濃縮液を短時間で精製するシステムです。活性度の高い幹細胞を抽出できるため、移植後の脂肪生着率が70~80%と高くなります(脂肪単体での移植では30~50%の生着率)。幹細胞の抽出は全自動システムのため、外部接触(感染物質等)の機会が極端に低く、安全性が高いのも特徴です。また、幹細胞を脂肪細胞から分離し、濃縮するための酵素も世界で唯一安全性が認められている非動物由来の酵素(FDA・CE認可)を使用しています。

※セリューションシステム以外で使用されている幹細胞分離のための酵素は、人体に使用を許されていない動物由来の酵素であり、危険性が高いといえます。現に、サイトリ・セラピューティクス社製以外のメーカー(韓国製など)の脂肪組織由来幹細胞抽出機器等は、非常に安価なシステムであり、かつ安全性は一切担保されておらず、シンガポール・台湾・香港の臨床現場において、感染症が複数報告され、現地医師は使用を中止している方が多いのが現実です。
脂肪組織由来幹細胞移植を受ける前に、使用する「酵素」の安全性について、確認することをお勧めいたします。

■脂肪組織由来幹細胞移植の臨床試験状況 - 2011.5現在 (クリックで拡大表示)
■関連情報
聖心再生医療センター
セリューション豊胸術(脂肪組織由来幹細胞移植)
stemsource®幹細胞バンク
セリューション乳房再建術
セリューション若返り術


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る