【国際交流】中国の医師団が来日
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【国際交流】中国の医師団が来日

新着情報へ戻る 2009年5月20日

2009年5月15日、中国の遼寧省人民病院整形外科 名誉教授、杏林美容整形医院の医師ら8名が、当院の脂肪幹細胞移植手術を視察するため来日しました。

今回来日された中国医師団の皆様は、既に欧米や韓国の様々な美容施設を視察されており、日本では聖心美容外科における「再生医療」に関心をもっていただいたことから、実現に至りました。

代表者である 高景恒 名誉教授は、遼寧省人民病院の名誉教授の他、大連医科大学病院、中国医科大学病院兼務している方で、中国医科大学病院では医学生の指導もされています。


●交流内容
聖心美容外科 東京院にて鎌倉統括執刀による脂肪由来幹細胞移植を見学された後、セリューションシステムの活用法や手順などについて、東京院の伊藤院長へ興味深くご質問をされていました。
また、東京院内も見学され、今後の交流についても意見交換がなされました。


*写真左から
史灵芝 院長(杏林美容整形医院)、当院中国語翻訳スタッフ、鎌倉統括院長(聖心美容外科)、高景恒 名誉教授(遼寧省人民医院 整形外科、大連医科大学病院、中国医科大学病院 兼務)、劉建波 博士(杏林美容整形医院)

*写真左から
鎌倉統括院長(聖心美容外科)、高景恒 名誉教授(遼寧省人民医院 整形外科)

聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る