キャビテーションシェイプとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

キャビテーションシェイプ

印刷あとで読む
読み:きゃびてーしょんしぇいぷ|英語名:Cavitation Shape
カテゴリ:切らない痩身

キャビテーションシェイプとは、超音波を用いて特定の部位を痩身させる効果を持った技術です。美容整形では、外科的な処置により脂肪の除去などを行う事ができます。しかし、体にメスを入れることに対しての身体的、または心理的に抵抗を感じる人も多いです。そこで、プチ整形の一環として、キャビテーションシェイプが利用されています。

キャビテーションシェイプでは、物体に浸透して作用をもたらす特徴を持った超音波を用いることにより、脂肪細胞に働きかけます。皮下脂肪に超音波を当てると、脂肪などにキャビテーションと呼ばれる空洞現象が生じます。その結果、特定の部位の脂肪細胞が破壊され、さらに自然と外に排出されることにより、シェイプアップの効果が表れます。

キャビテーションシェイプは、超音波を用いた痩身術である事から、痛みや熱さを感じるといったことがありません。施術後にはすぐに普段の生活に戻ることができ、その上で部分痩せの効果が得られます。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る