閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

【学会講演】 日本美容外科学会(JSAS)に参加、鎌倉統括院長が講演


6月15-16日に東京ビッグサイトで開催された”第101回 日本美容外科学会”にて、当院の医師が参加しました。また、鎌倉統括院長が自己脂肪組織由来再生細胞を用いた顔面若返りに対する脂肪移植についての講演と、高密度焦点式超音波(ウルセラシステム)を利用した顔のリフトアップについてのセミナーを行いました。

第101回 日本美容外科学会
■日時:2013年6月15日(土)~16日(日)
場所:東京ビッグサイト


■講演内容:
・自己脂肪組織由来再生細胞を用いた顔面若返りに対する脂肪移植
顔面における若返りの手法の一つとして、自己脂肪組織を注入する方法が広く利用されている。2001年脂肪組織に多能性幹細胞の存在が報告されて以来、脂肪移植に幹細胞を併用し、移植脂肪の生存率を高める試みがなされている。
今回の臨床では、ADRCを抽出するための脂肪量は注入するための脂肪量の5倍とした。注入用の脂肪は、血液、麻酔液、油成分などを除去し、最後にADRCと注入用の脂肪を十分混和させた後、Blunt cannulaを用いて顔面の予定部位に注入。
脂肪注入における重要なポイントとして、①脂肪の採取方法②注入用脂肪の処理方法③ADRCの利用④脂肪注入の方法があげられる。

・高密度焦点式超音波を利用した顔のリフトアップ
顔のたるみに対する治療には、マシンを用いた非外科的治療法が広く普及している。今回は高密度商店式超音波(HIFU)を用いたウルセラシステムの臨床効果について報告。134例中痛みや満足度について評価。
■関連情報
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ