閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

【論文掲載】鎌倉統括院院長の研究論文がAesthetic Plastic Surgeryに


世界的に有名な形成外科専門誌「Aesthetic Plastic Surgery」に投稿した、鎌倉統括院長の「脂肪組織由来幹細胞による豊胸術」に関する研究論文が受理され、2011年12月発行の「Volume35 Number6」に掲載されました。


この論文は、2007年11月よりセリューションシステムの開発・製造元であるサイトリ・セラピューティクス社と共同で実施した臨床研究の症例結果をまとめたものです。2011年12月にAesthetic Plastic Surgeryへ投稿し、2011年4月30日に受理され、2011年12月発行の「Volume35 Number6」P1022-1030に掲載されました。
同誌への論文掲載の実現により、研究結果のエビデンス(医学的根拠)が世界的に広く認められたこととなります。

■脂肪組織由来幹細胞による豊胸術 研究論文概略

Autologous Cell-Enriched FAt Grafting for Breast Augmentation
Tatsuro Kamakura / Kohei Ito

Abstract: Autologous fat grafting for breast augmentation has faced some historical hurdles. However, in recent years it has been gaining acceptance from the medical community. This prospective, nonrandomized open-label study of 20 Japanese women supports the use of autologous fat grafting in breast augmentation and explores enhancement of fat graft tissue with autologous adipose-derived regeneretive cells (ADRCs). ............

Materials and Methods:

Patient Selection
Between November 2007 and April 2008, 20 Japanese women with a mean age of 35.6 years (range, 21-52 years) desiring natural breast augmentation were considered for entry into the study. This prospective physician-initiated clinical study was approved by the institution's ethics committee, and all the patients provided written consent before participation. ..........

Surgical Technique
In this study, patients underwent a single bilateral breast augmentation treatment in an outpatient surgical setting. Withe the patients under conscious sedation, liposuction and breast augmentation were performed. After the required amount of adipose tissue graft for processing and augmentation was determined preperatively, tissue was harvested via syringe liposuction followed by processing and delively of the ADRC-enriched adipose tissue graft ........

Adipose Tissue Harvesting
Before liposuction, target areas were infiltrated with standard tumescent solution (lactated Ringers, 1% lidocaine and epinephrine). Through 5- to 6-mm skin incisions, adipose tissue was collected from the thighs, hips, buttocks, or abdominal area using a 3-mm Mercedes tip three-hole blunt cannula (Byron Medical, Tucson, AZ, USA) under low negative pressure. Adipose tissue then was divided into two fractions: one for the extraction of regenerative cellsand one for use as the fat graft. ............


■関連情報
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
聖心再生医療センター
セリューション豊胸術(脂肪組織由来幹細胞移植)
セリューション乳房再建術

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらをご覧ください。

ドクター紹介はこちら
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ